こんにちは、門田です。

 

鵜尾雅隆さん( 日本ファンドレイジング協会 代表理事、株式会社ファンドレックス 代表取締役)にも、応援をいただきました!!

鵜尾さん、ありがとうございます!

 

鵜尾さんとお会いしたのは、鵜尾さんがJICAにいらっしゃったころ。

元々私は鵜尾さんのブログの読者だったので、お会いした時はミーハーな気持ちで感激してしまいました(笑)

 

その後、2008年NPO向け戦略コンサルティング企業(株)ファンドレックスを創業され、多くのNPOに伴奏されてきました。

 

PLASも様々な局面で伴奏、ご支援いただき、いまのわたしたちがあります。

 

鵜尾さんは、常に問題の本質がどこにあるのか、気づきのある「問い」をくださいます。

「答えはこうですよ」ということではなく、常に問い続けることで、わたしたちの中にある答えを、自分で見つけられるように働きかけてくださるのです。

 

そこに大きな学びがあり、行動につながり、組織が変わっていく。

そんな大切なことを教えてくれた人です。

 

鵜尾さん、応援ありがとうございます!

 

▼私たちが実現したいこと:合言葉は「ウガンダの未来」

 

HIV陽性の若者たちが職につけず、貧困状態に陥ってしまうという課題を解決し、彼ら彼女たちが未来を切り拓けるように。

 

わたしたちは現地のパートナーNGOとともに、若者たちがスキルを身につけ、仕事に就いたり、ビジネスを立ち上げたりするための職業訓練プロジェクトをスタートします。

 

詳細については、ぜひプロジェクト概要をご覧ください。

 

▼若者たちが未来を切り拓くためのご支援をお願いします

 

クラウドファンディング終了まであと1週間!

最終日まで走り切ります。

 

どうしても、このプロジェクトをウガンダに届けたい。
未来を切り拓くチャンスを、若者たちに作りたい。
頂いたご支援は私が責任もって現地に届けます。

 

みなさまの応援を力に最後までがんばりますので、どうぞご支援の程、よろしくお願いします。