女川町のみなさん、女川つながる図書館のスタッフのみなさん、
 
あけましておめでとうございます。

本は、自分の知らない世界へつながる扉です。

世界はとても広く、そして長い長い歴史を持っています。

本を読むことで、その世界に触れることができるのです。

本は、自分自身を知ることのできる鏡です。

たくさんの人が、これまで、あなたと同じように、考えたり、悩んだりしてきました。

本を読むことで、そのたくさんの人々の考え、悩みに触れ、それによって自分を知ることができるのです。


私自身も、苦しいときにたくさんの本を支えとして生きてきました。


女川つながる図書館で、たくさんの本を読んで下さい。

一歩一歩、未来に向かって一緒に歩いていきましょう。
 
 
斎藤 諭
新着情報一覧へ