プロジェクト概要

国産のアーモンドオイルと精油を使った“香りの実”を開発

ふるさとの香りを集めながら産地の歴史や生産者のこだわりを伝えます

 

はじめまして。キャンパスラボ×TriPrimeです。キャンパスラボは東京を中心とする大学のミスキャンパスで構成されるチーム、TriPrimeは全国各地の6次産業化の取り組みを応援している団体です。今回、地域活性化の一環として“ふるさとの香り”を商品化することになりました。

 

忘れ得ぬ“ふるさとの香り”を形にしたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました

 

私たちは、湧水町(鹿児島県)にて日本で唯一生産されているアーモンドオイルを染み込ませたマイクロカプセルに、国産精油の香り成分を詰め込んだアロマのパッチを“香りの実”と見立てた「香実(かじつ)」を開発します。にっぽんの街、香る――全国各地の香実をシリーズ化していくつもりです。実際に現地を訪れて、ヒトやモノに触れながら精油を厳選。香実の開発物語は、新着情報ページで随時発信していきます。「どこで、誰が、どのような想いで作っているか」をお伝えしていきたいと思っています。

 

水俣病を乗り越えて――環境モデル都市として注目される水俣市

オーガニック甘夏ネロリやベルガモットが誕生した物語に感動した


現在、日本で流通している精油のほとんどが輸入品。合成香料も多く使われています。安価な製品に対して国産精油は高価で、価格競争力が弱いといわれていました。そんな中、水俣市(熊本県)でオーガニック栽培されている甘夏ミカンから抽出したネロリやベルガモットという付加価値の高い精油に出合いました。原料の甘夏ミカンは、およそ40年前から無農薬・有機肥料による自然農法で栽培されてきたそうです。

 

水俣市のオーガニック甘夏ミカンから抽出されたベルガモット/写真提供:ネローラ花香房

 

自然農法が定着した背景には、水俣病の教訓がありました。漁業従事者は当時、水俣病により仕事を失いました。新たな収入を得るために、甘夏ミカンを栽培するようになったそうです。人が口にするものには、農薬や化学肥料は使わない――水俣病を経験した生産者には、信念がありました。オーガニックという言葉が知られていない時代。大小さまざまで見た目が必ずしもいいとはいえない甘夏ミカンは、販売で苦労したそうです。それでも徹底してオーガニック栽培にこだわりつづけてきた甘夏ミカンから、国産ネロリやベルガモットが日本で初めて誕生したのです。水俣市は現在、「環境モデル都市」として注目されています。一連のストーリーを知った私たちは、心から感動しました。

 

日本の魅力を伝え、残したい――

いつまでも記憶にとどまるのは、“ふるさとの香り”だと思いました

 

東京で暮らしていても“地方(地元)の応援”ができないものか議論を重ねてきた私たちは、こうして香りの物語に興味を持つようになりました。国産精油の産地や特性などリサーチを続けた結果、自然の香りを活用した事業は環境保全、地域資源や地方経済の循環とも密接に関係していることもわかってきました。香りづくりは森づくり――新たな価値を生みつづける屋久島の地杉精油も素晴らしい例です。

 

屋久島の森つくりの過程で出る間伐材を利用して作られた地杉精油/写真提供:やわら香

 

香りは五感の中で記憶との結びつきが最も強いといわれています。生まれ育ったふるさと、これまでに訪れた土地、そこで出会った人々のことを思い出すきっかけとなるような、離れていても繋がりを感じることができるような香りがあればいいなと、ぼんやり考えるようになりました。そして決意しました。日本の魅力を伝え、残したい――忘れ得ぬ“ふるさとの香り”を形にしたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げたのです。

 

水俣市にある甘夏ミカンの産地を訪ねたときの一枚

 

国産精油は全国に点在しています。それぞれの魅力を伝えるには、産地や生産者を訪ねてモノづくりにもチャレンジする“自分ごと”としての情報発信がいちばんだと考えました。製品開発にあたっては、ハートのある生産者さんから適正価格で精油を調達します。ほかのプロセスでも、適正価格というのは同じです。

 

製造プロセスをオープンにして進める香実プロジェクト

地方の可能性とともに障がい者の可能性が無限であることを証明します

 

香実プロジェクトの内容をご紹介します。

 

国産精油リサーチ

キャンパスラボ×TriPrimeで産地や生産者を取材しながら、国産精油を集めていきます。キャンパスラボのメンバーが、パッケージ素材の選定やデザイン(案)などを担当します。

 

企画会議のようす。こんなモノがほしい、こんなデザインがいい!と真剣です

 

加工

国産精油は、貼るタイプのアロマである香実の製品化に欠かせないドラッグ・ガス・デリバリー・システム(DGDS)という特殊技術を持つ北海道の「東香産業」で加工します。DGDSは精油の香りを楽しめるのはもちろん、肌を通して体の内側でも精油やアーモンドオイルを感じられるしくみになっています。肌着の内側に貼って使います。車の中や枕元に置いて香りを楽しむこともできます。

 

香実は貼るタイプの新しいアロマ製品です

 

セッティング~販売管理

中間製品は鹿児島市にある「ひふみよベース紫原」に送ります。障がい者の就労支援施設(就労継続支援B型)であるひふみよベース紫原には、モノづくり部門とクリエイティブ部門があります。パッケージデザインやラベリング・箱詰めといったセッティングのほか、販売管理やウェブサイト構築をお願いします。

 

開所から半年で平均工賃20,000円を達成。日々、メンバー〈利用者〉の可能性を追求しています

 

国産アーモンドの花、サクラの物語に季節の香りを重ねる

“日本の旬の香り”をお届けします

 

3月5日(土)に行われた植栽イベント。およそ3年で成木になるそうです

 

プロジェクト公開に先駆けて、TriPrimeは湧水町で行われたアーモンドの植栽イベントに参加してきました。湧水町はアーモンドによる地方創生に取り組んでいます。バラ科サクラ属のアーモンド。春になるとサクラに似た花を咲かせます。アーモンドの花を咲かせて観光の目玉にしようというのが、湧水町の地方創生推進事業の取り組みの一つです。ナッツやオイルの加工も計画されています。

 

香実シリーズの第一弾として、「ベルガモット(熊本)」「月桃(沖縄)」「地杉(鹿児島)」の3種類の精油を使った製品を開発します。1箱10枚入りの製品が、それぞれ500箱ずつできる予定です。製品のリリースは8~9月メド。ご支援いただいた皆さまには、先行して香実をお届けします。製品ラインナップは今後、随時増やしていきます。香実シリーズのほか、バスクリーマーやリップクリームなどが候補に挙がっています。新製品情報やアーモンドの収穫、搾油体験(9月予定)など、イベント情報もご案内してまいります。

 

和の香りが紡ぐ輪――生産者と消費者はもちろんのこと

都市と地方、海外と地方を繋ぐ懸け橋になりたい

 

TriPrimeが発起人となって2015年に行われたムスリムのモニターツアー(写真は霧島神宮にて)

 

TriPrimeはライフワークとして、イスラム教徒(ムスリム)との交流を続けてきました。アーモンドの原産はイランを中心とするアジア西南部。水蒸気蒸留法という精油の製法が確立されたのも同様です。今回のプロジェクトは、イスラム文化と繋がっています。和の香りが紡ぐ輪。香実をイスラム圏との友好の象徴にしたいと考えています。

 

私たちはキーワードとなる「ハラル」への理解を深め、ムスリム“も”楽しめる香り製品を作ります。ハラルとは、イスラム教の教えで許されたモノやコトを意味するアラビア語です。豚肉や豚由来の原料、アルコールが禁じられていることなどが知られています。香実の売上は新たな国産精油のリサーチや製品の研究・開発に再投資するほか、一部はムスリムとの交流事業などに活用していくつもりです。

 

チャレンジ、9次産業化プロジェクト!

ふるさと名物を世界へ、世界から日本のふるさとへ

 

ふるさとのためにできることを考えていきます(鹿児島大学の学食にて)

 

今回の地域活性化の取り組みを、TriPrimeは9次産業化プロジェクトと呼んでいます。簡単にいうと、「産地の歴史や生産者のこだわりを紹介しながら地元産品を地域外の人に届ける(アウトバウンド)」「地域外の人に地元に来てもらう(インバウンド)」という流れの体系化を目指します。今回の場合、鹿児島産アーモンドオイルを使った製品を県外、海外の人にお届けすると同時に、アーモンドの収穫やオイルの搾油体験をご案内します。アーモンドオイルの搾油体験は湧水町でしかできません。メーカーさんにとっても初の試みとなります。

 

インバウンドには、地元の旅行会社や観光施設、メーカーや飲食店の協力、隣接する市町村の広域連携が不可欠です。例えば、湧水町の隣に位置する霧島市の温泉でのんびり過ごして、アーモンドの収穫・搾油体験に参加する。点と点を繋いで線に、そして面にすることができれば滞在時間が長くなり、その分だけ地元での消費も増えると考えています。

 

生産者と消費者、都市と地方、海外と地方の交流を促し、ふるさとのこれまでとこれからを繋げていく香実プロジェクト。ご支援・ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ご支援・ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます

 

 

■「香実」 各10枚入り
 湧水町のスイートアーモンドオイル

 ✕ 
 ・水俣市のベルガモット

 ・浜比嘉島の月桃

 ・屋久島の地杉

 (販売予定価格5,400円・税込)

■「香実」3点セット 各10枚入り

 (販売予定価格16,200円・税込)

■ひふみよタイムズ最新号
 ひふみよベース紫原(就労継続支援B型)が発行しているフリーペーパー
■メールマガジンのご案内
■メールでの先行販売(予約)のご案内
■新設する香実のウェブサイトにおけるスポンサー枠への

 バナー・リンク掲載(団体・法人のみ)

 

  

 


最新の新着情報