プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

<2月24日追記>【感謝の気持ちと次の挑戦に向けて】

 

皆様のご支援で公開3日目で達成することができました。本当にありがとうございました。 おかげさまで素敵な漫画を作成して、4月2日に東京タワーで配布、また今回ご支援いただいたみなさまにお届けすることができます。とても嬉しいです。

 

さて、4月2日の締めくくりには、東京タワーの点灯式があります。その前にステージ出演者やそこにいらっしゃる人々と青い花をもって歌ったり、点灯の瞬間には、テーマカラーの青いライトを広場のみんなで照らしたいと思います。また会場をブルーに装飾したいと考えております。

 

引き続き、イベントの一層の充実のためにライトや花や装飾品の購入のためにネクストゴール20万円に挑戦させていただきたいと思います。どうぞご支援をお願い致します。


平成29年2月24日

吉田庸子

 

************************

 

自閉症の人たちも身近なところで暮らしています。
挨拶は苦手だけれど、一人ぼっちが好きなわけでもありません。
そんな彼らのことをもっと知ってもらいたいと思っています。

 

 

こんにちは。吉田庸子です。息子が自閉症&知的障害を持つ人で、私は東京都自閉症協会で活動しています。 21年前、初めて自閉症と診断された時は、目の前が真っ暗になりました。しかし多くの仲間と出会い、息子の存在を受けとめて、ともに歩んできました。

 

毎年4月2日の世界自閉症啓発デーには各国各地で自閉症の人のことを知ってもらうために世界中を青い光で包み込むイベントが行われています。ここ東京でも各地でブルーのイベントが開催されます。東京タワーでは青にライトアップするライトイットアップブルー点灯式があります。

 

また点灯式の前には、団体の規模も活動内容も様々な支援団体等があつまり実行委員会形式で「東京タワーブルーライトアップイベント2017」を開催します。私はその実行副委員長をしております。

 

特に今年は日曜日でもあり、たくさんの人出が予想されます。イベントを訪れてくださるみなさんお一人お一人とお話させていただくことも難しく、啓発デーの意味など、わかりやすい漫画で説明した冊子を配布したいと考えました。

 

たまたま通りかかった方にもわかりやすい漫画を製作し、日本社会全体のより深い自閉症への理解を目指すため、どうぞ皆様のお力添えの程よろしくお願いいたします。

 

昨年の舞台の様子

 

自閉症ってどういう人?世界自閉症啓発デーって何?

 

自閉スペクトラム症とは、発達障害の一つで、生まれつきの脳の機能障害です。感覚や認知のあり方が健常者と異なることにより、臨機応変なコミュニケーションが苦手、 特定の物事への強いこだわり、感覚過敏等が生じて継続的な支援が必要になります。言葉の遅れを伴う人には知的障害に対する支援も併せて必要です。

 

世界自閉症啓発デーは10年前に行われた国連総会において、カタール王国王妃の提案により設立された国際的な取り組みです。テーマカラーであるブルーは、癒し、希望、平穏などを表す色として、各国で採用されています。日本でも毎年各地でイベントを開催することによって、少しずつ自閉症への理解が広まってきたと実感しています。​

 

ライトアップされた東京タワー

 

 みなさまからいただいたご支援で、啓発のための冊子を作成して4月2日の自閉症啓発デーに配布します。

 

今回のプロジェクトでは、いただいたご支援で自閉症啓発のための漫画を製作し、冊子としてイベントに訪れた方に配布を予定しています。 4月2日に東京タワーを訪れた人々は、ステージや広場のイベントを見て、今日は何かの日かしら?という素朴な疑問を持たれます。

 

そこで、Q&A方式の漫画でわかりやすく説明した冊子を作成して配布しようと考えました。 「世界自閉症啓発デーっていつだれが決めたの?」「どうして青なの?」「自閉症ってどんな人たち?」 こんな疑問にお答えします!

 

実行委員会のメンバーと

 

冊子を製作することで、当日イベントに来られない遠方の方にもお配りすることが可能になります。また各都道府県にいらっしゃる自閉症のご家族がお住まいの地域でもお配りすることで自閉症啓発活動にも貢献できると考えています。

 

ステージでは歌あり演奏ありダンスありラップありの多彩なパフォーマンスを繰り広げます。また広場では、自閉症の見え方や誰でもひけるブンネ楽器、ブルーフォト、リンパケアなどの体験ブースと、障害のある人たちの作品の展示やお菓子の販売のブースを出展します。
 

販売ブース

 

自閉症の理解から、自分が生きる社会の理解へ。

 

このイベントは、4月2日が何の日か知らずに東京タワーを訪れた人々へに、世界自閉症啓発デーがあるんだよ!自閉症の人も一緒に暮らしているんだよ!という啓発が第一目的だと思っています。冊子を配布して、読んでいただければ、啓発デーのこと、自閉症のことを少し知っていただけます。まずは知ることから!

 

世の中は多様な人々で構成されています。昨年7月に相模原のやまゆり園という障害のある人の施設で入所者が殺害されるという痛ましい事件が起こりました。私たちはこの事件を重く受け止めています。この世に生まれてきた人に優劣はありません。

 

人はもともと多様な存在なのです。自閉症の人のこと、障害を持った人のことを、知っていただくことは、多様性を認め合う第1歩になると考えています。

 

皆様どうぞご支援の程よろしくお願いいたします!

 

ブルーフォト

 

『東京タワーブルーライトアップイベント2017』​について

 

日時
▶︎2017年4月2日(日)14:00 開始(18:45終了予定)

会場
▶︎東京タワー
*住所 港区芝公園4-2-8

主催
▶︎TT2017実行委員会

参加費
▶︎無料

雨天時
▶︎決行

 

▶︎参加団体(順不同)

自立支援グループマーチ・SOCIAL WORKEEERZ・ネッコ・ロンダ・たいこチーム・三代目ロングライスフィールド・Get in touch・Bunne Japan・ADDS・キートン・コム・パルレ・日本トゥレット協会・発達障害当事者協会・神奈川県中小企業家同友会・トポスの会就労支援施設ゆに分場フェリーチェ・AOAart・日本自閉症協会・全国言友会連絡協議会、AIGグループ・JDD・東京都自閉症協会・発達障がいファミリーサポートMarbleなど

 


最新の新着情報