READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【殺人ゴミ山】をインドネシアから無くしたい!

坂本和樹

坂本和樹

【殺人ゴミ山】をインドネシアから無くしたい!

支援総額

1,655,000

目標金額 1,500,000円

支援者
136人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

終了報告を読む


13お気に入り登録13人がお気に入りしています

プロジェクト本文

インドネシアをより良くするためにプロボノ活動をしている

松葉明日華、坂本和樹、大川智世と申します

 

【2月15日追記:ネクストゴールに挑戦します!】
皆さまのご支援のお陰で、クラウドファンディングの第一目標を達成いたしました。本当にありがとうございます。私たちは、ネクストゴールを200万円に設定し、挑戦を続けていくことを決めました。
 

これからいただく費用は、いただいた額に応じて、ゴミ回収施設の機材購入などに使用させていただきます。

・健康保険40名分の加入/維持:35万円(1年間)

・生ゴミ粉砕機の購入:50万円

・パッキングしたゴミを運ぶハンドリフトの購入:115万円

・リサイクル製品販売所のメンテナンス:5万円

・ゴミ銀行での啓蒙活動:15万円

・啓蒙活動に使用するゴミ問題に関するビデオの作製:20万円

 

-------------------------------------------------------------------------------------

インドネシアのゴミ問題を解決するために社会企業Waste4Changeの支援を行っています。

 

 

こんにちは。プロボノチームCHANGER*で活動しております松葉と申します。

まずは私からプロジェクトの説明をさせていただきます。

 

私たちは、2018年10月から、プロボノ*の活動をスタートし、インドネシアの社会企業Waste4Changeを支援しています。

Waste4Changeは2014年創業のスタートアップでその名の通り、ゴミのマネジメントを行っている会社です。<http://waste4change.com/>

企業や住民に向けて3R(Reduce, Reuse, Recycle)の啓蒙活動を行ったり、ゴミを回収したり、回収したゴミの仕分けを行って生ゴミは堆肥化し、プラスチックゴミはリサイクルするという事業を行っています。

 

創業者のSano氏は現在37歳の若手起業家ですが、なぜゴミ問題解決に取り組もうと思ったのでしょうか?

それは、悲しい事故がきっかけとなっています…。

 

 

【インドネシアのゴミ問題】

 

インドネシア国内には写真のようなゴミ山が点在しています。

撮影:松葉

 

2005年にゴミ山の1つが崩壊し、麓の村がなくなるという大事故が起きました*。

「殺人ゴミ山」です。しかし、140名以上の死者を出したこの悲しい事故の後も、別の場所にゴミを持って行き、ゴミ山を形成し続けているのがインドネシアの現状です。

 

インドネシアでは、"ゴミ処理"といっても日本のように燃やしたりはせず、ほぼ何もせずにゴミをそのまま最終処分場に持っていき、ゴミの山を築くだけです。

Sano氏はこの現実を非常に重く受け止め、もう悲しい事故を二度と起こさないために「インドネシアの人も自分達が出すゴミに責任を持とう!!」とWaste4Changeの事業を通じて啓蒙活動を行っています。

 

私たちチームCHANGERは、1日12万トンのゴミがゴミ山に集積される*という事実と問題の大きさに驚愕し、また、なんとしてでもそれを解決する!というSano氏の熱い想いに惹かれ、プロボノ活動を続けています。

Sano氏とチームCHANGER (Waste4Changeオフィスにて)

 

 

【従業員の働く環境にも気を遣いながらゴミ問題解決に取り組む】

 

今回、プロボノ活動の1つとして、Waste4Changeの活動を加速するために日本のクラウドファンディングで資金集めに挑戦することにしました。

 

現在、Waste4Changeの収入源の多くは、スポンサー企業のCSRやブランディングの費用となっています。コカ・コーラやユニリーバなどと提携し、少しずつ活動を広げていますが、ゴミの回収にかかるコストも大きく、なかなか大きな追加投資ができていません。

 

しかし、そのような苦しい状況でも、Sano氏は従業員の働く環境やその家族のことまで考えて会社運営を行っている思いやりのある経営者です。彼の想いを少しお話したいと思います。

 

インドネシアでは、家庭やゴミ山から価値のあるゴミを回収して売ることで生計を立てているスカベンジャーと呼ばれる人たちがいます。

彼らはゴミを売って稼いだお金でその日を過ごすという暮らしを行っていますが、収入は安定せず、もちろん保険などの社会保障も受けられません。
 

source: https://www.tribratanewsmagelangkota.com/detailpost/aiptu-titi-maturnuwun-bu-titi-abot-mboten-bu

 

 

Sano氏はスカベンジャーを雇用して、安定した収入と社会保障を与えています。

また、彼らにゴミ回収を行ってもらう際には自動車を使っており、人力で重いゴミを運ぶという過酷な労働環境から彼らを解放しています。

 

今回、集まった資金で、まずは設備を増設して雇用を作りゴミの分別作業を行ってもらいます。そして、もし皆様から目標以上のご支援が頂けた場合は、ゴミ回収車の購入と健康保険への加入(維持)等に使用させていただきます。

 

プラスチックゴミの仕分け&リサイクル施設の増設:131万円

Ready for 手数料:19万円

------------------------------------------------------------------

合計 150万円

 

Waste4Chngeが現在運営している施設

ゴミ回収車イメージ

目標以上のご支援を頂いた場合、金額に応じて以下の用途に使わせていたく予定です。

・ゴミ回収車の購入: 115万円

・健康保険40名分の加入/維持:35万円(1年間)

・生ゴミ粉砕機の購入:50万円

・パッキングしたゴミを運ぶハンドリフトの購入:115万円

・リサイクル製品販売所のメンテナンス:5万円

・ゴミ銀行での啓蒙活動:15万円

・啓蒙活動に使用するゴミ問題に関するビデオの作製:20万円

・返礼品の準備及び配送費:30万円(500名分の見積もり)

 

 

 

返礼品につきましてはWaste4Changeのメンバーと話し合い、ご支援いただいた方の為に以下のプランをご用意いたしました。

 

■1万円コース■

以下2点お届けします。

・8種類から選べるリサイクルグッズ

 ※インドネシアのゴミから生まれ変わった8種類のリサイクルグッズの内お一つ選んでください。

 ※グッズの一部は洗剤のパッケージ等を集めて縫製したものですが、撥水性があり壊れにくいように作られてあります。

・本活動報告書(PDF)

 

■3万円コース■

以下3点お届けします。

・8種類から選べるリサイクルグッズ

・本活動報告書(PDF)

・waste4changeオリジナルTシャツ

 日本ではここでしか手に入らない貴重なグッズです。

 サイズは確認中ですが確定しましたらご連絡致します。

 

 

■5万円コース■

以下3点お届けします。

・8種類から選べるリサイクルグッズ

・本活動報告書(PDF)

・無形文化遺産「バティック」バッグ

 ※バティックとは2009年にユネスコ無形文化遺産に認定された、 インドネシアのろうけつ染めの布(更紗)です。シックな色合いに草花や鳥の模様が美しいのが特徴で現地の方も使われているバティックバッグ(綿100%、洗濯可能)をお届けします。

 職人の手作りです。詳細はこちらをご覧ください。

 baGoes Bag ‹http//www.youtube.com/watch?v=qxBhI6-HI8U ›

 

■10万円コース■

内容は以下の4点です。

・8種類から選べるリサイクルグッズ

・本活動報告書(PDF)

・無形文化遺産「バティック」バッグ

・waste4changeのメンバーによる現地案内ツアー

 ※支援者の為にwaste4changeのメンバーがゴミ山や現地を案内してくださいます。

  日程や細かい内容は別途ご相談となりますが交通費や旅費といったものは基本的に自己負担となります。インドネシアのゴミ問題を実際に肌で感じたい方にはオススメの内容です。

 

 

■20万円コース■

内容は以下の4点です。

・8種類から選べるリサイクルグッズ

・本活動報告書(PDF)

・バティックバッグ

・waste4changeのメンバーが来日!ディスカッション

 ※国内でwaste4changeの話を聞きたいという方にはオススメです。インドネシアの社会企業としてリードしているwaste4changeのゴミ問題に対する熱量を大いに感じられる貴重なチャンスです
※開催日程、場所等はクラウドファンディング終了後にご支援いただいた方々と相談させていただきます。特にご希望がなければ2019年8月一週目頃、都内にて開催したいと考えております。
※個人だけではなく企業向けでも対応可能です。

※Waste4Changeメンバーの交通費や飲食代も含まれています。ご支援者様の交通費や飲食代等は自己負担でお願い致します。

※詳細等事前にご相談がある場合はこちらにご連絡ください。manchester.seven@gmail.com

 

 

 

【大好きなインドネシアをもっともっと良い国にしたい!!】

 

最後に、私の想いとビジョンについてお話します。

私は2016年に留職*というプログラムを利用して、3カ月間Waste4Changeで働いていました。当時私は、近隣の住民から生ゴミを回収して堆肥化するプロセスの開発とトライアルに取り組んだり、近くの保育園に行ってゴミ分別の教育を行ってきました。

強烈な匂いを我慢しながら毎日生ゴミの堆肥化作業を行ったり、ゴミ山を目の当たりにしてショックを受けたり、野良鶏の成長を見守ったりと刺激的な日々はあっという間に過ぎてしまい、3カ月間の留職期間が過ぎる頃にはWaste4Changeもインドネシアも大好きになっていました。

インドネシアの人懐っこい雰囲気、インドネシア料理の美味しさ、そして何よりWaste4Changeの創業者であるSano氏の「インドネシアのゴミ問題を解決する」という熱い想いに惹かれていました。

日本に帰ってからも、「Waste4Changeのために何かをしてゴミ問題解決に貢献したい」「インドネシアをもっと良い国にしたい」と思っていましたが、何をすべきかが明確化できず、1年ごとにオフィスを訪問して従業員のために服を寄付するくらいの活動しかできず、もやもやしていました。

そんな時、いくつかのご縁が重なり、プロボノという形でCHANGERの優秀な仲間たちと共にWaste4Changeを日本から支援する機会を得ることができ、今まさに2年分の積もり積もった想いをぶつけています。

 

しかし、プロボノで優秀な仲間と共にWaste4Changeのサポートができるといっても、やはり日本-インドネシアの物理的な距離があることや私を含めたCHANGERのメンバーが会社員として本業を持ちつつ、その傍らで支援をするという時間的制約があることから、サポート内容は議論する必要がありました。

Waste4Changeに必要なサポートを聞き、また、CHANGERで議論した結果、活動の1つとしてクラウドファンディングを行うことに決めました。

このクラウドファンディングには2つの目的があります。

 

  1. Waste4Changeに資金援助を行い、彼らの事業をより加速することによって、インドネシアのゴミ問題を解決すること
     
  2. このページを見てくださった日本の方々にインドネシアのゴミ問題や日本を含めた世界のゴミ問題についての関心を高めて頂き世界のゴミ問題を解決する一助となること

 

昨今、スターバックスやマクドナルドのような大企業でプラスチックストローを禁止する動きが始まるなど、ゴミ削減につながる良いニュースも聞かれるようになりました。しかし、私たちが自分たちの暮らしを豊かにすることだけを考えてゴミを減らす活動や使用後の適切な処理を行わないと、冒頭お話ししたゴミ山崩壊の事故や以下のYoutubeにあるように海洋生物の命を奪うことにもなりかねません。

 

クジラの死骸から発見された1000個のプラスチック

https://www.youtube.com/watch?v=7K8Nxtqzxeo

 

 

私は、一人一人の小さな心がけが世界のゴミ問題解決に繋がると信じています!!

皆様からの質問やご意見も受け付けておりますので気軽にメッセージを頂ければと思います。

皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願い致します。

撮影:松葉 インドネシアの保育園で教育を行った際に撮った1枚
ゴミの分別ゲームも折り紙も楽しんでくれました。

 

*)

プロボノ:各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を活かして社会貢献するボランティア活動。

 

プロボノチームCHANGER:一般社団法人GEMSTONE<http://www.gemstone-global.com/>が提供する新興国の起業家の支援プロジェクトの第一期生。Waste4Changeを支援するメンバーとInstellar<https://instellar.id/>を支援するメンバーがおり、Waste4Changeを支援する3名のチームをCHANGERと名付けた。

 

留職: NPO法人クロスフィールズが提供している、新興国に日本の従業員を派遣して社会課題解決に貢献させるプログラム。派遣元の日本企業にはリーダー人材の育成、派遣先の新興国の企業(NPO, NGO)には課題解決の加速というメリットがある。<http://crossfields.jp/>

留職者たちのアフターストーリー:<https://www.youtube.com/watch?v=4mXAfnYfOIs>

 

インドネシアのゴミ山で起こった事故について:

2005年2月21日にインドネシアのバンドン市のゴミ山で141名の死者を出すゴミ山崩壊事故が起こりました。

(経済産業省報告書 平成19年度 地球環境・プラント活性化事業等調査 「インドネシア・バンドン廃棄物複合中間処理施設建設事業調査」 (インドネシア) 報告書要約など<http://www.meti.go.jp/policy/external_economy/cooperation/oda/summarys/y2007_03.pdf>)

 

インドネシアで排出されるごみの量に関するデータ:

インドネシアでは毎日約17万5千トンのゴミが排出されています。また、そのうち69%つまり12万トンのゴミが何の処理もされずにlandfillに持っていかれます。(laporan kegiatan pslb3 2015より)

 

 

------------------------------------

2019/08/15までにゴミ回収施設を増設したことをもって、プロジェクトを終了とする。 

- 着手予定日:2019/05/01 

- 建築・改修場所決定予定日:2019/03/01 

- 候補地住所: M2M2+6C Bekasi, Bekasi City, West Java, Indonesia

------------------------------------

 

もっとみる

プロフィール
坂本和樹
坂本和樹
2012年東大教養学部国際関係論卒、P&Gにてマーケティング。洗濯洗剤アリエール、ボールドのブランドマネージャー。国際社会問題に関心があり、副業で国連フォーラム総務、インドネシアソーシャルベンチャーへのプロボノ参画などに従事。秋からはイギリス大学院にて、開発学を専攻。

リターン

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

5千円コース【活動報告書】

感謝の気持ちを込めて活動報告書(PDF)をお送りします。
支援金はクラウドファンディング利用手数料を差し引いた全額、新施設建設費用に使用させていただきます。

支援者
41人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

1万円コース【8種類から選べるリサイクルグッズ】

以下2点をお届けします。

➽選べるリサイクルグッズ
インドネシアのゴミを再利用し、生まれ変わった8種類のリサイクルグッズの内一つお選びください。 
 ※グッズの一部は洗剤のパッケージ等を集めて縫製したものですが撥水性があり、また壊れにくいように作られてあります。

➽本活動報告書(PDF)

支援者
76人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

1万円コース【活動報告書】

感謝の気持ちを込めて活動報告書(PDF)をお送りします。
支援金はクラウドファンディング利用手数料を差し引いた全額、新施設建設費用に使用させていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

3万円コース【8種類から選べるリサイクルグッズ+w4cオリジナルグッズ】

以下3点をお届けします。

➽選べるリサイクルグッズ
インドネシアのゴミを再利用し、生まれ変わった8種類のリサイクルグッズの内一つお選びください。 
 ※グッズの一部は洗剤のパッケージ等を集めて縫製したものですが撥水性があり、また壊れにくいように作られてあります。

➽waste4changeオリジナルTシャツ 
ここでしか手に入らないwaste4changeオリジナルグッズです。
サイズは確認中ですが分かり次第ご連絡いたします。

➽本活動報告書(PDF)

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

3万円コース【活動報告書】

感謝の気持ちを込めて活動報告書(PDF)をお送りします。
支援金はクラウドファンディング利用手数料を差し引いた全額、新施設建設費用に使用させていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

5万円コース【8種類から選べるリサイクルグッズ+無形文化遺産「バティック」バッグ】

以下3点をお届けします。

➽選べるリサイクルグッズ
インドネシアのゴミを再利用し、生まれ変わった8種類のリサイクルグッズの内一つお選びください。 
 ※グッズの一部は洗剤のパッケージ等を集めて縫製したものですが撥水性があり、また壊れにくいように作られています。

➽バティックバッグ
バティックとは、2009年ユネスコの無形文化遺産に認定されたインドネシアの伝統的なろうなろうけつ染めの布(更紗)です。
シックな色合いに草花や鳥の模様が美しいのが特徴で、商品は現地ブランド「bagoes」のバティックバック(綿100%、洗濯可能)をお届けします。
職人の手作りです。詳細はこちらをご覧ください<https://www.youtube.com/watch?v=qxBhl6-HI8U>

➽本活動報告書(PDF)

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

5万円コース【活動報告書】

感謝の気持ちを込めて活動報告書(PDF)をお送りします。
支援金はクラウドファンディング利用手数料を差し引いた全額、新施設建設費用に使用させていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

10万円コース【8種類から選べるリサイクルグッズ+無形文化遺産「バティック」バッグ+現地案内ツアー(ゴミ山等)】

以下4点の内容となります。

➽選べるリサイクルグッズ
インドネシアのゴミを再利用し生まれ変わった、8種類のリサイクルグッズの内一つお選びください。
 グッズの一部は洗剤のパッケージ等を集めて縫製したものですが撥水性があり、また壊れにくいように作られています。

➽バティックバッグ
バティックとは、2009年ユネスコの無形文化遺産に認定されたインドネシアの伝統的なろうなろうけつ染めの布(更紗)です。
シックな色合いに草花や鳥の模様が美しいのが特徴で、商品は現地ブランド「bagoes」のバティックバック(綿100%、洗濯可能)をお届けします。
職人の手作りです。詳細はこちらをご覧ください<https://www.youtube.com/watch?v=qxBh

➽waste4changeのメンバーによる現地案内ツアー
支援者の為にwaste4changeのメンバーがゴミ山や現地を案内してくださいます。日程や細かい内容は別途ご相談となりますが、交通費や旅費といったものは基本的に自己負担となります。インドネシアのゴミ問題を実際に肌で感じたい方はお勧めの内容です。

➽本活動報告書(PDF)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

200,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

20万円コース【8種類から選べるリサイクルグッズ+無形文化遺産「バティック」バッグ+w4c来日ディスカッション】

内容は以下の4点です。

➽8種類から選べるリサイクルグッズ

➽本活動報告書(PDF)

➽バティックバッグ

➽waste4changeのメンバーが来日!ディスカッション

 ※国内でwaste4changeの話を聞きたいという方にはオススメです。インドネシアの社会企業としてリードしているwaste4changeのゴミ問題に対する熱量を大いに感じられる貴重なチャンスです
※開催日程、場所等はクラウドファンディング終了後にご支援いただいた方々と相談させていただきます。特にご希望がなければ2019年8月一週目頃、都内にて開催したいと考えております。
※個人だけではなく企業向けでも対応可能です。

※Waste4Changeメンバーの交通費や飲食代も含まれています。ご支援者様の交通費や飲食代等は自己負担でお願い致します。

※詳細等事前にご相談がある場合はこちらにご連絡ください。manchester.seven@gmail.com

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

500,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

企業様向け50万円コース【新施設に名入れ】

クラウドファンディングの資金で新しく建設されるゴミ処理設備に貴社のお名前やロゴを入れさせていただきます。
企業のブランディングとしてもおススメです。もちろん、個人でのご支援も受け付けています。
日本、ラオス、インドネシアで注目されているWate4Changeを支援してみませんか?

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2019年8月
プロフィール
坂本和樹
坂本和樹
2012年東大教養学部国際関係論卒、P&Gにてマーケティング。洗濯洗剤アリエール、ボールドのブランドマネージャー。国際社会問題に関心があり、副業で国連フォーラム総務、インドネシアソーシャルベンチャーへのプロボノ参画などに従事。秋からはイギリス大学院にて、開発学を専攻。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXTGOAL挑戦中

急性期医療を支える。北里メディカルドッグ3代目受け入れ継続へ

坂東 由紀(北里大学メディカルセンター院長 )坂東 由紀(北里大学メディカルセンター院長 )

#医療・福祉

118%
現在
3,551,000円
寄附者
243人
残り
6日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする