READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

    あなたの私の海水浴場を松島湾の離島桂島に作ろう!「マイビーチ鬼ヶ浜」プロジェクト

    三浦 勝治

    三浦 勝治

    あなたの私の海水浴場を松島湾の離島桂島に作ろう!「マイビーチ鬼ヶ浜」プロジェクト
    支援総額
    885,000

    目標 3,000,000円

    支援者
    74人
    残り
    終了しました
    募集は終了しました
    6お気に入り登録6人がお気に入りしています

      6お気に入り登録6人がお気に入りしています
      2013年06月20日 18:07

      「鬼ヶ浜の1日オーナー券」

      先日、私にメールが届いた。先ずはそのまま公開します。

      =================================

      鬼が浜で海水浴場を開くための活動で頑張っておられるようで
      私も、早く海水浴場が再開できればと思っています。

      一つ気になることがあるのですが、三浦さんは、
      「鬼ヶ浜の1日オーナー券」というものを出して、
      「鬼が浜を独り占めできます」、とPRしています。
       鬼が浜は、共有の海岸で、だれかにお金を払って
      所有権を与えるということはできないと思います。
      海岸の使用料や、オーナー制度などでお金をとるのは
      三浦さんの個人所有の海岸だとできると思いますが、
      鬼が浜では無理ではないでしょうか?違法商法だと
      思います。
       もし、一日オーナー券をもっておられる方が鬼が浜に
      いて、他の方が鬼が浜に入られた場合、排除する権利は
      ないと思います。また、オーナー券をもっておられる
      方が、そのことを知らないで、苦情が出た場合どうされ
      るのでしょうか?
       もし海水浴場を再開されるのでしたら、島に来られた方
      が自由に自己責任で泳いでいただくということになると思
      いますが、いかがでしょうか?

      =================================

      このように、ある方からご指摘を受けました。現時点では肩書き、お名前は伏せさせて頂きます。

      ご指摘の通り鬼ヶ浜は私個人のものではないので自己責任に於いて誰が使おうと誰が海水浴をしようと良い場所です。

      確かにクラウドファンディング「Readyfor」に「鬼ヶ浜の1日オーナー券」と記しては有ります。

      「鬼が浜を一人占めできます」とも書いてありますが、他の人を排除するつもり等毛頭ありません。

      しかし、それが違法商法だと言われれば誤解を生む表現だったかも知れない。

      誤解を招く表現は直ちに訂正したいと思います。ご購入頂いた方にも内容、事情を説明しました。

      でも、なんとか海水浴場にしたい一念から考えた策です。それ以上の何物でもありません。

      と言う訳でクラウドファンディング「Readyfor」の「鬼ヶ浜の1日オーナー券」の表記を変更しました。

      一覧に戻る

      リターン

      3,000

      ◆ふるさと島民登録証
      ※桂島に「帰省」すると体験を取り入れたグリーンツーリズムが体験していただけます。また、島を訪れていただいた際には、感謝の気持ちを込めて精一杯のおもてなしをさせていただきます。

      支援者
      33人
      在庫数
      制限なし

      10,000

      ◆ふるさと島民登録証
      ◆桂島産「しお海苔」1箱(5袋入)

      支援者
      36人
      在庫数
      制限なし

      50,000

      ◆ふるさと島民登録証
      ◆桂島産「しお海苔」1箱(5袋入)
      ◆帰省ペア宿泊券
      ※桂島に1泊2日(3食付き)の帰省ができます。

      支援者
      3人
      在庫数
      制限なし

      100,000

      ◆ふるさと島民登録証
      ◆帰省ペア宿泊券
      ◆桂島産「しお海苔」1箱(5袋入)
      ◆鬼ヶ浜ビーチ1日オーナー券
      ※海水浴期間以外でご利用いただけます。
      ※「貸切」にはなりませんので、ご了承ください。

      支援者
      2人
      在庫数
      制限なし

      プロジェクトの相談をする