こんにちは、門田です。

 

鮫島弘子さん( andu amet代表)にも、応援をいただきました!!

ひろこちゃん、ありがとうございます!

 

 

★鮫島さんからの応援メッセージ

もんださんにいつも刺激をもらってます。プロジェクトの成功を祈ってます。

 

ひろ子ちゃんとの出会いは2011年、起業支援のとある場所で知り合いました。

 

「エチオピアのシープスキンって、とっても柔らかくて、手触りがいいんだよ!こんなにしっとりしてるの!」と、当時まだバックになっていない革を触らせてくれました。

 

これからエチオピアでバックをつくりたい、ずっと大切に使われるバックをつくって、つくり手も使う人もハッピーになるエシカルなモノづくりがしたいと、きらきらした目で話をしてくれました。

 

それから弘子ちゃんはandu ametを起業。

ラグジュアリーで洗練されたデザインのバックをはじめとした製品を手掛けています。

 

実はわたしも、andu ametの大ファン。ついに先日、andu ametの3つ目のバックを注文しました!!

 

友人に「そのバック素敵だね!」と褒められること多数。

その度にわたしはご機嫌になっています。そして勝手に、ひろこちゃんのことを誇らしく思うのです。

 

アフリカのエチオピアでのモノづくりは、大変なこともたくさんあることと思います。それでもひたむきにモノづくりに取り組む彼女の姿勢、ブレない生き様は、いつもわたしを勇気づけてくれます。

 

ひろこちゃん、いつも応援ありがとう!!これからもよろしくね。

 

▼私たちが実現したいこと:合言葉は「ウガンダの未来」

 

HIV陽性の若者たちが職につけず、貧困状態に陥ってしまうという課題を解決し、彼ら彼女たちが未来を切り拓けるように。

 

わたしたちは現地のパートナーNGOとともに、若者たちがスキルを身につけ、仕事に就いたり、ビジネスを立ち上げたりするための職業訓練プロジェクトをスタートします。

 

詳細については、ぜひプロジェクト概要をご覧ください。

 

▼若者たちが未来を切り拓くためのご支援をお願いします

 

クラウドファンディング終了まであと1週間!

最終日まで走り切ります。

 

どうしても、このプロジェクトをウガンダに届けたい。
未来を切り拓くチャンスを、若者たちに作りたい。
頂いたご支援は私が責任もって現地に届けます。

 

みなさまの応援を力に最後までがんばりますので、どうぞご支援の程、よろしくお願いします。

新着情報一覧へ