プロジェクト概要

 移住した大好きな長野で、「猫を安全に飼う」
ことを普及したい!
保護活動を続けています!

 

はじめまして、ページを閲覧いただき、ありがとうございます。村山豊子と申します。以前は名古屋で生活をしながら、友人が始めた子育て支援団体のお手伝いなどしておりました。しかしその後離婚したことなど、色々と転機があり移住を決意し、長男の仕事と長女の学校の事情などもあり、長野県長野市へと仕事を探して移住しました。

 

現在は知り合った大家さんから保護した4匹の飼い猫の為に物件と畑をお借りして、子どもの学費の為パートを3つ掛け持ちしながら、保護猫団体の一時預かりボランティアをしています。暮らしの中で、長野県の皆さんは「猫を外で放し飼いすること」が一般的で、そうなると猫に自然の感染症にかかりやすい危険性があることがわかってきました。

 

地域の人と連携して、一緒に猫を守っていきたい。しかし活動する人の数が少ないので、みんなで一緒にやりませんか?というネットワーク作り、そのための活動の拠点として「和猫サロン」というコミュニティスペースを立ち上げます!

 

今回作るコミュニティスペースでは、
・野良猫と病気の危険性の啓発
・室内飼いの徹底の広報(ミーティング)活動

・保護猫を実際の飼い主さんに繋げる紹介所

 

この3つを軸に地域猫の保護活動を普及したいと思っています。しかし活動を進めるためのスペースの改装費用が不足しています。クラウドファンディングを立ち上げて、地域の皆さんと共に地域猫の保護活動を進めていきたい。ぜひご支援をよろしくお願いします。

 

 

 

 野良猫は可愛いけれど…。

地域で猫保護することの必要性と室内飼いの重要性を啓発したい!

 

私が長野で地域猫活動を始めたのは、こちら肉球クラブ(犬・猫の保護をしている活動団体)さんを知ったことが始まりでした。保健所から引き出されているタケルくんの里親募集をブログを見てショックを受けたからです。

 

とらばさみ(動物の足を挟む罠)のせいで、片足がなかったタケルくん。私が保護した時はとても弱っていました。自分の畑に来て欲しくないから猫をターゲットにした農家の方がいらっしゃったのかもしれません。人間が仕掛ける罠の他にも、野良猫は猫エイズなど、様々な病気にかかる可能性が室内外の猫に比べて高くなります。

 

タケルくんは傷口から猫エイズに感染していました。猫エイズは人間と同じで性行為と喧嘩による咬み傷などで感染します。タケルくんの症状はとてもひどく、猫エイズは猫自身の免疫力が弱まってしまうので、口内炎が多発。そのせいで口が穴だらけになってしまい、痛くて閉めれないご飯たべれないため動けず、痩せ細り・・・。

 

そんな、野良として生活する猫を取り巻く厳しい環境をあらためて認識させられ、強くショックを受けた私は猫を保護する活動をはじめました。

 

それと同時に大きな問題に気付きました。長野は室外飼いが多いために、猫にとって一番辛い病気である猫エイズの感染リスクが高まるのです。

 

「一匹でもタケルくんのような猫を増やしたくない・・・。」

そう決意し、肉球クラブさん、地域おこし協力隊の皆さん、今回の物件の大家さん、と多くの方の協力を元に、「室内飼いの普及活動」を進めることを誓いました。

 

 

 

 地域の人と猫の安全について考える居場所。

そして、傷ついた猫と飼い主さん希望者が繋がる居場所が必要です!

 

この現状をなんとかしたいと思い、保護猫の譲渡活動と、室内飼いの啓発活動を行える場を作りたい、と思うようになりました。猫は環境の変化に敏感で、譲渡会も一時預かりもストレスがかかります。できればあまりストレスをかけたくない…何かいい方法はないか、と思い、今回猫を紹介し、譲渡のお手伝いをするコミュニティースペース「和猫サロン」を運営しようと思い至りました!

 

ご資金の使い道


●改装費(水道工事・トイレ手洗い改修・フローリング改修)1,022,760円

●手数料(税込) 91,800円

●広告費(看板、チラシ、フリーペーパー掲載費) 100,000円

 

合計: 約121万円
このうち、50万円を今回のクラウドファンディングでご支援いただきたいと思っています。

 

 

 猫に負担をかけない譲渡サロン&カフェを運営開始します!

 

今回運営を開始するサロンでは、パネルと動画で猫を紹介し譲渡先を探すお手伝いをするのはもちろん、ボランティア同士の交流の場としても多くの方に使っていただけたらと思っています。また、活動費用を集めるため、グッズ販売やカフェの運営も行う予定です。

 

和猫サロン


●住所:長野県長野市若穂保科2920-6

●運営開始日:今はイベント開催のみ。カフェができるようになれば、2018年9月1日(土曜日)目標。

●運営時間(7時か8時〜14時まで):ランチの時間まで。週5くらいの予定。

(長野の皆様は農業作業などのため朝は早い方が多いです。そちらに合わせたいと思っております。)

 

 

現在の建物は井戸水を利用しております。今回運営を開始するカフェのような飲食店を経営するためには、井戸水だと水質も安定しないこともあり水道工事をして引いた方が良いと指導受けたものの、お金もかかるためなかなか手が出せませんでした。

 

一刻も早くコミュニティスペースをオープンさせ、地域住民の方々に室内飼いの大事さを広めていきたい、そうしなければ、長野市近隣の野良猫は減っていきません。そこで、クラウドファンディングで皆さまのお力をお貸し頂き、野良猫の保護活動をより推進していければと思っています。

 

 地域の猫を保護する拠点として。

 

猫はとっても可愛いですよね。野良猫を見かけると、つい撫でたくなる方も多いと思います。

 

しかし、外は猫にとってはとても過酷な環境なのです。次々と子どもを作ってしまい増えていき、病気を蔓延させたり、糞害やゴミ漁りなどの問題を起こしたりすることもあります。きちんと避妊・去勢して飼ってあげる事が重要で、迷子や脱走で野良化しても増やさない事に繋がります。また、チップを埋め込むといった方法も有効で飼い主のところに戻れるようになると保護猫が減り、殺処分も減ります。

 

よく室内飼いは猫にとってストレスを貯めるからよくないと思われる方もいらっしゃいますが、室内飼いを徹底すれば、猫は室内のみを自分のテリトリーと認識し、あまり外に出たがらないようになるため、その心配はありません。


人間の手で、処分されてしまう命をゼロにするためには、野良猫を減らしていかなければなりません。その拠点として、サロン&カフェを始めたいと思っております。

みなさまどうかご支援いただければ幸いです!

 

 

 保護猫団体さんの猫グッズとカフェのコーヒーチケット。

 

かわいい猫ぐらさをご用意いたします。座布団を3つ縫い合わせた、デリケートな子猫のための秘密基地のような可愛いアイテムです!

カフェのコーヒーチケットは、名古屋名物下町モーニングサービスを無料でご賞味ください。是非、コーヒー飲みに来てください。ついでにサロンに寄って猫談議に花を咲かせてくださいませんか?

 

応援のほど、よろしくお願いします。

 

 

 

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)