プロジェクト概要

第一目標達成のご報告とチャレンジ宣言

 

皆さまの温かいご支援により、

第一目標金額の20万円を達成することができました。

ご支援をしてくださった皆さま、本当にありがとうございます。

メンバー一同、心より感謝申し上げます。

第二回目のクラウドファンディング挑戦でしたが、

昨年同様、普段の仕事の傍ら、

広報やイベント準備に四苦八苦しながら取り組む日々でした。

ですが、こうして目標金額を達成でき、

皆さまへの感謝の気持ちとイベント成功に向けた更なる活力に満ち溢れています。

 

募集終了まで2日を残し、

私たちは本日、ネクストゴールに挑戦することを決めました。

第二目標金額は30万円です。

ここからいただくご支援は、使用する和傘の本数を更に増やし、

より一層、“和傘の華”を咲かすための費用に活用させていただきます。

「もっと見たい!もっと盛大なイベントにして欲しい!」との

皆さまのご声援に応えるべく、私たちも精一杯取り組んで参ります。

 

和ルミネーションは、8月1日(木)・2日(金)の夜に

大手町仲通りで開催します。

ぜひご来場いただき、和の灯りを体感してください。

 

6月30日23:00の最終日まで、

皆さまのご支援・応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年6月28日 和ルミネーション実行委員会

 

 

 


和傘が灯るイルミネーション「和ルミネーション」を

今年も大手町仲通りで開催!


こんにちは 和ルミネーション実行委員会です。

 

わたしたち「和ルミネーション実行委員会」は、2017年夏に、丸の内朝大学で開講された「まちづくりプロデューサークラス」で出逢った5人で活動しています。普段は会社員として働いており、職種や年齢も異なる5人ですが、「実際にまちづくりをしてみたい!」という共通した思いが、今回のプロジェクト『和ルミネーション』を生み出しました。

企画構想から開催に至るまでに約1年をかけ、昨年の2018年、第一回目となる『和ルミネーション』を開催しました。資金はクラウドファンディングで募らせていただき、95名の方のご支援と、周囲の皆さまの応援のお陰で、無事に開催することができました。本当にありがとうございました。

 

そして今年、イベントに磨きをかけ、第二回目開催に向け、今回もクラウドファンディングに挑戦します!

 

皆さま、応援をよろしくお願いします!!

 


静かな夜のオフィス街に 和の癒しと灯りを


「魅力を再発見してまちづくりを」というテーマのもと、大手町の静けさや環境に着目し、伝統工芸品の和傘の灯りでまちを彩るイルミネーションイベントがこの『和ルミネーション』です。

 

あんどん
和傘行灯

 

大手町は、かつては大名屋敷が立ち並ぶ江戸の中心地でした。その歴史にも焦点をあて、開催地に大手町を選びました。また、昔からある日本の伝統工芸に興味をもっていただく機会にもなればという想いを込め、「和」を意識したネーミングにしています。

 

和ルミ当日
和傘行灯


 

コンセプトは「まちに灯りを」。オフィス街にいにしえのあかりを灯すことで、立ち止まるきっかけを作り、まちの歴史や自然に興味を持ち、これまで気づかなかったまちの魅力に触れてほしいという想いを込めています。和傘を行燈やタワーにみたてて灯りをともすことで、華やぎや癒しの空間をうみだします。使われる和傘の大部分は本来、破棄される素材を利用することから環境にも優しいイベントです。

 

当日和傘タワー
和傘タワー

 


街と笑顔が光り輝く 和ルミネーション


 昨年開催時は、ライトアップした和傘のイルミネーション展示のほか、普段体験出来ない、和傘の和紙貼り体験イベントを実施しました。和傘に触れることで、和傘の身近さや魅力を伝えました。中には和傘を買いたい!という声もあり、伝統工芸の普及に貢献できたと思います。

 

貼り体験
和紙貼り体験の様子

 

また、開催前には新聞やTV、ラジオなど様々なメディアにとりあげていただき、大手町近隣外からも多くの方にご来場いただきました。

準備段階から会場に訪れた方、汗を流しながら遠方より見に来ていただいたご年配の方、職場の上司や友人など、年代を問わず、多くの人でまちが賑わいました。帰り際には「次回も楽しみにしている!」と嬉しいお言葉もいただき、活動の励みになっています。

 

和ルミ準備1
昨年の会場装飾 準備風景

 

開催場所となった大手町は、オフィス街であり、夜は閑散としています。就業者にとっては“仕事をする場所”。そのような場所でも、温かい灯りに包まれた会場では、就業者の方も足を止め、眺めている様子を見ることが出来ました。少しでも安らぎを感じ、「大手町っていいところだな」とほっとする時間を感じていただけたのなら嬉しいです。

 

準備3
大手町仲通り

 


今回の「和ルミネーション」も昨年から引き続き

お二人の和傘職人さんがご協力くださいます  


 

工房和傘屋 小林さん:和傘タワー装飾

「和傘は日本から無くなる」。僕がそう思うのは、現在、日本で和傘と呼ばれているものの中に、和紙ではなく化繊を使った傘や外国製の傘があるからです。和傘ライトアップと名付けられるイベントでも、日本製の和傘が使われていないことがあります。和傘を作らせて頂いている者として、先人の知恵や意味を伝える責任が有ると考え、今回もこのイベントに参加させていただきます。 
「和ルミネーション」は「和のイルミネーション」と「和をルミネーション( ruminate 思い巡らす)する」意味があるのだと思っています。偽物の和風演出だらけな中で、本当の和の文化を思い巡らす企画になり、「和傘はこの国から無くならない」様にする事が必要な事だと思います。和傘を知らぬ子供達に和傘を知ってもらい、日本文化が面白いと思ってもらえると嬉しいです。

工房和傘屋小林さん

 


湘南和傘英遊 杉崎さん:和傘行灯装飾

今回も和ルミネーションに参加することができて光栄です。
今後も長く続くイベントになればいいなぁと願っています。
江戸時代には大名屋敷が立ち並んでいたという大手町。
和傘行灯の新しくも懐かしい灯りで夏の夜を艶やかに演出します。江戸時代の人々はリサイクルの達人だったようですが、英遊も和紙の端切れを『もったいない』と和傘行灯として蘇らせています。昨年お越しいただいた方にも楽しんでいただけるよう、さらにバージョンアップしてお待ちしています!(あ〜あ、自分でハードルあげちゃったよ! ネコ談)

湘南和傘英遊杉崎さん

 

お二人は、和傘にかける思いがとても強く、和傘でまちを盛り上げたい!という私たちの思いに賛同いただき、ご協力いただいております。
職人さんというと無口で淡々とした人、という印象もあるかも知れませんが、話してみるととても気さくで楽しい方々ですので、ご来場の際はお話もしてみて下さいね。和傘についていろんな話が聞けると思います。もちろん、1本1本丁寧につくられ、気持ちがこめられた唯一無二の和傘もお楽しみに!

 


新月と一粒万倍日が重なる夜に

ー あなたとよりみち大手町 ー


今年は2019年8月1日(木)、2日(金)に開催します。1日は、昨年と同様、願いが叶うといわれる「新月」、縁起が良いとされている「一粒万倍日」が重なる日です。
和傘のイルミネーションの灯りにつつまれた中で、自分を振返る時間をつくり、想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

【開催概要】
 開 催 日 :8月1日(木)、8月2日(金)
 開催時間:18:30~21:00 開催予定
 開催場所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-9-7
        大手町仲通り(大手町フィナンシャルシティ街区)

 ※荒天の場合

  大手町フィナンシャルシティ ノースタワー・サウスタワー間

                        アトリウム にて開催予定
   

                                                         主催:和ルミネーション実行委員会

 

地図

今年も『和ルミネーション』が、皆さまの心に残るひと時となりますよう、
スタッフ一同、全身全霊で取り組んでまいります。

 


和ルミネーションを夏の風物詩に


昨年は大手町仲通の半分のスペースで開催させていただきましたが、今回は昨年よりも更にスペースを広げ、大手町仲通一帯を温かなイルミネーションの灯りで彩りたいと考えています。皆さまからのご支援は、スペース拡大に伴う、装飾に使用する和傘の増加本数費用とこれらの設置の費用に大切に活用させていただく予定です。

 

私たちはまちづくりやイベント開催の初心者ですが、この企画をなんとか実現したいという思いで、仕事の合間などプライベートの時間を使い、日々活動しています。今年は、昨年の活動に共感してくださった大手町の団体様より、昨年と同規模の開催に必要な資金をご支援いただけることになりました。しかしながら、嬉しい事に想像以上にご来場者が多かったこと、「大手町をもっと和傘で彩って欲しい!」というみなさまの期待に応えてより見ごたえのあるイベントにしたいことから、クラウドファンディングでも資金を募り、和傘を増量したいと考えました。20万円のご支援をいただけますと、和傘とLEDライトを約40本(イルミネーション約50m相当)追加することができます。皆様のご期待に沿えるよう、まちを和傘で彩り、盛り上げていきますので、ご支援・ご声援のほど、宜しくお願いします。

 

メンバー
和ルミネーション実行委員会メンバー

 

私たちはイベントのプロではありませんが、企画から当日の設営、運営まですべて自分たちで行い、昨年は多くの人に共感・応援していただき、イベントを実現することができました。夢は大きく、東京オリンピックパラリンピック開催の2020年夏を見据えて動いており、現在『和ルミネーション』は商標登録を申請中でオンリーワンのイベントを目指しています。そして、ゆくゆくは夏の風物詩となるよう、取り組んでまいります。

大手町が和傘のやさしい灯りに包まれ、皆さまにとって特別なひとときとなりますよう、ご支援・ご参加をどうぞよろしくお願いいたします。

 

最終日

 

【和ルミネーション実行委員会】  
<第一回目クラウドファンディングページ>

 

<HP> http://walumination.tokyo/
<Facebook> https://www.facebook.com/walumination/

<Twitter> https://twitter.com/walumination

<Instagram> https://www.instagram.com/walumination/


◆プロジェクトの終了要項◆
2019年8月1日(木)・2日(金)の2日間、大手町仲通り(大手町フィナンシャルシティ街区)にて、和ルミネーションを開催したことをもって、プロジェクトを終了とする。
天災等やむを得ない事情により予定日に開催できなかった場合は、翌々週以降に延期する。(延期日未定。2019/8/31までには決定する)

*プロジェクト代表 :和ルミネーション実行委員会 鴨下知美
*一部業務委託する外部イベント会社について
 委託先会社名 :株式会社サンプラックス
 委託先URL :https://www.splx.co.jp/splx/
 委託先住所 :〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-3-2 廣屋ビル8F
 


最新の新着情報