プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

この夏休みに、将来の心のよりどころとなる、ふるさとの想い出を。

 

はじめまして、こんにちは。日坂由紀子です。これまで長崎市内で33年間幼児教室を主宰してきました。4年前から脳トレ教室を毎週土曜日に、大島町の真砂公民館で開室させていただいております。子どもが大好きでいつもどんな風にしたら子どもが健やかに育つのかを考えていろいろなことを実践してきました。
 

毎週通うごとに大島町は、共働き家庭が多くお昼をコンビニや友達の家に子ども同士集まって食べている子や、一人で家にこもってゲーム遊びをしている子どもが多いことを知りました。地元の学童保育は、児童数が多くなり3年生になると入れないお子さまがたくさんいるとのことでした。また、夏休みなると仕事を持つ保護者は子どもたちの居場所についていつも頭を悩ませています。

 

そこで、子どもたちに夏休み期間に安全な遊びの場とお昼ご飯を提供したいと考えました。その間、子どもたちが安心して遊べる場の提供と一緒に遊ぶときのまとめる係や、昼食を準備するスタッフ、また安心して参加できるように保険加入などの運営費でおよそ100万円不足しております。

 

皆さまのご支援で、この地域の子どもたちに長い夏休みの間安心して遊べる環境を整え、食事を取ることの大切さと、友達と遊ぶことの楽しさを教えていければと思っています。どうぞご協力よろしくお願いします。

 

企画者の日坂です。よろしくお願いします。

 

 

大島町の自然豊かな土地を子どもたちに感じてもらいたい。

 

仕事の関係で5年ほど前から西海市大島町へ行くようになりました。長崎市内では全くお目にかかれなくなった大きなカタツムリを見つけて以来、自然豊かな大島町が大好きになりました。そして自然豊かな大島町で育つ子供は「幸せだなあ。」と思っていました。

 

しかし数年通ううちに、一部の子どもたちは、そんな自然にあまり触れていないことを知りました。共働きで親が仕事に行っている間、学童保育に入れず一人でお昼ご飯を食べる子(孤食)や、友達と遊ぶことを好まず一人で家にこもってゲームをしている子どももいるようでした。

 

せっかく自然豊かな遊びの環境があるのに、もったいない。大人になって厳しい社会に出た時に心のよりどころになる優しいふるさとの想い出はあるのだろうか。こんな想いから、「この大島町の自然豊かな土地だからこそ、子どもをたくましくもっと地域に根ずく育て方があるはず!!」と考えるようになりました。

 

この夏の思い出を。

 

 

まずは、夏休み期間の限定開催!食事と遊びの場所を。

 

子どもが健やかに育つためには、安全で楽しく遊ぶ場所と美味しいご飯が必要です。

また、地域に根ざすためには、友だち同士の繋がりが大切だと思っています。そのため、自然の中で、小学校の上級生が下級生の面倒を見ることだったり、また、同学年同士で遊ぶことで、友たちとの繋がりを作る機会にしていきたいと思っています。

 

<山の教室>(予定)

開催期間:7月28日〜8月31日

開催内容:子どもたちへの食事会・自然を活かしたワークショップなど

参加人数:20人程度まで

開催場所:長崎県西海市大島地区

対象年齢:小学生以上

参加方法:別途ご連絡ください。1日からでも参加可能です。

参加費 :1日約300円。35日間で10500円。

※参加費が特別割引になるリターンもご用意しています。

 

※また小学生未満のお子さんは保護者の方同伴でよければご参加いただけます。

 

自ら経験できる場へ。

 

▼企画内容(案)楽しい1ヶ月にしていきます!!▼ 

企画1:オリエンテーション  おやつ探し

 

縦割りのグループを作り、いろんなヒントを解きながら時間内にポイントを見つけて歩きます。目的に合わせて見通しを立て、仲間と協力することの大切さ、時間を意識する力を養います。

 

企画2: 苗を植えよう

 

協力者さんの畑に野菜の苗を植えます。グループでお世話をする苗、個人でお世話をする苗を決めお世話をちゃんとすることの大切さを考え、自分たちもたくさんのお世話を受けて生かされている事に気づく機会にしていきます。

 

企画3: カレーを作ろう

 

自分たちで作った野菜を使ってカレーを作ります!食べ物が口に入るまでどれくらい手間がかかるのか、料理をすることがどれほど大変なことなのかを理解し、食べ物を粗末にしない、毎日の食事をあたえてくれる全てに感謝する気持ちを育てたいと思っています。

 

企画4: ドッチボールをしよう

 

みんなで遊ぶことの楽しさを知ろう体力差や体格差がありみんな自分と違うことを知ってもらいます。それぞれの得意なことを生かして作戦を立て、どうしたら優位にゲームができるか知恵を出し合う時間にします。

 

当たり前を改めて感謝できるように。

 

 

子ども同士が、遊びや食を共にしてお互いをよく知り連帯感が生まれる。

 

子ども同士が遊びや食を通じて連帯感をもってお互いに興味を持ちあえば、いじめや非行の数も減ると思います。今後のこの関係が大人になった時も続き、助け合いができる関係に成長してくれると思います。

 

また、このプロジェクトに参加した卒業生が来年ボランティアで遊びに来てくれるようになると、今は、町外からのボランティアに頼らざるを得ませんが、すこしずつ卒業生たちが自主的に運営に関わっていけるようにしたいと考えています。ぜひ温かいご支援をよろしくお願いします。

 

自然豊かな場所だからこそ遊び方はたくさん!

 

 

Readyforの支援だけで受け取れる子ども達からの満面の笑み

 

ご支援いただいた皆さんには、大島町の特産品をリターンとしてお届けします。また、子どもたちの満面の笑みポストカードや、子どもたちからのありがとうお手紙などもリターンとしてご用意しています。その他リターンとして「脳トレ教室わかばホームページ」でお名前を掲載させていただきます。

 


最新の新着情報