こんにちは、門田です。

 

北城恪太郎さん(日本IBM名誉相談役)にも、応援、そして多大なるご支援をいただきました!!

北城さん、ありがとうございます!

 

当会主催のイベントでスピーチをしてくださいました

 

★北城さんからの応援メッセージ

活動が実現することを、期待しています。

 

北城さんには2010年、社会イノベーター公志園をきっかけに出会いました。

当時のわたしは、ビジネスパーソンのみなさんへ活動についてプレゼンテーションする力量をまったく持っていませんでした。

 

そんな状況の、分かりにくいわたしの話を、真剣に、誠実に聞いてくだいました。

 

わたしの話を聞き終わった北城さんが「すばらしいですね、がんばってください。わたしに何ができますか?」と駆け寄ってくださったのです。

 

それからずっと、寄付や当会主催のイベントへのご登壇などで応援、ご支援をつづけてくださっています。

そして、北城さんが応援している団体なら、と関心を持ってくださった方も多くいらっしゃいます。

 

わたしから北城さんにお返しできることがほとんどなくて、心苦しいのですが、わたしはアフリカでの活動を懸命に続けていくことがせめてもの恩返しと考え、頑張ってきました。

そんなことも、全部丸ごとわかって、受け止めてくださる北城さんには、感謝しかありません…。

 

 

北城さん、いつも応援、ご支援ありがとうございます。

 

▼私たちが実現したいこと:合言葉は「ウガンダの未来」

 

HIV陽性の若者たちが職につけず、貧困状態に陥ってしまうという課題を解決し、彼ら彼女たちが未来を切り拓けるように。

 

わたしたちは現地のパートナーNGOとともに、若者たちがスキルを身につけ、仕事に就いたり、ビジネスを立ち上げたりするための職業訓練プロジェクトをスタートします。

 

詳細については、ぜひプロジェクト概要をご覧ください。

 

▼若者たちが未来を切り拓くためのご支援をお願いします

 

クラウドファンディング終了まであと1週間!

最終日まで走り切ります。

 

どうしても、このプロジェクトをウガンダに届けたい。
未来を切り拓くチャンスを、若者たちに作りたい。
頂いたご支援は私が責任もって現地に届けます。

 

みなさまの応援を力に最後までがんばりますので、どうぞご支援の程、よろしくお願いします。