プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

皆様の温かいご支援で目標額を達成することが出来ました!本当に感謝いたします。

(2016年7月12日追記)

 

皆様の温かい応援と励ましのお言葉をこれからの活動のエネルギーとして次の目標設定をさせていただきます。今回は、通常よりも少ない講演料で植松様にお引き受けいただいていたので、目標金額を超えた分で通常の講演料をお渡しさせていただきます。その他のご支援は、講演会での懇親会の充実や今後の植松努氏講演会実行委員の活動費に使用させていただきます。

 

どうか変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

*************************************

 

植松 努氏 講演会「思うは招く」

8/1(月)に東京で開催します!


はじめまして、大学3年生の武本侑子と申します。アメリカ留学中、自信を失っていた私に衝撃を与えたプレゼンテーションがあります。それは、民間で宇宙開発に挑まれている植松努さんのTEDxSapporoでのプレゼンテーションです。【思うは招く】というタイトルのもと、自信や可能性を奪わずに育てていく生き方を語られています。

 

私は、植松さんのプレゼンテーションをきっかけに【出来ないことは無い】と感じました。そこで、就職活動を前にする大学3年生を対象に植松さんに講演をしていただき、自分の人生にワクワクする学生を増やしたいと考えました。今回は、参加費無料で植松さんに講演を行っていただくのですが、会場費など合計27万円が不足しています。

 

日本の大学生が、自分の人生に希望をもって進めるきっかけをつくりたい!皆さまのご支援をどうぞよろしくお願い致します。

 

「思うは招く」を皆で実感しました

 

 

自信を失った私の光となった

TEDxSapporo 植松努氏のプレゼンテーション


昨年、私は9ヶ月間アメリカへ留学をし、辛いこと、悲しいこと、自信を失う様なことが沢山ありました。しかし、そんな時にTEDxSapporoで植松さんのプレゼンテーションを見て、私は衝撃を受けたのです。

 

 

その内容は、挑戦したいと思うことを強く望み、それに向けて努力をすれば必ず達成出来るんだということをご自身の経験を通して語られていました。幼い頃、お爺様と一緒にアポロの月面着陸を見て感動し、本屋に行けば宇宙ロケットの本を手に取ったといいます。しかし、学校の先生には、「宇宙なんていうのは、よほど頭がよくないとできない。どうせ無理だ」と言われたそうです。この「どうせ無理」という言葉は人間の自信と可能性を奪ってしまう最悪の言葉です。しかし、植松氏は、こういった言葉に屈せず、奇跡的に安全なロケットの研究をされている永田教授と出会い、助け合う中で、今では宇宙開発ができるようになったといいます。

 

失望していた私にとって、それは本当に涙が出るほど感動し、心の支えとなるようなお話でした。それからの留学生活では、沢山の事を強く望み、それに向けて努力した結果、数多くの経験をしたり、達成することが出来ました。帰国後も、その経験のおかげで、【出来ない自分】を想像するのではなく、【出来る自分】を想像するようになりました。

 

自分自身の【出来る】を増やした留学でした!

 

しかし、帰国して周りの同級生を見てみてると、「無理、嫌だ、楽しくない」という【出来ない自分】にさせるような言葉ばかり使っていることに気づきました。正直、私も就職活動に対して、「安定」を求めることを重視しすぎていて、自分のやりたいことが見えなくなっていました。しかし、植松氏の講演会を聞き、大事なのは「安定」なのではなく、自分の「思い」なんだと気づき、今はやりたいことやその思いを大切にしようと考えるようになりました。


少子化の現代社会で若者が夢を持っていないのは、日本の未来に希望が持てない事と一緒なのではないかと思います。【出来ない】を考える社会ではなく、【出来る】を考える社会にしたい。私が自分自身に希望をもつことが出来たように、就職活動前の大学3年生に植松さんの講演を通して希望を届けたいと思っています。

 

 

講演を聞く→交流会でこれからの新しい自分像をイメージ

 

8月1日(月)に東京千代田区の貸会議室で大学3年生を対象に【思うは招く】というテーマの元、植松さんに講演をしていただきます。その後、グループディスカッションを行い植松さんとの交流の場をつくることで、「講演を聞く」→「では自分達はどんな思いがあり、将来どうしていきたいか」という話し合いの場をもちます。そして、来ていただいた大学3年生の皆さんが、講演会終了時には講演前よりも【出来る自分】のイメージを持てるようになり、就職活動にもより前向きに挑んでもらえるになって欲しいと思っています。

 

ロケットの作り方を子供に教えています。

 

 

自分の可能性にワクワクする学生を増やしたい

 

講演と植松さんとのディスカッションを行うことで、就職活動に対しての暗いイメージをもつ学生を減らしたいと思っています。そして、将来に夢を持ち、就職活動をより前向きに出来るような学生を増やしたいです。また今回の講演をyoutubeなどでネット配信することで、全国の学生のみなさんにも見ていただき、希望をもった学生を日本中に増やしていきたいと考えています。

 

自分自身の可能性にワクワクする体験を、就職活動前の大学3年生にしてほしい。どうか、植松努さんの講演会と交流会の実現のために、皆さまのご支援をよろしくお願い致します。

 

夢を追う仲間たちと

 

 

◇◆講師のご紹介◇◆

植松 努

新しいプロジェクトのために購入した土地で、
笑顔で写真をとる植松氏

 

株式会社植松電機 専務取締役
株式会社カムイスペースワークス 代表取締役
NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC) 理事

全国各地での講演やモデルロケット教室を通じて、人の可能性を奪う言葉である「どうせ無理」を無くし、夢を諦めない事の大切さを伝える活動をしています。
また、2010年4月より「より良くを求める社会」の実現に向けて、赤平にて「住宅に関するコスト1/10、食に関するコストを1/2、教育に関するコスト0」の実験を行う「ARCプロジェクト」を開始しました。

 

 

◇◆イベント情報◇◆

植松 努氏 講演会 「思うは招く」 

そろそろ本当にやりたいことを見つけませんか? 
他人の夢を馬鹿にするのはやめませんか? 

□大学が楽しくない 
□将来なにがやりたいかわからない 
□自分の夢を語ったことがない人 
ひとつでも当てはまったそこのアナタ!このチャンスを逃さないでください! 
                    
日程:8月1日(月) 
時間:14時15分 開場 
    14時30分 第一部 講演開始 
    15時40分 第二部 グループディスカッション 
    17時30分 第三部 懇談会 
    19時    終了 

料金 第一部、第二部→無料 
   第3部(懇談会)→500円 
   ※ 1.2部のみなどの参加も受け付けています! 

対象 主に大学3年生(年齢不問、興味がある方)    

会場 貸会議所 内海 3F会議所 
   〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-6-15 
   (JR水道橋駅 徒歩1分) 
 

 

◆◇ご支援金の使途について◇◆

・交通費
・会場代

・資料代
・講演依頼料
・郵送費

・その他諸経費 など

 

 

◆◇リターン◇◆

【1,000円】☆学生限定☆絵葉書・サンクスレター

 

【3,000円】絵葉書とサンクスレター

 

【10,000円】講演DVDのエンドロールにお名前を掲載してお届け致します。

【10,000円】講演応援コース~サンクスメールをお送り致します~

 

【15,000円】DVD(講演・質疑応答収録)のエンドロールへお名前掲載

 

【20,000円】DVD(講演、質疑応答、ディスカッション収録)のエンドロールへお名前掲載

【20,000円】講演会応援コース~サンクスメールをお送り致します~

 

【30,000円】講演会応援コース~サンクスメールをお送り致します~

 


最新の新着情報