クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
    成立

    南相馬市小高区の浮舟の里に行き昔ながらの糸作りを伝えたい!

    金田 健太郎

    金田 健太郎

    南相馬市小高区の浮舟の里に行き昔ながらの糸作りを伝えたい!
    支援総額
    329,000

    目標 300,000円

    支援者
    33人
    残り
    終了しました
    プロジェクトは成立しました!
    3お気に入り登録3人がお気に入りしています

      3お気に入り登録3人がお気に入りしています
      2014年10月31日 20:13

      出張!精練。

      つい先日、信州松本の四賀へ行ってきました。

       

      かつては養蚕の盛んな地域でした。

      そしてその場所で最後まで養蚕をやっていた方の家を引き継ぎ

      再びそこでお蚕様から糸を紡ぎだしたいとの夢を抱く方のおうちへお邪魔しました。

      こちらの糸は、前にうちに来てもらったときに3日間かけて、座繰りで取ったものです。

      今回はこの生糸を精練します。 これにより、セリシンが取り除かれて柔らかい絹糸になります。

       

      糸を水で湿らせて、

       


      麻袋に入れ、

       

      灰汁に浸す。


      まずは、ここまで。 一晩つけて置きます。

       

       

      そして次の日の朝。

      前の日に灰汁につけておいたものをそのままかまどの火にかけて、

      沸々してから約1時間ほど煮ます。

       


      そのあとは余熱で放置。。。。

       

       

      午後3時ごろ、ようやく鍋から糸を引き上げ水洗します。
       


      ごわごわしていたものが精練によってセリシンが落ち、

      ようやく艶としなやかさのある絹糸になりました!
       

       

      今回、生まれて初めて外で精練をしました。 持って行く灰汁の量や、火加減など、かってが違うために戸惑い、若練りの状態の糸になってしまいました。

      もう少し、練りたかったかな。

       今回の経験を浮船の里に生かしていこうと思います。

      一覧に戻る

      リターン

      3,000円(税込)

      お礼状
      活動報告をブログにて報告
      繭織工房の小さな小綛(藍染め、天然染織のため色は写真と異なる場合があります)

      支援者
      20人
      在庫数
      制限なし

      5,000円(税込)

      お礼状
      活動報告をブログにて報告
      進め!小高ピンバッジ

      支援者
      4人
      在庫数
      制限なし

      10,000円(税込)

      お礼状
      活動報告をブログにて報告
      進め!小高ピンバッジ
      繭織工房のミニ糸かけ曼荼羅(まんだら)写真は一例です。どんな色合いかは、お楽しみ!

      支援者
      12人
      在庫数
      制限なし

      100,000円(税込)

      お礼状
      活動報告をブログにて報告
      進め!小高ピンバッジ
      繭織工房のストール

      支援者
      1人
      在庫数
      完売

      プロジェクトの相談をする