クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

スイスの時計師への訪問に挑戦!時計づくりの熱意を伝えたい。

和田啓佑

和田啓佑

スイスの時計師への訪問に挑戦!時計づくりの熱意を伝えたい。
支援総額
235,000

目標 200,000円

支援者
39人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

終了報告を読む


6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2018年01月15日 00:09

なぜ政治学科へ進んだか? また、大学で何を学んだか。

 

大学でのアッカド語実習。
古典文化を出発点に、歴史や時間、時計について考えることができました。
ちなみに、時計で使われる60進法は古代バビロニアで生まれたそうなので、
ある意味時計とも縁が深いと言えます。

 

大学時代の考えていたことの一端。
引用の仕方が少し間違っていることを発見しましたが、ご容赦ください。

 

前回投稿のまとめ(「時計をつくりたい」と考えるに至る原体験)

 

・私が時計をつくりたいと思ったのは、幼少期からのモノづくりの欲求があったから

・工作を通して、コンテクストや使う人に思いを馳せつつ、理想を描いて、手先を動かしながらチマチマと近づいていくことが楽しいという気質が培われた

・そして、ジュルヌさんの時計を見たことをきっかけに「時計」というテーマにたどり着いた(これは就活開始直前、大学生活後半での体験です)

 

 

極めて個人的かつ内省的な文章が続いてしまって恐縮ですが、今回の投稿では、大学生活が終わりに近づいた自分の中での整理の意味でも「モノづくりに興味があったのに、なぜ法学部政治学科という関係の薄い進路を選択したのか」について書いてみようと思います。

 

 

単刀直入に申します。

上段に構えたものの、政治学科を選んだことに大した目的などなくて、

 

「特に明確にやりたいことがなかったので、行ける学部の中で権威的で潰しがきく(と言われる)ところに入り、可能性を模索しよう」

 

という安直な動機が主な理由です。

 

 

私は大学受験をせず、いわゆる「エスカレータ式」で中学以降進学してきました。たまたま私の大学では、当時は法学部政治学科がその「権威的」ポジションだったため(これも単なる思い込みなのですが)、そこにしたというだけです。真面目な将来観・努力の欠如と言わざるを得ませんけれども、事実はその通りです。また、同学部だと、たまたま自宅から徒歩圏内にキャンパスがあり、それも大きな要素でした。「朝弱いお前は絶対にここにしろ」と両親からも勧められ、自分でも「確かに」と思った点も付け加えておきます。

 

大学への進学を考える際、当時の私はたしかにモノづくりは好きだったものの、具体的かつ現実的な「仕事」として何を作りたいか、と言われると答えに窮しました。そこでまずは「可能性を広げてみるか」というくらいの心持ちで大学に臨んだと記憶しています。政治には少しも興味がありませんでした。

 

 

ですが、モノづくりが好きなのに、どうしてこんな意思決定をしたのでしょう?

 

 

それは、当時「モノづくりをしたいなら理工系学部」と考えていたのですが、高校時代の体験から、理工系学部への(思い込みによる)苦手意識が培われていたことが大きいです。

 

たとえば・・・

 

・数学が苦手だった(コンプレックス)

小さいときから、図形など空間認識的・視覚的なものはうまくできたのですが、代数的なものが苦手でした。私の高校の同級生は本当に優秀な人が多くて、定義だけを見てなぜその「意味」がわかるのだろう、と不思議に思えるほど、数学に強い人もいました。こういう人たちとの比較によって、自分は数学の才能がないのかもしれない、と思うようになりました。

 

・理工系に進むのであれば、数学ができなければ落ちこぼれるだろうと考えていた

一口に「理工系」といっても分野は多岐に渡るため、その道の人からは怒られてしまいそうですけれども、数学が重要というのは単なる思い込みでなく、その通りだろうかと思います。とはいえ、本当にその道に進みたいのであれば、ここで踏ん張って努力してみるのも手でした。しかし残念ながらそれをしませんでした。当時の私は、地道な努力の価値をそれほど認識できていなかったのです。

 

モノづくりが「好き」かつ「得意」と思っているゆえに、その道を選択して失敗することが怖かったのもあるでしょう。

 

 

また一方で、当時得意だったことが政治学科への進学をポジティブなものにしたこともあります。

 

・フランス語が比較的得意だった

フランス語だけは当時なぜか学年トップレベルになれていたので、その成績で数学といった苦手科目を埋めて、無理やり全体を押し上げていました(幸いなことに、スイスの時計産業が根付いている地域はフランス語が公用語です!ゆえに、設計の文献もフランス語で、なんとか齧り付くことができています)。政治学科はフランス語を集中的にできるプログラムがある、との情報も知り、そこにしようと考えました。

 

 

これら一連の理由で私は政治学科というところに進学しました。

 

 

さて、では政治学科での生活を通して、結果的にどんな学びがあったのか、という点、及びそこから「時計」というテーマにどう繋がっていくのか、という点を述べたいと思います。ただし、学んだ学問の内容を述べていると非常に長くなってしまいますし、本プロジェクトとの関連性が薄くなるため、私自身の気質への気づきという視点からひとつ簡単に挙げてみます。

 

 

・100か0かという気質があることに気づいた

哲学や古典的文化への理解に適性があったようで、そういうアプローチからの抽象的概念の操作は得意だと気づきました。それを出発点に考えることで、数学の代数的分野の概念の理解も進んだりしました。また、これらは「努力を努力とも思わない」うちにトップレベルの成績が取れることに気づきました。よって、成績はDを量産する一方で、一部の学問分野ではぶっちぎりでSをとったりと、非常に極端に振れることに気がつきました。つまり、フィールドの選択とアプローチを間違えなければ、それなりに社会でやっていけるはずだ、という仮説をもつようになりました。逆に、やり方を間違えると、破滅的な結果になることも同時に学びました。

 

 

この資質が、折に触れて気づいていた他の細々とした私の気質、たとえば緻密で細かな作業が得意であるとか、一人で集中する作業は基本的に無限にできるとか、そういったものへの統合的理解と合致し、そこへ「ジュルヌさんの時計との出会い」というきっかけを経て、明確に「時計」というテーマに結実したのです。

 

言葉にするのがなかなか難しいのですが、とにかく「時計」という解が自分のなかに立ち現われてきた感覚です。「時計」なら、これらの私の強みを活かせるのではないか、と思いました。私は恥ずかしながらまだ数学は初歩的なところまでしか理解できていませんけれども、比喩的に言えばそのようなイメージです。

 

さらには、自分が苦手だと思っていたことでも、地道な努力と得意なアプローチの選択で、十分学習可能だし、場合によっては得意になりうる、という点に大学生活を通して気づきました。

 

 

かようにして、私は時計へとたどり着きました。もちろんこれもひとつの「思い込み」でしょう。やってみたら向いていないとわかるかもしれません。ですが、まずはやってやろう、と思っております。

 

 

 

ともかく、冒頭の問いへの回答は以上です。飛躍している点も多々ありますが、ご容赦くださいませ。

失礼いたします。

 

 

一覧に戻る

リターン

2,000円(税込)

気軽に応援プラン!

◇感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◇渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◇スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。

支援者
25人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

5,000円(税込)

報告プレゼン会にご招待プラン!

◆感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◆渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◆スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。
◇報告プレゼンテーション会にご招待します。
※詳細については別途連絡いたします。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

5,000円(税込)

プロジェクトとにかく応援プラン!

◇感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◇渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◇スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

10,000円(税込)

一緒に現地の空気を体感プラン!

◆感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◆渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◆スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。
◆報告プレゼンテーション会にご招待します。
※詳細については別途連絡いたします。
◇スイス渡航中、お好きなテーマや場所についてリサーチorお話しして動画を撮影し、お送りします。
(ジュネーヴ近郊に限定)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

10,000円(税込)

プロジェクトとにかく応援プラン!

◇感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◇渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◇スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

20,000円(税込)

お土産持ち帰りプラン!

◆感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◆渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◆スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。
◆報告プレゼンテーション会にご招待します。
※詳細については別途連絡いたします。
◆スイス渡航中、お好きなテーマや場所についてリサーチorお話しして動画を撮影し、お送りします。
(ジュネーヴ近郊に限定)
◇現地でお土産を買ってきます。(時計関連のグッズ)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

20,000円(税込)

プロジェクトとにかく応援プラン!

◇感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◇渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◇スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

50,000円(税込)

全力応援&記憶の共有プラン!

◆感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◆渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◆スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。
◆報告プレゼンテーション会にご招待します。
※詳細については別途連絡いたします。
◆スイス渡航中、お好きなテーマや場所についてリサーチorお話しして動画を撮影し、お送りします。
(ジュネーヴ近郊に限定)
◆現地でお土産を買ってきます。(時計関連のグッズ)
◇私と1日すごせる権利をお渡しします
・朝9:00〜夕方20:00までの拘束時間(移動時間抜き)
・日時、何をするかはお打合せ時の決定。
※東京駅からの交通費は別途頂戴いたします

例)お子様のお勉強の手伝い
例)時計のお買い物のお付き合い

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

50,000円(税込)

プロジェクトとにかく応援プラン!

◇感謝を込めて、手書きのお礼状をお送りします。
◇渡航中、毎晩実況メールをお送りします。
◇スイス渡航レポート(PDF)をお送りします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年3月

プロジェクトの相談をする