READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

首相夫人が発起人!高校生が社会問題を議論する場を作りたい!

首相夫人が発起人!高校生が社会問題を議論する場を作りたい!

支援総額

203,000

目標金額 200,000円

支援者
18人
募集終了日
2014年9月19日
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年09月15日 21:12

メンバー紹介⑥/糸賀貴優 『問題と向き合うこと』

クラウドファンディングも残り4日!
運営メンバー、糸賀さんの想いです!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは!当日家庭問題のファシリテーターを務めさせていただきました糸賀杞憂です!

 

私は今回の会議に、現在の高校生が家庭についてどう考えているかを知るため運営として参加することを決めました。家族は最小単位の社会とはよく言われますが、最近では若者が家庭のことを軽視していると言われています。私は複雑な家庭環境を抱えていますが、そんな私だからこそ、家庭問題を軽視してはいけないと強く感じています。

 

                             (中央 当日の様子)

 

 「私には娘に会う権利がある。」これは見知らぬ男性が突然現れ、家族に向けて放った言葉です。私は10歳まで本当の父の存在を知らずに実の母と養父のもとで育てられました。そして、小学校4年生のときに実父が突然目の前に現れ、親権を主張してきたことにより、初めて本当の父の存在を知ることになったのです。

 それは、私に「家族」とは何かということを考える大きなきっかけになりました。私は実の父親が目の前に現れたことにも驚きましたが、何よりも、養父が自分の本当の父親でないことに驚きを隠せませんでした。

 

 養父は私に常に深い愛情を注いでくれました。金銭面等の問題で離婚後に子どもを施設に入所させる夫婦が多い中で、私がそういった環境に身を置かずに済んだのは、自分を受け入れてくれた養父のおかげであり、恵まれた家庭環境の中で生活できていることに感謝しています。私はこうした自分の生い立ちが影響して、様々な事情により実親から離れて、施設に預けられている子ども達の置かれている状況に問題意識を抱くようになっていったのです。

 

                   (奥左から三人目 オーディエンス賞受賞)

 

 この問題意識をもとに様々な活動を行ってきた私ですが、現在私は家庭を望む子どもの視点に立った何かができないかと模索しています。家族になることは決して容易ではありません。

 特別養子縁組を行ったからといって、私と養父のように強い信頼関係を築くことができるとは限らないのです。実際に、私も本当の父の存在を知った際は、大きなショックを受けました。私がこの困難を乗り越えることができたのは、これまでの養父の私に対する愛情があったからだと思います。

 

 そんな私にとって、今会議はとても実になるものになりました。実際の参加者からも今回の会議を通して今まで軽く考えてきた家族・家庭についてもっと真剣に向きあおうと思ったなどの声を聞くことができました。

 

 家庭問題だけでなく、様々な分野における社会問題も話し合い、考える環境さえあれば高校生はその問題と真摯に向き合うことができます。

 

 私は今後も学生団体TSUNAGIやその他の学びの場に自ら参加するだけでなく、高校生が社会と向き合っていける場を創っていこうと考えています。そのために、皆さんに協力していただきたいです。よろしくお願いします!

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

(1)運営メンバーからの当日の写真を添えたサンクスレター
(2)パンフレットを含めた活動報告
(3)運営メンバーの心のこもったミサンガ

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000

alt

(1),(2),(3)に加えて
(4)協賛者としてホームページに記載
(5)運営メンバーからのビデオレター
(6)代表堀江雄一郎が描く絵
(7)当日の様子をまとめたビデオ

支援者
10人
在庫数
制限なし

50,000

alt

(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7)に加えて
(8)運営メンバーとの食事

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする