【緊急支援】ウクライナの首都キーウで爆撃された小児病院へ支援の手を

【緊急支援】ウクライナの首都キーウで爆撃された小児病院へ支援の手を
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は寄付金を受け取ります(All in 方式)。原則、寄付のキャンセルはできません。寄付募集は8月31日(土)午後11:00までです。

寄付総額

2,983,000

NEXT GOAL 5,000,000円 (第一目標金額 1,000,000円)

298%
寄付者
359人
残り
47日

応援コメント
卓次郎
卓次郎1時間前応援してます!応援してます!
Pay It Forward
Pay It Forward7時間前1991年のソ連崩壊後、ウクライナには大量の核兵器が残され、世界3位の核保有国となった。 しかし、ウクライナはブダペスト覚書で核放棄の道を選んだ。…1991年のソ連崩壊後、ウクライナには大量の核兵器が残され、世界3位の核保有国となった。 しかし、ウクライナはブダペスト覚…
ゆうみち
ゆうみち7時間前子ども達の笑顔が少しでも早く戻ってきますように。皆様のご活動に感謝の念を抱きつつ心より応援しております!!子ども達の笑顔が少しでも早く戻ってきますように。皆様のご活動に感謝の念を抱きつつ心より応援しております!!
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は寄付金を受け取ります(All in 方式)。原則、寄付のキャンセルはできません。寄付募集は8月31日(土)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/ukraine-hospital?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

【ご注意】

プロジェクトページには一部、ケガをしている画像等センシティブな内容が含まれています。

 

プロジェクト立ち上げから早々に150人以上の方々からご支援いただいております。皆さまからのご寄付に深く感謝申し上げます。

 

早速ピースウィンズでは、被害を受けた患者10人がいる病院へニーズの高い衛生用品の支援を開始しております。小児病院から移ってきた医師から、小児がん患者が接種できる食品の希望があった他、ベッドや消耗品などのニーズを確認しています。それぞれ内容を精査した上で支援をする予定です。

 

少しでも多くの支援活動を行うため、引き続きご支援を募らせていただきます。皆さまからのご支援でより多くの物資を届けられます。引き続きあたたかいご支援をどうかよろしくお願いいたします。

 

ピースウィンズ・ジャパン

2024年7月10日追記

 

ウクライナ各地でのロシア軍による大規模攻撃、キーウでは小児病院へのミサイル直撃。

緊急で支援を開始します。 

 

ウクライナ各地で2024年7月8日、ロシア軍による大規模攻撃がありました。首都キーウでは小児病院にミサイルが直撃し、子どもも含め大きな被害が出ました。この攻撃により、全国で子ども3人を含む41人が死亡、150人以上が負傷し、50棟を超える建物が被害を受けました。

 

病院の外に避難した人びと

 

ピースウィンズは、即座にキーウ事務所スタッフを被災した小児病院に派遣し、緊急支援のためのニーズ調査および物資支援を開始しました。

 

爆撃を受けた小児病院
被害を受けた子ども

 

小児病院は建物の一部が崩落したため、患者は他の病院への転院を余儀なくされています。受け入れ先の病院では子ども用の衛生用品、おむつ、粉ミルクなどが不足しています。

 

2024年7月9日、首都キーウでミサイルが直撃し大きな被害が出た小児病院から移送された患者10人がいる病院にウェットティッシュや防水シートなどの衛生用品、粉ミルクを持参。このうち、ニーズの高かった衛生用品をお渡ししました。
 
移送された患者は、1歳9ヶ月から17歳までで多くは子どもでした。

 

 

小児病院から移ってきた医師から、小児がん患者が接種できる食品の希望があった他、ベッドや消耗品などのニーズを確認しています。それぞれ内容を精査した上で支援をする予定です。今後も、ニーズ調査を続け足りない物資などを届けていきます。

 

被害を受けた人々へ一刻も早く支援を届けるため、皆さまのご支援・ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

寄付金の使い道

 

皆様からいただいたご寄付は、ウクライナの被災地・被災者支援活動に使用します。

 

・物資支援
・医療支援
・その他被災地のニーズに応じた支援
・次の災害への準備
・支援に伴う事務局運営費

 

※本プロジェクトは、期日までに集まった寄付総額に応じて、実行内容の規模を決定します。

※現地の状況によって活動内容が追加・変更となる可能性があります。
※ピースウィンズ・ジャパン寄付金など取扱規程は下記をご参照ください。

https://peace-winds.org/wp-content/themes/pwj2023/assets/pdf/A13kihukin_20210319.pdf

 

 

税制上の優遇措置について 

 

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンは広島県により認定された「認定NPO法人」です。ピースウィンズ・ジャパンへの寄付は、寄付金控除の対象となります。寄付をされた方には、後日「寄付金受領証明書(領収書)」を送付致します。

  • 寄付金受領証明書(領収書)名義:ご寄付時に記載いただく「ギフトお届け先」を宛名として作成します。
  • 寄付金受領証明書(領収書)発送先:ご寄付時に記載いただく「ギフトお届け先」にお送りします。
  • 寄付の受領日(領収日):READYFORからピースウィンズ・ジャパンに入金された日となります。(2024年10月10日予定)
  • 寄付金受領証明書(領収書)の発送:2024年11月以降を予定しております。

※控除額等の兼ね合いから「1,000円コース」への寄付金受領証明証をギフトとして設定しておりませんが、ご希望される場合には、別途メッセージ機能等でピースウィンズ・ジャパン事務局へお知らせください。

※ピースウィンズ・ジャパンへの寄付金など取扱規程は下記をご参照ください。

 

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン寄付金等取扱規程(PDF)

 

■控除額の計算方法(個人)

※税額控除または所得控除どちらか有利な方を選択できます。

 

◎税額控除(寄付金特別控除)の場合

(寄付金合計額 – 2,000円)× 40%

「(寄付金合計額-2千円)×40%」が税額から控除できます。ただし、所得税額の25%が限度となります。

 

◎所得控除(寄付金控除)の場合

(寄付金合計額 – 2,000円)× 所得税率

「寄付金合計額-2千円」が所得から控除できます。ただし、年間の総所得金額の40%に相当する額が限度となります。また、所得税率は年間の所得金額に応じて異なります。

 

【例】年間30,000円を寄付(広島県の方が、税額控除を選択した場合。広島市以外の場合)

所得税(30,000円 – 2,000円)× 40% = 11,200円

県民税(30,000円 – 2,000円)× 4%(※) = 1,120円

 合計 12,320円の控除

 

※広島市内にお住いの方の場合は4%ではなく2%になります(→広島県の県民税のページ参照)。また、控除には限度額がありますので、実際の税額はケースにより異なります

 

詳しくは内閣府のNPOホームページ広島県のNPO法人情報サイトなどをご覧ください。

 

 

ピースウィンズ・ジャパンについて 

 

日本に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人々を支援する国際協力(Non-Governmental Organization = 非政府組織)です。

 

日本に本部を置き、これまでに世界37の国と地域で約160万人の人々を支援してきました。日本国内での社会問題の解決を目的とした活動にも力を入れています。医療を軸とした災害緊急支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"」を運営し、国内外の災害被災地で支援活動を行っています。

ピースウィンズ・ジャパンのビジョン

人びとが紛争や貧困などの脅威にさらされることなく、希望に満ち、尊厳を持って生きる世界をめざします。

 

ピースウィンズ・ジャパンのミッション

紛争や自然災害などにより、生命が脅かされている人びとに対し、迅速に緊急人道支援を行います。

社会的基盤の崩壊などにより、困窮している人びとに対し、自立のための復興・開発支援を行います。

支援地での活動を通じ、紛争の予防および解決に取り組みます。

支援の必要性に対する情報を発信し、市民の関心を喚起します。

援助システムをより効果的にするための提言を行い、その改善に取り組みます。   

 

これまでの活動実績については、Webサイトからご覧ください。

 

 

プロジェクトに関する留意事項

 

●ご寄付確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。

●ご寄付完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

●寄付金受領証明書(領収書)の名義・発送先は、原則としてご寄付時に入力したお届け先の宛名と住所となります。 

●なお、ご寄付後に上記情報を変更することはできず、アカウント情報を変更した場合でも、ご寄付時に入力したお届け先の宛名と住所は変更されません(個別にご連絡いただかない限り、原則としてご寄付時に入力いただいた宛名と住所に寄付金受領証明書(領収書)をお送りさせていただくことになります)のでご注意ください。 

プロジェクト実行責任者:
大西健丞(ピースウィンズ・ジャパン)
プロジェクト実施完了日:
2024年11月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

いただいたご寄付は、ウクライナ緊急支援活動に充てさせていただきます。 想定される使途:被害を受けた方への緊急支援、食料支援・緊急物資支援、その他現地のニーズに応じた支援、支援に伴う事務局運営費

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/ukraine-hospital?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

「必要な人々に、必要な支援を」 ピース ウィンズ・ジャパンはこの合言葉のもと、国内外を問わず、あらゆる社会問題に取り組んでいます。 ピースウィンズは、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する日本発のNGO(非政府組織)で、大西健丞により1996年に設立され、これまでに世界39カ国で活動してきました。 緊急災害支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団」の運営や地域活性化、犬や猫の殺処分ゼロを目指す動物保護活動「ピースワンコ・ジャパン」など、社会課題の最前線で解決に全力を尽くすソーシャルプラットフォームとして挑戦を続けています。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/ukraine-hospital?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

ギフト

1,000+システム利用料


alt

1,000円コース

・御礼のメール

寄付者
61人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

3,000+システム利用料


alt

3,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
63人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

5,000+システム利用料


alt

5,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
84人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

10,000+システム利用料


alt

10,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
124人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

30,000+システム利用料


alt

30,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
19人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

50,000+システム利用料


alt

50,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

100,000+システム利用料


alt

100,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

300,000+システム利用料


alt

300,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

500,000+システム利用料


alt

500,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

1,000,000+システム利用料


alt

1,000,000円コース

・御礼のメール
・寄付金受領証明証(領収書)(希望者のみ)

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年11月

プロフィール

「必要な人々に、必要な支援を」 ピース ウィンズ・ジャパンはこの合言葉のもと、国内外を問わず、あらゆる社会問題に取り組んでいます。 ピースウィンズは、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する日本発のNGO(非政府組織)で、大西健丞により1996年に設立され、これまでに世界39カ国で活動してきました。 緊急災害支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団」の運営や地域活性化、犬や猫の殺処分ゼロを目指す動物保護活動「ピースワンコ・ジャパン」など、社会課題の最前線で解決に全力を尽くすソーシャルプラットフォームとして挑戦を続けています。

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る