プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

一人でも多くの受験生を笑顔にしたい!
2020年の大学受験英語大変革に困る受験生へ新たな教材を!

 

皆さんはご存知でしたでしょうか?

2020年大学受験変革は受験生(現在中学2年生)にとって大変革の年となります。英語が話せるかどうかが受験の合否に大きな影響を与えます。
 
そこで、我々は一人でも多くの受験生を笑顔にすべく
 「2020年大学受験英語対策に特化した、新たな英語教材」
 を作成し、広く無料で提供します!

 

 

 Value English 学長の堀場 英雄と、本プロジェクト責任者杉村 康宏と申します。

 Value Englishはこれまで「英語の試験対策で困っている方の為の学校」として、真の国際人を育成する為、試験対策専門のオンライン英会話学校を設立しました。

 こんなレッスンがあったらいいな、というご要望の中で質の高い学びを出来る限り抑えた金額で提供してまいりました。

特に英検1級2次試験対策は高い評価をいただいており、試験に合格できた!という声も多数いただいています。 

 

 その学長の志と行動に共感し、本プロジェクトの協力者として参加しました

 

 

 

2020年、大学入試の大変革 その具体的な内容とは?

 

 

2020年における大学入試変革において、これまでのセンター試験に変わり

「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」となる予定です。


対象は、現在「中学校2年生:115万人」からが対象となります。
現在小学1年生まで合わせると「972万人」。

お子様がいらっしゃるご家庭では他人事ではありません。

 

出所;総務省統計局;人口統計データ

 

 

2020年、大学入試「英語」の大変革 その具体的な内容と課題とは?


 大学入学希望者学力評価テストについて、大きな変更点としては以下の通りです。

 

「教科型」に加え「合教科・科目型」「総合型」

取り入れることとしています。
 

その目的は「従来型の学力」「知識中心の学力」だけでなく、

「思考力」「判断力」「表現力」を総合的に評価する方法へ

と変えることを目的としています。

 

 

 その中でも、大学入試英語は大変革、となります。

それは「4技能」を重視する、というものです。


「4技能」とはこれまでの「読む(reading)」「書く(writing)」

が中心だった学習を、「聞く(Listening)」「話す(speaking)」

といったコミュニケーションも重視した統合型にシフトするという方針です。

 

 そのため、これまでのペーパーテストのための勉強手法ではなく

4技能をバランスよく身に付けることが必要となります。

 

しかし、この4技能を教えるに必要な人材、

つまり「先生が圧倒的に不足」しているのです。

 

 


 文部科学省は「英語教員に求められる英語力の目標」として

英検準1級程度又はTOEFL iBT80点程度以上等を掲げておりますが

公立学校の英語担当教員についてその英語力を保持している教員は

全国平均、『中学校で28%高等学校で53%』となっているのです。

 

つまり、大学受験のために4技能を教える先生が足りないのです!

 

そこで我々はこの課題を解決するために

2020年大学入試の英語に特化した英語教材 】

 

を提供することで解決をしてまいります。

 

しかし、もう一つ課題が・・・

 

2020年、大学入試「英語」のさらなる課題とは・・・
日本人、としての課題が!?

 

 もう一つの課題は「話す(Speaking)」の出題です。


大学入試では出題に対して「1分程度で英語でロジカルに回答する」

ことを求められます。具体的には、質問に対して

 

「私はこう思います。なぜならば・・・」といった形で。

 

 これは日本人の言語体系にはなく、英語習得における大きな課題でもあります。

 

 

 言語学的英語と日本語を分類すると、英語は「ヘッド・イニシャル」

日本語は「ヘッド・ファイナル」と言われる言語体形に分類されます。


 つまり、英語は結論/主張が最初に来て、その後にその主張の論拠を解説し、

最後にその論拠のベースとなるデータ/情報を説明する。

 

対して日本語は、冒頭で状況説明をし、次に論拠を説明し最後に結論に至ります。

 

 そのため課題としては、この「ヘッド・イニシャル」の体形を

しっかり英語を聞くことで学ぶことが必要となります。

 

今回「受験生の方々」へ提供させていただく教材

ここが我々の『最大の強み』です!

 

我々は現在2020年に導入されるであろう、Speaking試験の元型と思われる

「TEAP試験」をベースに2020年大学入試に特化した英語教材 を提供します。

 

 

教材の主な特徴としては2つ。

 

1つ目は、「Listening」のためにネイティブ発音で作成した音声スクリプト。

 

2つ目は、ヘッドイニシャルをはじめとする英語の体系で作成された模範解答。

 

この2つを繰り返し学ぶことで入試で求められる「文章構築能力」

つまり「Speakingの型」を学ぶことができます。

 

 

  (英検1級・TOEIC980点レベルの学長が監修したロジカルな模範解答と

模範回答の音声スクリプトをセットで提供します。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【  英検1級用に作成したサンプル 】

クリックしてサンプルを確認できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「Speaking」を学ぶ際に最も必要なことは

良質な「型」を繰り返し練習することです。

 

  この教材を25問作成し【 無料 】で提供します。

 

 

こちらの教材を活用し学ぶことで、一人でも多くの受験の方が

「笑顔」になっていただければと思っております。

 

 

また、我々は最終的にこんな未来を思い描いています。

 

大学入試が変われば、英語教育が変わる。
英語教育が変われば、教育者が変わる。
教育者が変われば、生徒が変わる。
生徒が変われば、日本が変わる。

 

 

そのためにも、今回は先ず「英語教育が抱える現実を多くの人に認知いただく」

ために立ち上がりました。

 最終的に「日本が変わる」まで進むためには引き続き、幾つかの「Step」を重ねていく予定です。皆様にはぜひ、最初の「Step;1」をご支援を頂き、日本が変わる第一歩のご協力をお願いできればと思います。

 

 我々はこれだけでは終わりません。次には「Step;2」への活動も考えております。ITや海外の人材を活用し、日本の英語教育を変えて見せます!

 ぜひ皆様のお力添えをよろしくお願いします!


最新の新着情報