オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 9枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 2枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 3枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 4枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 5枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 6枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 7枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 8枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 9枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 2枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 3枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 4枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 5枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 6枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 7枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 8枚目
オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を! プロジェクト 9枚目

支援総額

4,759,000

目標金額 4,300,000円

支援者
147人
募集終了日
2024年2月14日

    https://readyfor.jp/projects/wadaikosyu-shin?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

 

和太鼓、それは私に『生き甲斐』を与えてくれた大切な楽器です。

 

和太鼓衆SHIN代表 塩崎智由

 

言葉で伝えるのが苦手な私にとって和太鼓で自身を表現し伝え、

喜んでいただけたことは、私の人生に大きな意味を与えてくれました。

 

いじめられた子をかばっては、自分もいじめられる学生時代を過ごし、

習い事も二週間と続かない、自尊心が低く楽しいことが見つけらない、私はそんな子でした。

 

 その私を変えてくれたのが、和太鼓 。

 

 

誰でも音が鳴らせる和太鼓は、私の性格にあっていたのでしょう。

生き甲斐になったきっかけは、私の演奏でお客様が喜んでくれたときです。

 

難病を患い、意識障がいになってしまった方が、演奏を聞いて涙を流したこと。

その姿を見て付き添いの方が、泣いて喜ばれたこと。

『この演奏を楽しみに頑張って生きる』というお言葉をいただけたこと。

職に就かず遊び明け暮れていた若者が、自身を見つめ直し、社会復帰したこと。

演奏で喜んで下さり、数多くの方の人生に影響を与えられたこと。

 

 そのことから私は、和太鼓に、無限の エネルギー と 可能性 を感じました。

 

 

私を成長させてくれたこの経験は、

きっと誰かの人生にも影響をもたらすことができると思います。

 

だからこそ和太鼓という伝統文化を継承し、広く伝えることを決意しました。

 

そして、感動は国境を超えると信じているからこそ、私たちは 海外への挑戦 を決めました。

 

 

 

自己紹介

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。和太鼓衆SHINです。

 

私たちは日本の伝統楽器「和太鼓・篠笛・尺八」と電子楽器「エレクトーン」を融合させたオリジナルの楽曲と和太鼓パフォーマンスで、和太鼓衆SHINならではの世界観を表現し、演奏活動をしている愛知県のプロ団体です。

 

日本の伝統文化を次世代に繋ぐ活動も大切にしており、和太鼓・篠笛教室「巴」の主宰・講師を務め、日頃から子どもたちに伝える活動をしています。


※講師:塩崎智由、永田香織

 

この度私たちは、[和楽器の魅力を世界へ!]という挑戦が、子どもたちの一歩前へ踏み出すきっかけになることを信じて【オーストラリアへの挑戦で子どもたちに夢と希望を!】プロジェクトを立ち上げました。

 

【YouTube】和太鼓衆SHIN & 和太鼓・篠笛教室 巴 紹介動画

 

 

 

和太鼓衆SHIN  海外へ挑戦!挑む背中で子供たちに希望を

 

今回のプロジェクトでは、以下の内容を実施してまいります。

 

実施日程:2024年2月22日〜3月13日

実施場所:オーストラリア(シドニー,メルボルン)

 

実施内容

・ビクトリア州コリングウッド地区の教会にてワークショップと演奏会 

・路上パフォーマンス(シドニー)

・3月8日〜11日開催のムンバフェスティバル出演(メルボルン)

※メルボルン最大級の祭り

 

その他

イベント出演、ライブ演奏、学校公演,和太鼓・エレクトーン体験、ワークショップ を計画中。

 

ご支援金の使途

皆様からいただいたご支援は、プロジェクト実施費用合計540万円のうち、現地での生活費や記録用の機材購入・レンタル費、準備諸経費等を除く、以下の項目430万円に充てさせていただきます。

 

・渡航費・楽器音響機材輸送費 165万

・楽器・音響機材レンタル、現地機材運搬費 117万

(楽器・音響機材レンタル代、レンタカー代、移動費)

・現地での演奏活動に必要な申請料・諸経費 20万

(ビザ発行手数料、バスキング・イベント出演諸経費)

・宿泊費 42万

(シドニー・メルボルン /5人 19日間)

・広告・宣伝費 6万

・クラウドファンディング手数料・リターン送付費 80万

 

※今回のクラウドファンディングでは、上記実施のための資金を集めさせていただきます。

※感染症の蔓延,天災等、やむを得ない事情により、実施が困難となった場合、延期いたします。また、中止せざるを得ない場合は返金とさせていただきます。

 

 

“挑戦”

 

私たちは、日本の伝統楽器の魅力を国内外へ発信し、挑戦し続ける背中を見せることで、未来に羽ばたく子どもたちの夢や希望になればと願い、活動しています。

 

SHINのスタイルは、それぞれが輝き合うよう試行錯誤して創り上げた楽曲と、代表塩崎から生み出される独自の和太鼓パフォーマンスが特徴で、各奏者は「伝える」を強く意識し、魂をこめた演奏を繰り広げています。情熱的かつ情緒的なメッセージを発信するSHINの音楽は、観る者の心を突き動かすほどのエネルギーで満ち溢れています。

 

そんな私たちの演奏で、世界各国の人々の心をつかむことができるのか、現地で生の反応を感じたい。そして、現地の方々に実際に楽器に触れてもらい、和楽器の本物の音や各楽器の楽しさを肌で感じていただきたいと思っています!

 

【YouTube】子どもたちのために

 

 

 

子どもたちへ伝えていく

 

上記プロジェクト終了後、地元愛知県の小中学校を中心に、子どもたちに向けたオーストラリアでの活動報告講演や演奏会を実施することや、広く一般に向けたオーストラリアでの活動報告LIVEの実施も計画しております。

 

 

” 伝える ”

 

ー 教育現場での活動を通して ー

子どもの成長に必要な少しだけ高い『壁』。「できたらいいな」と思う半面、はじめの一歩が出にくい子やそもそも夢や目標が見つけられていない子、また“憧れ”を原動力に立ち向ってはみるものの一度の失敗で次の挑戦が遠のく子など、壁の手前で立ち止まっている子が増えているように感じる、とお話を伺うことがあります。

 

しかし、私たちは巴教室での活動を通じて、『子どもたちの無限の可能性』を目の当たりにしてきました。だからこそ今回の挑戦を“伝えたい”。

 

【一歩を踏み出す勇気】や【挑戦を楽しむ心】の種を子どもたちに広くたくさん届け、個性豊かな極彩色の花が咲き、笑顔であふれる豊かな人生に繋がることを心から願っています。

 

 

 

和太鼓衆SHINメンバーからみなさまへ

 

 

◉塩崎 智由 -Shiozaki Tomoyoshi-(和太鼓衆SHIN代表:和太鼓・篠笛・尺八/巴講師)

和太鼓と出会い35年、太鼓打ち続けて30年。数えきれない『困難』にぶつかりました。同じぐらいの素晴らしい出会いや経験もしてきました。この経験を全て出し切り未来ある次世代の子ども達に教育として繋げて行きたい!そして国外へ飛びさらに自分を磨き経験を積み教育の幅を広げたい。『うまくいくことばかりじゃない、うまくいかない方が面白いじゃないか』挑戦し続ける背中を見せます!

 

 

◉永田 香織 -Nagata Kaori-(和太鼓・篠笛/巴講師)

巴教室の生徒と触れ合う中で、「学校では上手く馴染めなかったけど、巴という居場所が出来て嬉しい!」「挑戦できる自分になれて楽しい!」など、巴という教育メゾットの中で、和太鼓を通してピカピカに輝いていく子ども達の姿をたくさん見てきました。挑戦をし続ける事が、子ども達の夢・希望になる事を信じて、今回のプロジェクトも全力で駆け抜けたいと思います!

 

 

◉太田 英美 -Ota Emi-(エレクトーン)

言葉の壁はあるけれど、音楽に国境は関係ない!「和太鼓・篠笛・尺八」と「エレクトーン」の融合とその可能性を沢山の方に知ってもらいたい!聴いてもらいたい!肌で感じてもらいたい!そんな思いで、今回私たち和太鼓衆SHINの可能性を挑戦したいと思っています。そしてその経験を次世代へと繋げていきたいです。私たちの音楽で多くの方に笑顔と勇気、希望を与えられるよう。

 

 

◉野村 真由 -Nomura Mayuki-(和太鼓)

昔の私と同じように、大きな夢や目標にまだ出会えていない子供は溢れるほどいると感じます。そのため、このオーストラリアでの“挑戦”を子供たちに伝えていき、彼らの全力になれる“何か”を見つけるきっかけとなって欲しいと考えています。どんな壁にぶつかったとしても!私が初めて和太鼓に出会った時の衝撃と迫力を、心揺さぶる感動を!!国境を越えて世界へ伝えたい!!!

 

 

◉関 拓馬 -Seki Takuma-(和太鼓)

和太鼓と出会い感じてきた感情を、環境や言語も違う人達に演奏を通じてどれだけ伝えることが出来るのか挑戦したいです!その中で新しい刺激を受け感じることで私自信成長出来ると思います。その経験を次世代を担っていく子達に伝えていくこと、そして挑戦心を持って物事に取り組む事の大切さを、今回の経験を活かし更に強く伝えて行きます。

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
塩崎智由(和太鼓衆SHIN)
プロジェクト実施完了日:
2024年3月13日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

私たち和太鼓衆SHINは、オーストラリアで『和楽器×エレクトーン』というSHIN独自のスタイルで日本の音色やパフォーマンスを届けます。また、楽器に直接触れてもらい、生の音や各楽器の楽しさを肌で感じていただきます。皆様からいただいたご支援は、プロジェクト実施費用合計540万円のうち、現地での生活費や記録用の機材購入・レンタル費、準備諸経費等を除く、以下の項目430万円に充てさせていただきます。渡航費・楽器音響機材輸送費165万,楽器・音響機材レンタル、現地機材運搬費117万(楽器・音響機材レンタル代、レンタカー代、移動費),現地での演奏活動に必要な申請料・諸経費20万(ビザ発行手数料、バスキング・イベント出演諸経費),宿泊費42万(シドニー・メルボルン /5人 19日間),広告・宣伝費6万,クラウドファンディング手数料・リターン送付費80万

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補填いたします。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/wadaikosyu-shin?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

愛知県を拠点に活動する、日本の伝統楽器「和太鼓・篠笛・尺ハ」と電子楽器「エレクトーン」を融合させたパフォーマンス集団です。 SHINのスタイルは、それぞれが輝き合うように試行錯誤して創り上げた楽曲と、代表塩崎から生み出される独自の和太鼓パフォーマンスが特徴で、各奏者は「伝える」を強く意識し魂のこもった音楽を奏でています。 情熱的かつ情緒的なSHINの音楽は観る者の心を突き動かすほどのエネルギーで満ち溢れ、新しい和のアートとして、子どもから大人、そして国内外へ和楽器とエレクトーンの魅力を発信しています。 また、「子どもたちに元気・夢・希望を」という理念のもと、障がい地者も共に活動する和太鼓・篠笛教室【巴】を2000年に発足。 和太鼓を通じたプログラムの中で「相互理解と助け合いの心、また自己肯定感からの挑戦心」を育み、後進育成にも力を入れています。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/wadaikosyu-shin?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

リターン

3,000+システム利用料


Thanksカード

Thanksカード

■Thanksカード
〜オーストラリアでの活動報告動画QRコード付き〜

支援者さまへ感謝の気持ちを込めて、オーストラリアでの活動写真付きポストカードにお礼のメッセージと全メンバーのサイン、オーストラリアでの活動報告動画を視聴できる【QRコード】を添えて送らせていただきます♪

支援者
65人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年5月

10,000+システム利用料


CD『BLUE』

CD『BLUE』

■和太鼓衆SHIN初のアルバム『BLUE』
2023年1月に開催されたコンサート【BlueSoul-金青の未陸-】でリリース!SHINサウンドをぜひ体感してください!

■Thanksカード
〜オーストラリアでの活動報告動画QRコード付き〜

支援者さまへ感謝の気持ちを込めて、オーストラリアでの活動写真付きポストカードにお礼のメッセージと全メンバーのサイン、オーストラリアでの活動報告動画を視聴できる【QRコード】を添えて送らせていただきます♪

支援者
51人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年5月

30,000+システム利用料


活動報告LIVEチケット

活動報告LIVEチケット

■活動報告LIVEペアチケット
オーストラリアでの活動報告と、本プロジェクトにて“進化”した和太鼓衆SHINのミニLIVEを開催! 一口につき2名様分の【ご招待券】を送らせていただきます。

【開催概要】
2024年5月3日(祝・金)
知立市文化会館パティオ池鯉鮒 花しょうぶホール
愛知県知立市上重原町間瀬口116

※詳細は2024年3月中にメール又は郵送にてご案内いたします。
※観客定員数は、支援者様を含めた会場の収容人数となります。

■Thanksカード
〜オーストラリアでの活動報告動画QRコード付き〜

支援者さまへ感謝の気持ちを込めて、オーストラリアでの活動写真付きポストカードにお礼のメッセージと全メンバーのサイン、オーストラリアでの活動報告動画を視聴できる【QRコード】を添えて送らせていただきます♪

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年5月

30,000+システム利用料


SHINオリジナルグッズ3点セット

SHINオリジナルグッズ3点セット

■和太鼓衆SHINのオリジナルグッズ3種から各1点ずつ
・CD『BLUE』
・ロゴ入り ステッカー&キーホルダー
・コンサート【BlueSoul-金青の未陸-】オリジナルTシャツ

※色とサイズ(白・紺/S~XL)は、リターン選択後にお選び頂けます。

■Thanksカード
〜オーストラリアでの活動報告動画QRコード付き〜

支援者さまへ感謝の気持ちを込めて、オーストラリアでの活動写真付きポストカードにお礼のメッセージと全メンバーのサイン、オーストラリアでの活動報告動画を視聴できる【QRコード】を添えて送らせていただきます♪

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年5月

50,000+システム利用料


協賛として応援【A】

協賛として応援【A】

■協賛としてお名前やロゴの掲載
・和太鼓衆SHIN公式のHP、LINE、インスタグラム
・帰国後の本プロジェクトに関わる活動の中で配布するチラシやパンフレット(活動例:活動報告ライブなど)

にて、お名前や企業・団体様のロゴを掲載させていただきます。

※ご希望でない方は「不要」とお答えください。
※コース【A】~【C】で掲載サイズが異なります。

■Thanksカード
〜オーストラリアでの活動報告動画QRコード付き〜

支援者さまへ感謝の気持ちを込めて、オーストラリアでの活動写真付きポストカードにお礼のメッセージと全メンバーのサイン、オーストラリアでの活動報告動画を視聴できる【QRコード】を添えて送らせていただきます♪

支援者
12人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年5月

100,000+システム利用料


ワークショップ

ワークショップ

■Thanksカード
■お名前やロゴの掲載(掲載なしも選択できます)
※詳細は各リターンの説明欄にてご確認ください。

■和太鼓衆SHIN独自のワークショップ
・和太鼓やエレクトーンに触れていただき、SHINらしい和太鼓パフォーマンスを取り入れたオリジナルワークショップをお届けします♪
・企業様や各種団体様でのイベント・催し物等に取り入れて頂くかたちも大歓迎です!

※和太鼓衆SHIN3~5名の予定です。
※日程や詳細はメールまたはお電話にてご相談させてください。
※写真はワークショップ開催の一例です。

《実施場所・会場について》
・ご希望がございましたらご相談ください。
(但し、音量制限やスペースなどの状況により実施できない場所・会場もございます。)
・お困りの場合は名古屋市や三河地区周辺でご紹介させて頂くことも可能です。
・会場費や音響費、交通費、宿泊費などワークショップ実施にかかる費用は別途ご負担いただく場合がございます。

※有効期限/2026年1月末
※期限内の開催が困難な場合はご相談ください。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2026年1月

100,000+システム利用料


協賛として応援【B】

協賛として応援【B】

■協賛としてお名前やロゴの掲載
・和太鼓衆SHIN公式のHP、LINE、インスタグラム
・帰国後の本プロジェクトに関わる活動の中で配布するチラシやパンフレット(活動例:活動報告ライブなど)

にて、お名前や企業・団体様のロゴを掲載させていただきます。

※ご希望でない方は「不要」とお答えください。
※コース【A】~【C】で掲載サイズが異なります。

■Thanksカード
〜オーストラリアでの活動報告動画QRコード付き〜

支援者さまへ感謝の気持ちを込めて、オーストラリアでの活動写真付きポストカードにお礼のメッセージと全メンバーのサイン、オーストラリアでの活動報告動画を視聴できる【QRコード】を添えて送らせていただきます♪

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年5月

300,000+システム利用料


演奏&ワークショップ

演奏&ワークショップ

■Thanksカード
■お名前やロゴの掲載(掲載なしも選択できます)
※詳細は各リターンの説明欄にてご確認ください。

■和太鼓衆SHIN演奏&ワークショップ
・SHINの演奏をお届けします♪(事前のリクエストにも出来る限りお応えします)
・和太鼓やエレクトーンに触れていただき、パフォーマンスなどを取り入れたワークショップをお届けします♪(自由選択制)
・企業様や各種団体様でのイベント・催し物等に取り入れて頂くかたちも大歓迎です!

※和太鼓衆SHIN3〜5名の予定です。
※日程や詳細は直接メール又はお電話にてご相談させてください。
※写真は野外イベントでの演奏の一例です。

《実施場所・会場について》
・ご希望がございましたらご相談ください。
(但し、音量制限やスペースなどの状況により実施できない場所・会場もございます。)
・お困りの場合は名古屋市や三河地区周辺でご紹介させて頂くことも可能です。
・会場費や音響費、交通費、宿泊費などLIVE開催にかかる費用は別途ご負担いただく場合がございます。

※有効期限/2026年1月末
※期限内の開催が困難な場合はご相談ください。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2026年1月

300,000+システム利用料


協賛として応援【C】

協賛として応援【C】

■協賛としてお名前やロゴの掲載
・和太鼓衆SHIN公式のHP、LINE、インスタグラム
・帰国後の本プロジェクトに関わる活動の中で配布するチラシやパンフレット(活動例:活動報告ライブなど)

 にて、お名前や企業・団体様のロゴを掲載させていただきます。

※ご希望でない方は「不要」とお答えください。
※コース【A】~【C】で掲載サイズが異なります。

■Thanksカード
〜オーストラリアでの活動報告動画QRコード付き〜

支援者さまへ感謝の気持ちを込めて、オーストラリアでの活動写真付きポストカードにお礼のメッセージと全メンバーのサイン、オーストラリアでの活動報告動画を視聴できる【QRコード】を添えて送らせていただきます♪

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年5月

500,000+システム利用料


和太鼓衆SHINプライベートLIVE

和太鼓衆SHINプライベートLIVE

■Thanksカード
■お名前やロゴの掲載(掲載なしも選択できます)
※詳細は各リターンの説明欄にてご確認ください。

■世界にひとつのプライベートLIVE
・支援者様ご希望の会場、内容等に出来る限りお応えし、その日限りのLIVE(60分前後)をお届けします♪
・ワークショップの追加やメンバーとの交流タイムなどもオーダーいただけます♪
・お客様の人数、対象者はご自由にご設定ください♪
・企業様や各種団体様でのパーティー・催し物等に取り入れて頂くかたちも大歓迎です!
※和太鼓衆SHIN3~5名の予定です。
※日程や詳細は直接メールまたはお電話にてご相談させてください。

《実施場所・会場について》
・ご希望がございましたらご相談ください。
(但し、音量制限やスペースなどの状況により実施できない場所・会場もございます。)
・お困りの場合は名古屋市や三河地区周辺でご紹介させて頂くことも可能です。
・会場費や音響費、交通費、宿泊費などLIVE開催にかかる費用は別途ご負担いただく場合がございます。

※有効期限/2026年1月末
※期限内の開催が困難な場合はご相談ください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2026年1月

プロフィール

愛知県を拠点に活動する、日本の伝統楽器「和太鼓・篠笛・尺ハ」と電子楽器「エレクトーン」を融合させたパフォーマンス集団です。 SHINのスタイルは、それぞれが輝き合うように試行錯誤して創り上げた楽曲と、代表塩崎から生み出される独自の和太鼓パフォーマンスが特徴で、各奏者は「伝える」を強く意識し魂のこもった音楽を奏でています。 情熱的かつ情緒的なSHINの音楽は観る者の心を突き動かすほどのエネルギーで満ち溢れ、新しい和のアートとして、子どもから大人、そして国内外へ和楽器とエレクトーンの魅力を発信しています。 また、「子どもたちに元気・夢・希望を」という理念のもと、障がい地者も共に活動する和太鼓・篠笛教室【巴】を2000年に発足。 和太鼓を通じたプログラムの中で「相互理解と助け合いの心、また自己肯定感からの挑戦心」を育み、後進育成にも力を入れています。

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る