こんにちは、門田です。

 

町井恵理さん( NPO法人AfriMedico代表理事)にも、応援、そしてご支援をいただきました!!

町井さん、ありがとうございます!

 

 

2015年、ETIC.さんのご紹介で町井さんに出会いました。

アフリカ活動する、女性で、NGO代表という共通点から、打ち解けるのに時間はほとんど必要ありませんでした。

 

アフリカで継続的な「置き薬」の運用を手がけていらっしゃる町井さんの原体験は、聞くたびにわたしの胸を熱くして、「わたしもがんばろう!」という勇気をくれます。

 

アフリカでの活動の難しさ、楽しさ、そして組織運営の色々なことなど、いつも話は尽きなくて、彼女から学ばせていただいています。

 

町井さん、いつもありがとうございます!

 

▼私たちが実現したいこと:合言葉は「ウガンダの未来」

 

HIV陽性の若者たちが職につけず、貧困状態に陥ってしまうという課題を解決し、彼ら彼女たちが未来を切り拓けるように。

 

わたしたちは現地のパートナーNGOとともに、若者たちがスキルを身につけ、仕事に就いたり、ビジネスを立ち上げたりするための職業訓練プロジェクトをスタートします。

 

詳細については、ぜひプロジェクト概要をご覧ください。

 

▼若者たちが未来を切り拓くためのご支援をお願いします

 

クラウドファンディング終了まであと1週間!

最終日まで走り切ります。

 

どうしても、このプロジェクトをウガンダに届けたい。
未来を切り拓くチャンスを、若者たちに作りたい。
頂いたご支援は私が責任もって現地に届けます。

 

みなさまの応援を力に最後までがんばりますので、どうぞご支援の程、よろしくお願いします。