プロジェクト概要

大阪にみんなのための洋書ライブラリーをオープンしたい!

A foreign language library for all!

 

はじめまして!イギリス人のファネルケイティと申します。日本に来て9年になり、2年前から大阪に住んでいます。英語教師と翻訳の仕事をしながら、いろんな人が集まれる楽しく過ごせる英語のゲームナイトを毎月主催しています。

 

Nice to meet you! My name is Katie Funnell and I am originally from England. It has been nine years since I came to Japan, and I have been living in Osaka for the past two years. Whilst I work as an English teacher and translator, I also organise monthly English game nights that many different people can come and enjoy.

 

今回、大阪市民が楽しめる洋書ライブラリーを開設します。本の購入費、返却用ポストボックス購入費用などの資金援助をよろしくお願いします!

 

               <毎月行われる英語ゲームナイト Monthly English game night>

 

 

英語ゲームナイトが行われる金曜日、洋書ライブラリー開設で大阪の住民がさらに英語に触れる機会を。

 

英語ゲームナイトに来るお客さんは老若男女で、英語を専攻している学生、小学校の先生、近所で働いている日本の方、大阪市で働いている外国の方など、いろいろな方が集まる楽しいイベントです。洋書ライブラリーの開設でこういった大阪住民が本を借りてさらに英語を楽しめます。

 

All kinds of people come to the English game nights; students studying English, elementary school teachers, Japanese people working locally, non-Japanese working in Osaka. With the addition of a foreign language library these residents of Osaka can enjoy English further.

 

洋書のライブラリーは上記のゲームナイトが行われる、上町荘というシェアオフィスに開設し、貸し出しは毎週金曜日の夜(それ以外の時間も予約での利用も可能)に行います。返却は外のポストボックスを使うことでいつでもできます。uemachibooks.libib.comもご覧いただければ登録されている本の検索と本の予約ができます。

 

The foreign language library is located in Uemachiso, a shared office, which is the same place that the English game nights are held. Books can be loaned out every Friday night (other times available by appointment) and can be returned anytime by using the return box outside.

 

                        〈ゲームナイトが行われる上町荘〉

 

洋書ライブラリーオープンのきっかけ

 

洋書のライブラリーを作りたいの思ったのは理由が二つあります。一つは外国語学習には自分のレベルに合ったものをたくさん読むことは非常に効果的ですので、日本人のためいろいろなレベルの本を集めたいです。二つ目の理由はネット上で外国人同士での中古洋書売買をよく見かけており、それなら本を集めてライブラリーにした方がいいと思い、寄贈を募集を始めました。

 

There were two reasons I decided that I wanted to start a foreign language library. One of the reasons was that I knew reading a lot of books at your proficiency level was a very effective way to learn languages and I wanted to provide various levelled readers for Japanese learners of English. The other was because I saw a lot of second hand foreign books being bought and sold online between foreign residents in Japan and thought if that was the case it would be better to start a library for everyone.

 

〈寄贈していただいた洋書 Donated books〉

 

 

英語ゲームナイトにお越しになったお客さんに洋書ライブラリーの応援のコメントも頂いています。

 

We have received these comments of support from people who came to the English game nights:

 

「洋書に特化した街のライブラリーで、誰でも気軽に利用出来るというところに、 とても新しい可能性を感じます。外国の言葉に触れて勉強したい日本人にも、 日本に住んでて母国語の本をもっと読みたい外国人にも、待望の場所になることでしょう。実現を今から楽しみにしています。」

 

"I see great potential in having a community foreign language library where anyone can borrow books easily. I think both Japanese people learning foreign languages and native speakers living in Japan too are looking forward to it. I am also!"

 

「日本語が読めても、やっぱり母国語の英語で本を読むのが一番楽です。日本では洋書が高くてなかなか買えないので、無料で借りらるのはとても嬉しいです。」

 

"Even if you can read Japanese, reading in your native language is always easier. Foreign books are expensive in Japan so it's hard to buy many so I'm really happy about being able to borrow them for free"

 

そして、本を寄贈してくれた人からも嬉しい声をいただいています。

 

We also have had comments from those who have donated books:

 

「帰国することになっていて本の処分に困っていました。捨てるのももったいないのでこうやってライブラリーに蔵書していただけるのはよかったです。」

 

"I'm returning home and wasn't sure how to get rid of my books. It's a waste to throw them away so I'm glad they could be added to the library"

 

 

日本の英語学習者それぞれに見合ったレベルの読み物を手にする機会をつくりたい。

 

今では大阪在住の外国人よりたくさんの寄贈があって、洋書は200冊ぐらい集まりました。(蔵書する本はhttp://uemachibooks.libib.com/に登録されています)

しかし、集まった本は英語圏の大人が読む小説や上級のものが多くて、日本人の読者にはあまり向いていませんので、ご支援頂いた支援金でいろんなレベルの読み物を購入したいと考えています。

 

We have received many donations of books from non-Japanese people living in Osaka with the total reaching around 200. (The books in the library are registered on http://uemachibooks.libib.com/.) However, most of the books collected are aimed at adult native speakers of English and not very appropriate for Japanese readers of English who might just be starting to read English books. We would like to use the money to purchase readers of various levels.

 

 

支援の使い道

 

How the money raised will be used:

  • 本の購入(200冊) Purchase of 200 books
  • libib.comサービス利用料6ヶ月分  Use of libib.com's service for six months
  • 返却用ポストボックス購入 A returns post box
  • メンバーカード製作や本のカバーなどの費用 Expenses for the creation of member cards, book covers etc.
  • その他手数料  Charges from readyfor.jp.

 

〈uemachibooks.libib.comに蔵書の本が登録されています〉

 

 

気軽に英語に触れる機会を増やしたい

 

洋書のライブラリーが開設できたら、いろいろな大阪に住んでいる人が喜ぶと思います。外国人も英語学習をしている学生や大人も、購入になると読まないけど無料で借りられるなら読む本がたくさんあると思います。日本人の英語能力も上がる、大阪在住の外国人もより豊かに暮らせると思いますので是非ご支援ください。

 

With the creation of the a foreign language library, I think that many residents of Osaka will be happy. I think that there are many books people wouldn't read if they had to buy them but would if they could borrow them for free. Japanese people's English would improve and foreign residents would enjoy living in Osaka even more! Any and all donations are gratefully received, if you can't read Japanese or navigate the site please let me know and I will help (powsupermum@gmail.com)

 

~リターンに関して~

プロジェクトにご支援された方には、以下のリターンをお送りします。

 

●デコレーションサンクスポストカード
 A decorated thank you postcard

●蔵書する本のリクエスト出来る権利
You can request  book to be bought for the library