このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

【つむぎのおうちサポーター募集中】みんなでつくる病児保育を!

【つむぎのおうちサポーター募集中】みんなでつくる病児保育を!
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

4
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

    https://readyfor.jp/projects/tsumugi-ouchi-supporter?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

 

つむぎのおうちサポーターの募集スタート!

 

私たちは、自治体からの協力を得られず、地域の皆様からのご支援やご寄付、クリニックの収入からの補填で病児保育室を運営しています。

 

ご支援ご協力いただいている皆様、誠にありがとうございます。

 

 

全国的には補助金で運営している病児保育室でさえ、約6割が赤字(※1)という事業です。

 

私たちがさまざまなチャレンジをすることで、全国で頑張っている病児保育室の運営が少しでも改善し、行政の協力を得られず開設しようか迷っている先生たちの背中を押してあげられたらいいなと思っています。

 

 

そして、どこに住んでいても同じようにこの支援が届けられ、みんなが子育てをしやすい社会を目指しています。

 

この度、サブスク型クラウドファンディングを利用した「つむぎのおうちサポーター募集」という新しいチャレンジをします。

 

これにより、利用者様以外の方々や地域企業様が支援をしやすい環境を整えます。

 

 

地域住民だけではなく、地域企業も参加できる、みんなでつくる病児保育室への新しいチャレンジを応援してください。

 

すべての子どもたちとそのご家族が笑顔で過ごせる今と未来を共に築いていきましょう!

 

つむぎこどもクリニック

みんなでつくる病児保育室つむぎのおうち

吉岡淑隆

 

※1 2022年7月15日発行『病児保育研究第13号』

 

 

 

つむぎのおうちサポーターが必要な理由。なぜやるのか

 

今回、私たちがつむぎおうちサポーターを募集する理由は2つあります。

 

①地域で子育てをしている空気感を作りたい。

②補助金に頼りすぎない病児保育室運営にチャレンジしなければならない。

この2点です。

 

 

|①地域で子育てをしている空気感を作りたい。

 

地域の方々や地域の企業が繋がり運営していくことで、みんなで子育てをしている空気感を作りたいと思っています。

 

「つむぎのおうちサポーター」は、地域の子育てに参加するひとつのツールと考えています。

 

地域を巻き込み、地域全体で子育てをしたい。

目の前で困っている親子がいたら、躊躇せずに手を差し伸べられるような、そんな町をみんなで作っていきたいと思っています。

 

 

|②補助金に頼りすぎない病児保育室運営にチャレンジしなければならない。


「子育て支援」は「福祉」であるとともに、「今」必要な人に届けなければならないもの。

 

しかし、補助金で運営していても約6割が赤字の事業(※1)であり、補助金がない状態での開設はさらに困難を極めます。

 

例えば、10人定員であれば年間のランニングコストは一般的に「2500万円」程度かかります。自治体としても1ヶ所増やすためには、それだけの予算を準備しなければなりません。

 

病児保育は、共働き世帯やひとり親世帯の利用がほとんどであり、補助金がないからといって利用者様から高額の利用料をいただく運営では、本当に必要なご家庭に届かない支援になってしまいます。

 

 

全国にある既存の病児保育室の運営改善のきっかけになるために、委託を受けられず開設しようか迷っている先生方のために、どこに住んでいてもこの支援が届けられる社会を作るために、補助金に頼りすぎない運営方法にチャレンジをしなければなりません。

 

サステナブルな運営へのチャレンジとして、サブスク型のクラウドファンディングを利用した「つむぎのおうちサポーター」が必要だと考えました。

 

※1 2022年7月15日発行『病児保育研究第13号』

 

 

リターン紹介

 

今回ご用意させていただいリターンは、病児保育室で宣伝広告するコース、クリニックで宣伝できるコースです。

 

リターンタイトル

限定個数

金額

【企業団体向け】病児保育室で広告宣伝コース① 6 ¥10,000
【企業団体向け】病児保育室で広告宣伝コース② 2 ¥50,000
【企業団体向け】クリニックで広告宣伝コース③ 6 ¥10,000
【企業団体向け】クリニックで広告宣伝コース④ 2 ¥50,000
【企業団体向け】つむぎ施設全体で広告宣伝コース⑤ 1 ¥150,000
ご寄付コース(500円) 制限なし ¥500
ご寄付コース(1000円) 制限なし ¥1,000
ご寄付コース(10000円) 制限なし ¥10,000

 

※①~⑤企業団体向けコースでご支援いただく場合、事前に専用フォームでのご連絡が必要です。必ず「サポーターの申込方法について(支援の注意点など)」をご確認ください。

 

【企業団体向け】病児保育室で広告宣伝コース(①10,000円/月・②50,000円/月)


※限定数のみ募集

つむぎのおうち(病児保育室)にて貴施設さまの広告宣伝をいたします。

 

<リターン内容>

●ご支援初回に施設長の吉岡医師から感謝のメール

 

●つむぎのおうちホームページに社名団体名・ロゴ・URLリンク・メッセージ掲載

 

●つむぎのおうち『保育日記』記事文末に社名団体名・URLリンク掲載

 

●病児保育室受付前の壁面にご紹介掲示

 

●病児保育室利用者に毎回配布する帳票『保育室からの連絡票(裏面)』に社名団体名・ロゴ掲載

 コース①→小サイズ(画像下段:社名団体名・ロゴ・QRコード掲載)

 コース②→大サイズ(画像中段:社名団体名・ロゴ・QRコード・コメント掲載)

 ※上段の特大サイズは『つむぎ施設全体で広告宣伝コース』(限定1社様)掲載スペースです。

 

※ご支援希望の方は「つむぎのおうちサポーター専用フォーム」からご連絡をお願いします。    

 

【企業団体向け】クリニックで広告宣伝コース(③10,000円/月・④50,000円/月)


※限定数のみ募集

つむぎこどもクリニックにて貴施設さまの広告宣伝をいたします。

 

<リターン内容>

●ご支援初回に施設長の吉岡医師から感謝のメール

 

●つむぎのおうちホームページに社名団体名・URLリンクを掲載

 

●クリニック正面玄関の看板にチラシを設置(A4サイズ三つ折り)

 

 

●待合室のモニターにて広告画像を掲載(診察時間中繰り返し放映されます)

 コース③→放映時間10秒(静止画・音声なし)

 コース④→放映時間20秒(静止画・動画も可・音声なし)

 

※ご支援希望の方は「つむぎのおうちサポーター専用フォーム」からご連絡をお願いします。

 

【企業団体向け】つむぎ施設全体で広告宣伝コース(⑤150,000円/月)


※限定1枠のみ募集!

つむぎこどもクリニック・病児保育室にて貴施設さまの広告宣伝をいたします。

②④の返礼(リターン)と、つむぎのおうち取材記事付の豪華コースです。

 

<リターン内容>

●ご支援初回に施設長の吉岡医師から感謝のメール

●つむぎのおうちホームページに社名団体名・ロゴ・URLリンク・コメント掲載

●つむぎのおうち『保育日記』記事文末に社名団体名・URLリンク掲載

●病児保育室受付前の壁面にご紹介掲示

●病児保育室利用者に毎回配布する帳票『保育室からの連絡票(裏面)』に社名団体名・ロゴ掲載

 特大サイズ(宣伝コメント可)

●クリニック正面玄関の看板にチラシを設置(A4サイズ三つ折り)

●待合室のモニターにて広告画像を掲載(診察時間中繰り返し放映されます)

 放映時間20秒(静止画・動画も可・音声なし)

●貴施設を取材し、ご支援者様としての想いをインタビュー→つむぎのおうち病児保育通信と当施設SNSにて記事掲載

 

※ご支援希望の方は「つむぎのおうちサポーター専用フォーム」からご連絡をお願いします。

 

 

【どなたでも可】ご寄付コース(500円/月・1,000円/月・10,000円/月)


「つむぎのおうちを支援したい!」という方のコ-スです。

・支援数に限定なし

・個人様、企業団体様問わず、どなたでもご支援いただけます。

 

<リターン内容>

●ご支援初回に施設長の吉岡医師から感謝のメールをお送りします。

 

 

サポーターの申込方法について(支援の注意点など)

 

|ご支援開始までの流れ

①~⑤のコースをご希望の方は、下記の専用フォームにてご連絡をお願いします。

step①「つむぎのおうちサポーター専用フォーム」にて申込

(ご寄付コースはフォーム連絡不要です)

 

step②:リターン(広告宣伝)の内容確認・打ち合わせ

 

step③:本サイトにてご支援手続き

 

step④:ご支援開始

 

 

|注意事項

・募集数に制限があるコースがあります。募集数を上回った場合はご支援いただいてもリターンの提供ができません。必ずご支援前に専用フォームにてお問い合わせください。

 

・『ご寄付コース』は募集数に制限はありません。お問い合わせせずにご支援開始可能です。

 

・広告宣伝する内容は、小児科クリニックや病児保育室にふさわしい内容に限ります。公序良俗に反するもの、子どもへの刺激が強すぎるものはお断りいたします。

 

・広告宣伝の内容確認や打ち合わせのご連絡が取れない、また、必要なデータやチラシのご提供がない、もしくは打ち合わせ時とは内容の異なるものが提供された場合は、広告宣伝は致しかねます。

 

・データやチラシの作成、印刷、郵送についてはご支援者様側の負担となります。

 

・お問い合わせへのご返答や広告宣伝に関する打ち合わせ等は、保育状況により即日対応が難しい場合があります。また休室日や夜間の対応は致しかねます。

 

|問い合わせ先

問い合わせ先:みんなでつくる病児保育室つむぎのおうち

電話番号  :048-989-2600

専用フォーム:つむぎのおうちサポーター専用フォーム

 

 

資金使途の詳細

 

今回のご支援は、病児保育の運営費用として充てさせていただきます。

 

みんなでつくる病児保育つむぎのおうち

 

・病児保育施設名称:みんなでつくる病児保育室つむぎのおうち

・場所:埼玉県越谷市レイクタウン2-2-6 つむぎこどもクリニック2階

・利用定員:10名(保育状況により前後します)

・利用時間:平日8時〜18時

 

 

留意事項


・ご支援にあたり、利用可能な決済手段はこちらをご覧ください。(リンク
・本プロジェクトでは、お1人様1コースへの支援となります。複数コースへのご支援は出来兼ねますのでご了承ください。
・本プロジェクトでは、毎月の継続的なご支援を募集しています。初回ご支援時に1回目の決済が行われ、翌月以降は毎月10日に決済が行われます。ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。(リンク
・ご支援確定後の返金は、ご対応致しかねますので何卒ご了承ください。翌月以降のキャンセル(解約)については、こちらをご覧ください。(リンク
・コースを途中で変更することはできません。お手数をおかけしますが、一度支援を解約していただき、ご希望のコースに改めてご支援ください。支援の解約方法は、こちらをご覧ください。(リンク
・ ご支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。
 

寄付金が充てられる事業活動の責任者:
吉岡淑隆(医療法人社団紡)
団体の活動開始年月日:
2021年10月1日
団体の法人設立年月日:
2023年4月10日
団体の役職員数:
10〜29人

活動実績の概要

埼玉県越谷市にて、全国でも珍しい自主運営の病児保育室として2021年10月に開業。 医療機関併設型の病児保育室のため、急性期回復期を問わず病児の受け入れを行っている。 医師・看護師・保育士が常駐し、診察や服薬、医療的な処置の対応も可能。 独自の運営方法として、在住地域を問わない利用受け入れ、賛助会員制度やクラウドファンディング、個人企業団体からの支援募集など様々な取り組みを実施し、テレビや新聞など各媒体からの取材も多い。 ●つむぎこどもクリニック:年間来院患者数23,257名(2022年) ●病児保育室つむぎのおうち:年間利用者数1,072名(2022年) ●クラウドファンディング3回成立(2020年.2021年.2022年)

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/tsumugi-ouchi-supporter?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

2019年5月に埼玉県越谷市で子育て支援チーム「つむぎて」を立ち上げ、埼玉県内で子育て支援活動に取り組んでいる。2021年4月に埼玉県越谷市レイクタウンで小児科クリニックを開業。同年10月に「みんなでつくる病児保育室つむぎのおうち」を開設。自治体からの補助金がない中で、「みんなでつくる病児保育室」という新しいコンセプトを掲げ、病児保育の課題解決に向けロールモデルとして体現することにチャレンジ中。杏林大学医学部卒業。小児科学会認定小児科専門医、日本小児科医会認定子どもの心相談医、地域総合小児医療認定医。全国病児保育協議会理事、ホーム・スタートこしがや運営委員、社会福祉法人日本フレンズ奉仕団評議員も務める。特徴は「子育て支援が大好きな小児科医」

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/tsumugi-ouchi-supporter?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

コース

50,000円 / 月

毎月

alt

【企業団体向け】病児保育室で広告宣伝コース②

●  ご支援初回に心からのお礼メール
●  つむぎのおうちのホームページに社名団体名掲載
●  つむぎのおうち保育日記に社名団体名掲載
●  病児保育室受付前の壁面にご紹介掲示
●  ご利用者様へ配布する帳票に社名、ロゴ、QRコードなどを掲載【大】

病児保育室で広告宣伝を行うコースです。

※本リターンは限定2枠となっております。
※本リターンは提供できる数量が限られています。ご支援の前に必ずプロジェクトページ内にある専用フォームにてご連絡ください。
※お問い合わせなく、ご支援をいただいた場合はリターンを提供できない可能性もございます。

50,000円 / 月

毎月

alt

【企業団体向け】クリニックで広告宣伝コース④

●  ご支援初回に心からのお礼メール
●  つむぎこどもクリニックの正面玄関看板にチラシ設置
●  クリニック待合室モニターで広告宣伝の放映(20秒)

クリニックで広告宣伝を行うコースです。

※本リターンは限定2枠となっております。
※本リターンは提供できる数量が限られています。ご支援の前に必ずプロジェクトページ内にある専用フォームにてご連絡ください。
※お問い合わせなく、ご支援をいただいた場合はリターンを提供できない可能性もございます。

150,000円 / 月

毎月

alt

【企業団体向け】つむぎ施設全体で広告宣伝コース⑤

限定1枠のみ!
●  ご支援初回に心からのお礼メール
●  つむぎのおうちのホームページに社名団体名掲載
●  つむぎのおうち保育日記に社名団体名掲載
●  病児保育室受付前の壁面にご紹介掲示
●  ご利用者様へ配布する帳票に社名、ロゴ、QRコードなどを掲載【特大】
●  つむぎこどもクリニックの正面玄関看板にチラシ設置
●  クリニック待合室モニターで広告宣伝の放映(20秒)
●取材インタビュー、つむぎのおうち媒体にて記事掲載

クリニック、病児保育室の両方で広告宣伝を行うコースです。

※本リターンの提供は1枠となっております。
※本リターンは提供できる数量が限られています。ご支援の前に必ずプロジェクトページ内にある専用フォームにてご連絡ください。
※お問い合わせなく、ご支援をいただいた場合はリターンを提供できない可能性もございます。

500円 / 月

毎月

alt

ご寄付コース(500円)

●  ご支援初回に心からのお礼メール

1,000円 / 月

毎月

alt

ご寄付コース(1000円)

●  ご支援初回に心からのお礼メール

10,000円 / 月

毎月

alt

ご寄付コース(10000円)

●ご支援初回に心からの感謝のメール

プロフィール

2019年5月に埼玉県越谷市で子育て支援チーム「つむぎて」を立ち上げ、埼玉県内で子育て支援活動に取り組んでいる。2021年4月に埼玉県越谷市レイクタウンで小児科クリニックを開業。同年10月に「みんなでつくる病児保育室つむぎのおうち」を開設。自治体からの補助金がない中で、「みんなでつくる病児保育室」という新しいコンセプトを掲げ、病児保育の課題解決に向けロールモデルとして体現することにチャレンジ中。杏林大学医学部卒業。小児科学会認定小児科専門医、日本小児科医会認定子どもの心相談医、地域総合小児医療認定医。全国病児保育協議会理事、ホーム・スタートこしがや運営委員、社会福祉法人日本フレンズ奉仕団評議員も務める。特徴は「子育て支援が大好きな小児科医」

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る