皆さん、こんにちは。おかげ様で支援目標金額188万円のうちの16%にまで到達いたしました。ご協力くださり誠にありがとうございます。

さて、ホーム画面のトップ写真でもお馴染みの新郎役・九州国際大学の三戸さんにタキシーマを着用した感想を伺いました。
三戸さんは様々なファッションショーに出演し、NHK大阪放送局主催障害者のためのバリアフリーファッションショー「バリコレ」では、「チーム・タキシーマ」だけではなく、ほかのチームでも活躍したモデルさんです。もちろん「タキシーマ・プロジェクト」メンバーの一員です。
「こんにちは。今回、新郎役でタキシーマを着用した三戸です。タキシーマを着用してみて感じたことは、とにかく、着やすくて、動きやすい‼ということです。障害を考慮したデザインなのでアームホールが広かったり、上着の裾がカーブになっていたりといったちょっとした工夫があちこちにありますが、それが、健常者にとっても、着やすさにつながっているんだなぁと袖を通してみて実感しました。袖口も広くとってあるので車椅子のひじ掛けに袖口が擦れなくて、あっ、いいなって思いました。ボトムスの袴にしても、もたつき感がなく楽に着られました♪」
 タキシーマの製作にあたっては、車いすで挙式した男性からいろいろとアドバイスをいただきました。「タキシーマ」は、健常者が着たいと思うような、斬新かつスタイリッシュなユニバーサルデザインを目指しています♪♪

 

新着情報一覧へ