READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

ウクライナからの避難民に心のケアを|戦争ストレス緩和の居場所づくり

全心連ウクライナ交流センター

全心連ウクライナ交流センター

ウクライナからの避難民に心のケアを|戦争ストレス緩和の居場所づくり
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月31日(水)午後11:00までです。

支援総額

2,555,000

目標金額 5,000,000円

51%
支援者
147人
残り
19日

応援コメント
くみこ
くみこ10時間前少しでもお役に立てれば幸いです少しでもお役に立てれば幸いです
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月31日(水)午後11:00までです。

プロジェクト本文

ウクライナ避難民に心のケアを。

 

日本に着の身着のまま避難してきたご家族、まだ一時宿泊のホテルに滞在して、どこかに行こうにも言葉がわからない、土地勘もない、物価も高い、小さな子どもを抱えているお母さんもいます。

 

そのような方々へ、なんとか心の癒やしを提供したい、心の安全や安心をテーマに家族同士で交流してもらい、日本の子どもたちと友達になってもらいたいと思い、様々な催しなどを開催してきました。

 

活動はすべてボランティアで運営し、関連企業にもご協力いただきながら、なるべく避難民の方がご負担なく気軽に参加できるようにしてきました。

 

心のケアは1回で完結するものではありません。継続して長期的に行うことが重要です。今回いただいたご支援は、ウクライナ避難民の方々の心のケアを目的とした、今後1年間の催しに充てさせていただきます。

 

避難民の方々が日本での生活を少しでも安心して笑顔で過ごせるように、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

6/22に実施した東武動物園でのイベント時の集合写真(100名のウクライナ避難民のご家族が集まり、メディア7社に取り上げられました)

 

 

 

 

日本へ避難してきた方へ心のケアを

 

東京渋谷に本部を置く、ウクライナ交流センターは心理カウンセラーの業界団体の有志たちが集まり、ボランティアで運営されています。

 

ウクライナ交流センター

 

ウクライナ交流センターには、ウクライナの方々から以下のようなお声が寄せられています。

✔︎ 避難した子どもたちが、飛行機が飛ぶ音を聞くだけでパニックになる
✔︎ 日本にいる知人のところに避難してきたが、ウクライナ関連のニュースを見ることもできず、夜も眠れない
✔︎ ウクライナに家族が残っており心配

✔︎ 日本に避難してきたが、各種の手続きで疲れている。買い物の仕方もわからない

ウクライナからの避難民の方々は、戦争ストレスの大きなPTSDのほかに、家族や友人の将来に対する不安や恐怖はもちろんのこと、慣れない日本での生活における戸惑いなど、多くのストレスを抱えてらっしゃいます。

 

ウクライナで製造されたアイシングクッキーはポーランドを経由したのちに日本に到着し、チャリティーバザーなどに。

 

 

日本とウクライナの親子が交流できる「ウクライナ交流センター」

 

ウクライナ交流センターでは、毎月2回「心やすらぐ安心安全な居場所づくり」をテーマに定期的な癒やしの催しを開催しています。

 

🌻ひとつは「交流会」。これは、避難してきたウクライナの方々が出会い、語り合い、日本での生活を支え合うようなきずなづくりです。


激しい紛争地から命からがら来日した1人の女性は、この交流会で初めて同じ地域から来た人と出会い、日本に来て初めて心から気持ちを分かち合い理解し合えたと思ったそうです。

 

ウクライナから避難してきた人にとって戦争体験の大きなトラウマは、誰とでも共有できるものではなく、家に1人でいると繰り返し思い出し苦しみます。そしてうつ状態になっている人たちがいます。ウクライナの人同士が語り合える場はとても重要です。

 

交流会で同郷の人たちと語るウクライナ避難民の方々。日本の学生たちもボランティアとして協力しています。


🌻また子どもたちは、慣れない日本での生活の中ではしゃぎすぎたり、家に帰ると泣き出してしまったり、不安定な状態にあるとも言われています。

 

そんな子どもたちが日本の文化に触れるコミュニティーの中で、日本のボランティアと触れ合ったり同年代の友だちをつくったりすることで、自分たちが受け入れられたという体験をすることは、心の育成にとても影響があると思われます。

 

日本の夏の文化も体験してもらおうと、ボランティアスタッフがわたがし機とかき氷機をレンタルして実演。初めて見るわたがしにウクライナの子どもたちは興味津々。笑い声がひびきました。

 

🌻これまでに実施した心のケアをテーマにした催しをご紹介します。

 

6/11 東武動物公園での交流イベント

少しでも心の癒やしを提供したいと思い、東武グループさんやその他多くの方々の協力のおかげで東武動物公園での交流イベントを実施することができました。

 

「アニマルセラピー的心の休日」をテーマに、少しでも心を休めてもらおう、という意図での企画でした。

 

ウクライナ語でそれぞれの動物の名前を書いたアプリを使い、子どもたちも見たことのない動物に笑顔があふれました。

 

ペンギンは大人気。ずっと水槽のそばを離れない子どもたち。
あざらしのお散歩に笑顔になる子ども。

・参加人数:約100名

・会場:東武動物公園

・経費:約60万円(交通費 約40万円/食費 約10万円/備品等 約10万円)

※人件費はすべてボランティアでまかなっています

 

<メディア掲載情報>

■放送日:18:00~NHK総合 埼玉ローカル版
埼玉 NEWS WEBにも掲載「ウクライナから避難してきた人たちを埼玉県の動物園 に招待」
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20220611/1100014301.html

※6月18日まで配信

 

■産経新聞WEB「ウクライナ避難民が集い心の交流 埼玉・東武動物公園」
https://www.sankei.com/article/20220611-ATA2ACE6VVPUDGYKFQKUEWWHZA/

 

■テレビ埼玉(テレ玉)
https://www.teletama.jp/news/20220611.html#ogmuvg7sonyr5ad5

 

■読売新聞朝刊「日本への避難民 心癒して」
読売新聞オンラインにも掲載「ウクライナ避難民50家族、動物園に招待「息子が 心から楽しむ姿見られた」」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20220611-OYT1T50338/

 

■朝日新聞朝刊「少しでも安らぎの時を」
朝日新聞デジタルにも掲載「少しでも、安らぎの時を ウクライナ避難100人、 東武動物公園に」
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15322574.html?ptoken=01G5B9SVW4PMXDSWG4EVJDGBN6

 

■埼玉新聞朝刊「避難生活動物園で癒やし」 
埼玉新聞オンライン「動物園でリラックスを ウクライナ避難者100人が交流  親子連れら笑顔も 埼玉・東武動物公園」
https://www.saitama-np.co.jp/news/2022/06/12/08_.html

 

■毎日新聞朝刊「ふれあい楽しみ笑顔 避難者ら100人、交流リラックス
 「心理業連合会」東武動物公園と協力し企画
毎日新聞デジタル
https://mainichi.jp/articles/20220614/ddl/k11/040/080000c

 

 

6/22 みんなで食卓を囲む会

「What do you need ? 」をテーマに、事前に日本の生活で必要な物資やサービスを聞き、細やかに対応していく催しを実施。できる限りそれをお持ち帰りいただけるよう準備しました。大人チームはスーパーへ食品の買い出しをしました。

 

日本のスーパーはウクライナと売ってるものもすべてが違います。魚のコーナーも日本語で書いてあるだけで、調理法もわかりません。在日ウクライナ人スタッフと日本人ボランティアが丁寧に説明しながらまわりました。

 

 

子どもチームはその間、日本のお金についてみんなで勉強しました。

 

 

たこ焼き、お好み焼き、焼きそばなどをみんなで作り、交流を深めました。

 

その後、医療相談(医療機関を紹介)したり、子どもの心のケアについて親から相談を受けたり、細やかな対応が始まりました。

 

全国の皆さまからいただいた品物などは、ていねいにディスプレイして全国からの応援メッセージを避難民の方々に伝えます。

 

参加された方からは口々に「本当にありがとう。あなたたちは素晴らしい」と声をかけていただき、リピーターさんたちもたくさん来られていて、ウクライナの避難民の皆さまに少しずつ私たちの活動が定着してきたことを感じます。

 

生活の支援は、ものを与えるだけでなく細かい疑問や不安を丁寧に取り除いていくことが大切です。信頼してもらい、ものではなく心がつながり始めて、ここから本当の心のサポートが始まるのだと思います。

 


・参加人数:約40名

・会場:ウクライナ交流センター東京・渋谷

・経費:約10万円(材料費 約4万円/備品等 約2万円/その他 約4万円)

 

 

7月7日 平和を願う七夕祭り

日本の伝統行事や季節感あふれる催しをウクライナの方々に体験してもらいました。

 

 

ウクライナ語で短冊を書いて空の星に願いを込める。ゆっくりと語り合う時間も大切な心のいやしです。

 


・参加人数:約40名

・会場:ウクライナ交流センター東京・渋谷

・経費:約10万円(材料費 約4万円/備品等 約2万円/その他 約4万円)

 

 

 

ご支援は今後1年間の心のケアの催し開催費として活用させていただきます

 

ウクライナ交流センターを発足し、心のケアを目的とした様々な活動やイベントを行っていくにつれて、多くのウクライナの方のもとに情報が行き渡るようになり、催し開催時は参加希望者が100人を超えてきました。これは日本に避難してきた避難者数の約1割にのぼります*。(6月30日現在)

*https://www.moj.go.jp/isa/publications/materials/01_00234.html

 

全心連では、今後も定期的に心のケアを目的とした催しを開催し、ウクライナの方々への心のケアを継続していく予定です。

 

交流の場や日常的なサポートを必要としている方にはなるべく経済的な負担なく、気軽にご参加いただけるよう、私たちとしてもより多くの方のサポートができればと思い、クラウドファンディングという形で支援金を募ることとしました。

 

●目標金額:500万円

 

●資金使途:1年間の催し開催(参加者の方の交通費・飲食費・施設入場料など)

 

●予定しているイベント内容の例:

・SNSやオンラインを使った心理カウンセリング
・子どものためのスポーツ教育を通じた日本文化の理解とチームワークの形成
・レクリエーションを通じて、日本の学校や家庭とのきずな作り
・子どもたちの日本文化への理解と学習

例)
サマーキャンプ,ホストファミリー,クリスマスイベント,お花見etc

 

※イベントの内容や開催規模等は、避難民の方からいただくお声などを元に随時計画・実施していきます。万が一、いただいたご支援を1年間で使い切れなかった場合は、2023年9月以降のイベント実施費として活用させていただきます。ご返金はできかねますので、ご了承いただけますようお願いいたします。

 

 

 

継続して長期的な心のケアを行っていくために

 

戦争のトラウマは人生を大きく変えるほど辛いものです。それは、到底自分1人では背負いきれないほど私たちの心を蝕んでいきます。


だから周囲のサポートが必要なのです。


人は心が折れてしまうと、どれだけ身体が健康でも、自分が自分でなくなってしまいます。


ウクライナから避難してきた子どもたちはウクライナの未来を担う宝物だと私たちは考えています。


だからこそ、この日本で、ウクライナの家族の皆様には少しでも笑顔でいてほしい。これからも辛いことはたくさんあるけれど、心の健康をしっかりと持ちながら元気に過ごしていってほしいと願っています。


今後もウクライナの状況や日本の避難民の方のお話をしっかりと聴きながら、必要なリクリエーションと心のケアを提供していきます。

 

 

応援メッセージのご紹介

 

辻 由起子 様

社会福祉士・保育士・内閣官房こども政策参与

【人と人が 当たり前に助け合う世界をつくろう】

世界で起こる出来事は、世界の一員である私がつくっています。

 

やさしい世界をつくるために自分に出来ることは何か?いつも考えています。考えても行動に移せない時もあります。ウクライナから避難された方のニュースを見た時がそうでした。

 

言葉、文化、お金、場所…いろんなハードルが頭をよぎって何をしたらいいのかわかりませんでした。

そんな時に、浮世満理子さんがすぐに行動に移してくださいました。避難されている方のニーズを聞き、困りごとを解決するために動いてくださいました。縁のない者同士が助け合う理想の世界をつくるために、ぬくもりの連鎖を広げてくださっています。応援することで、私もその輪の中に入れてもらえました。

 

人は人で傷つけられます。それでも人は人で癒されます。皆さんもやさしい世界をつくる一員になってくださいませんか?どうか本プロジェクトへのご賛同をよろしくお願いします。


 

一龍斎 春水 様

声優・講談師

日本の避難民・難民支援に対して心の支援を主軸として捉え、もっと身近な問題として私たちが考える方向に向かう活動、その大切な一歩であると応援しています。


 

トニー海渡 様

美容家

理不尽な戦禍が長引く状況の中、不安やストレスはどれほどかと思うと胸が痛みます。誇りをかけて、戦いに耐えているウクライナの方々を、心から尊敬致します。


私達の気持ちを形あるものにして下さった浮世先生、本当にありがとうございます。ウクライナの皆様の安全を祈り、微力ながらお力になれれば幸いです。


 

落合 啓士 様

ブラインドサッカー元日本代表

こどもたちが安心してスポーツにとりくめる日が1日もはやくくるように願っております。すばらしい活動を応援しております。


 

渡部 将之 様

俳優・劇団円盤ライダー主宰

かれこれ20年(!?)近くお世話になっている浮世先生。行動力の塊で、自分もずっと影響を受けてます。『巻き込まれる爽快さ』が浮世先生からは渦巻いていて、いつも素敵な景色を見せてくれます。


ウクライナ支援も即!行動に移していて『自分にも出来る事は何だろう』と思っていた矢先にこのクラウドファンディング。喜んで応援します!また素敵な景色を見せて下さい。


 

小島 可奈子 様
元タレント
Andyou.(株)代表取締役


 

目を背けたくなるほどの、大きく悲しい出来事を前に、何をしたらいいのかと思いあぐねていた時に、このプロジェクトのご活動を目にし、微力でも参加させて頂ける事に感謝しかありません。

 

「心のケア」を主軸としたご活動に敬服致します。ボランティア活動は時間も労力もお金もかかるのが実情です。是非、皆様の支援をお願い致します!!

 

ほかにもたくさんの方から応援メッセージをいただいています。メッセージは「お名前」をクリックしてご覧ください。(新着情報の掲載順)

 

石川直樹 様/元プロサッカー選手(Jリーグ札幌コンサドーレ)、メンタルトレーナー、サッカー指導者

 

美谷 舞 様/建築家、デザイナー

 

 


|プロジェクトに関するご留意事項

 

・支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

 

・ リターンにつきましては、プロジェクト達成後は、既にご支援いただいたコースから別のコースに変更することはできませんので、ご了承ください。

 

・ 本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関する条件の詳細については、こちらから「●命名権、メッセージの掲載その他これに類するリターン」の項目をご確認ください。

 

・ ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。

プロジェクト実行責任者:
一般社団法人 全国心理業連合会(浮世満理子)
プロジェクト実施完了日:
2023年8月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ウクライナ交流センターがウクライナからの避難民に対して心のケアを目的とした様々なイベントを開催し、その交通費及びその他の諸費用に使用いたします。

プロフィール

リターン

10,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナカラーの缶バッジ

【グッズで応援!】ウクライナカラーの缶バッジ

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)
●ウクライナカラーの缶バッジ
※2022年9月中に発送予定です。

支援者
5人
在庫数
25
発送完了予定月
2023年9月

10,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナカラーのブローチ

【グッズで応援!】ウクライナカラーのブローチ

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)
●ウクライナカラーのブローチ ※1
●ポストカード ※1
※1 2022年9月中に発送予定です。

支援者
34人
在庫数
完売
発送完了予定月
2023年9月

終了しました

30,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナから送られたリボン

【グッズで応援!】ウクライナから送られたリボン

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)
●ウクライナから送られたリボン
※2022年9月中に発送予定です。

支援者
2人
在庫数
13
発送完了予定月
2023年9月

50,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナの方が作った刺繍のクロス

【グッズで応援!】ウクライナの方が作った刺繍のクロス

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)
●ポストカード ※1
●ウクライナの方が作った刺繍のクロス ※1
※サイズは25cm×25mcです。
※1 2022年9月中に発送予定です。
※写真はイメージです

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2023年9月

50,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったコースター

【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったコースター

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)
●ポストカード ※1
●ウクライナの方が作ったコースター(2枚セット) ※1
※サイズは直径15cmです。
※1 2022年9月中に発送予定です。
※写真はイメージです

支援者
0人
在庫数
15
発送完了予定月
2023年9月

100,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったぬいぐるみ

【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったぬいぐるみ

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)
●ポストカード ※1
●ウクライナの方が作ったぬいぐるみ ※1
※サイズは縦約30cmです
※1 2022年9月中に発送予定です。
※写真はイメージです

支援者
1人
在庫数
6
発送完了予定月
2023年9月

300,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナの方が作った蜜蝋のキャンドル3本セット

【グッズで応援!】ウクライナの方が作った蜜蝋のキャンドル3本セット

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)
●ポストカード ※1
●ウクライナの方が作った蜜蝋のキャンドル3本セット ※1
※1 2022年9月中に発送予定です。
※写真はイメージです

支援者
0人
在庫数
15
発送完了予定月
2023年9月

500,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナの方が描いた油絵

【グッズで応援!】ウクライナの方が描いた油絵

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制、企業ロゴ可)
●ポストカード ※1
●ウクライナの方が描いた油絵 ※1
※サイズは10cm×10cm、15cm×15cm、20cm×20cmのいずれかです。届いてからのお楽しみです!
※1 2022年9月中に発送予定です。
※写真はイメージです

支援者
0人
在庫数
9
発送完了予定月
2023年9月

1,000,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったビーズ絵(中サイズ)+感謝状とともに浮世が直接お礼に伺います

【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったビーズ絵(中サイズ)+感謝状とともに浮世が直接お礼に伺います

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制、企業ロゴ可)
●ポストカード ※1
●ウクライナの方が作ったビーズ絵 ※1
※サイズは40cm×32cmです。
※1 2022年9月中に発送予定です。

●感謝状とともに浮世が直接お礼に伺います
※日程は2023年9月までの期間で別途調整させていただきます。
※現地までの交通費負担は相談の上、ご決定させていただきます。

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2023年9月

1,000,000+システム利用料


【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったビーズ絵(大サイズ)+感謝状とともに浮世が直接お礼に伺います

【グッズで応援!】ウクライナの方が作ったビーズ絵(大サイズ)+感謝状とともに浮世が直接お礼に伺います

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制、企業ロゴ可)
●ポストカード ※1 
●ウクライナの方が作ったビーズ絵 ※1
※サイズは90cm×36cmです。
※1 2022年9月中に発送予定です。

●感謝状とともに浮世が直接お礼に伺います
※日程は2023年9月までの期間で別途調整させていただきます。
※現地までの交通費負担は相談の上、ご決定させていただきます。

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2023年9月

5,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|A

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

10,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|B

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
45人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

30,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|C

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

50,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|D

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

100,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|E

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制、企業ロゴ可)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

300,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|F

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制、企業ロゴ可)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

500,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|G

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制、企業ロゴ可)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

1,000,000+システム利用料


alt

【気持ちで応援!】心からの応援|H

●感謝のメールと活動報告書をお送りいたします
●HPへのお名前掲載(希望制、企業ロゴ可)

※返礼品をお届けしない分、いただいたご支援は、なるべく多くプロジェクト実施のために活用させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年9月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい のトップ画像

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい

ピースウィンズ・ジャパンピースウィンズ・ジャパン

#子ども・教育

継続寄付
総計
14人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする