プロジェクト概要

障がいのある方が家族と一緒にアウトドアを楽しめる場を作りたい!

 

初めまして加々美昌明と申します。 私達は、大自然を障がいがあるなしに関わらず、楽しんでいただくための環境整備活動をしています。決してバリアフリーを求めるのではなくその状況、環境に合わせた道具を使い、ちょっとした心と人間の手によってその障がい(バリア)を乗り超えるお手伝いをしたいと思っております。

 

具体的には、障がいのある方がスポーツをできる道具を購入し、白馬の大自然で障がいのあるなしに関わらず、またご高齢の方でも楽しむことができる場をつくりたいと思っています。その第一弾としてアウトドア用車椅子『ヒッポキャンプ』(これ以降、ヒッポ)を購入したいです。

 

しかし障がい者用のアウトドア用品は高額で私の自己資金で賄うことができません。どうか皆さまお力を貸していただけないでしょうか?応援よろしくお願いいたします。

 

障がいのある方に笑顔と感動を届けたい!

 

去年の夏、障がいのある方と一緒にスキーができる『デュアルスキー』の映像を見ました。ものすごいスピードで雄大な景色の中を滑走するシーンと「障がいがある方がそのご家族、ご友人と一緒にその時間、感動を共有できるようにしたい」という言葉がとても印象的で心に残りました。

 

また昔スキーを教えていた頃、障がい者の方にチェアスキーでお手伝いをしたことがあります。ただ上から下に降りるだけなのに喜ぶ笑顔が未だに忘れられません。あの笑顔に再び会えたらと願い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

 

白馬で高齢者や障がいのある方が家族と一緒に楽しめるアウトドアツアーを開催します

 

今回多くの方に体験していただけるアウトドアツアーを白馬で7月に開催します。

 

開催内容は青木湖湖畔のキャンプ場をベースにキャンプ体験を考えております。1泊2日。宿泊施設もあります。プチキャンプ体験はいかがですか。

 

7月下旬にはホタルが湖に現れます。カヌーに乗って鑑賞することができます。

 

大きな欅の木でツリークライミングも出来ます。

 

天気が良ければヒッポに乗って湖で泳ぐことができます。このアウトドア用車椅子は水に浮くので安心です。

 

白馬三山が目の前に見える展望台があります。家族と一緒にハイキングしてみませんか。八方北尾根で開催したいと思います。

 

全てを購入できなくてもレンタルして開催いたします。白馬バレー全体で心を込めてお迎えいたします。小さな子供もおじいちゃん、おばあちゃん皆さんで楽しんでいただけるフェスを開催したいと思います。

 

そしてその第一弾としてヒッポを購入したいと思います。今後継続してこのような場を提供するためには道具を購入する必要があります。

 

この道具があれば障害者の方でも山岳リゾート白馬を楽しんでもらえます。また障がいのある方だけではなくご高齢な方にもお孫さんと一緒に楽しんでもらうことができます。そんなお手伝いをしたい。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

 

誰もが楽しめる山岳リゾートの実現

 

白馬エリアのウィンターシーズンはスキーとスノーシューツアー 、夏のグリーンシーズンはヒッポでツリークライム、パラグライダー、キャンプ、カヌーや綺麗な湖で泳ぐこともできます。限界はありません。ご高齢な方にもハイキングやトレッキングもお孫さんと一緒に楽しむことができます。

 

バリアフリーを求めるのではなくこれらの道具と私たちの技術と心があれば安全にアウトドアを楽しむことができるのです。

 

今まで障がいがあるとできないと思われていたものができるようになるのです。これらの道具があれば障がいのある子供達や家族に楽しんでいただけると信じています。

当委員会は白馬バレー(小谷、白馬、大町)全体が誰でもお迎えできるハートフルな環境になるように努力して参ります。どうぞご支援よろしくお願いいたします。

 

 

アウトドア用車椅子(ヒッポキャンプ)について

 

普通の車いすでは砂利道や林道を行くのは非常に大変です。アウトドア用車いす(Hippocamp)を使えば非常に取り回しが簡単です。障害者やご高齢の方も乗るのも負荷が少なく、押すのも負荷が少なくなります。

 

また水陸両用で水に浮きますので、キャンプで使いながら湖でカヌーに乗ったり、ラフティングにも使用できます。非常に軽いのでパラグライダーやツリークライミングも出来ます。アウトドア用車椅子を使って色々なことにチャレンジしてもらえます。