プロジェクト概要


受付担当者、企画者「ウェブコンサルタントになるには」というセミナーイベントを開催します。

現在急激に変化しているウェブ業界の中で、専門技術だけを追いかけるのでなく経営面からもアドバイスができるウェブコンサルタントが大量に必要です。

 

ウェブコンサルタントという名刺を持ちたい方だけでなく、広義のウェブコンサルティングに興味をお持ちの方、ウェブディレクターやウェブデザイナー、ウェブアナリスト、アクセス対策の専門家など、多くのウェブプロフェッショナルにお伝えしたい内容です。

 

 

(担当者 坂下千可子、企画者 権成俊)

 

 

◆ウェブコンサルタントになるには 公式サイト

http://webconsultant.jp/summit/

 

 

自分自身の経験を生かしたい

当イベント担当者 (株)ゴンウェブコンサルティング 坂下千可子と申します。

私はもともと、ネットショップの担当者でした。
運営の大半を一人でおこなっていたので、だれにも相談をすることができず、どうやってプロフェッショナルを探すのかすらわかりませんでした。自分自身で勉強し、セミナーに出席して登壇者の話を聞いたり交流を持ったり・・・自力で関係構築をするしかなく、チャンスも少ない。それでも売上を上げようと、何度も歯を食いしばりました。


なぜそのような状況だったかというと、信頼して質問できる先生、つまり「ウェブコンサルタント」がどこにいるのか、誰を信用して自分の悩みを話せばよいか見当もつかなかったからです。

 

ウェブコンサルタントの存在を知っていれば、私も誰かに頼れたかもしれない。不安が少しでも解消されたかもしれない。そう思うと、ウェブコンサルタントという仕事がもっと広まることで、救われる人たちがたくさんいるように思いました。

 

ウェブコンサルタントが増えることで、ユーザーであるネットショップ担当者や企業内web担当者にとっては、規模や目的によって「だれを選べば、今の仕事がうまくいくか」という選択肢を手に入れることができます。

またコンサルタント同士が切磋琢磨し、質やサービスが向上するでしょう。

 

今後、さらに企業のウェブ活用が促進されれば、コンサルタントの需要は増します。質の高いウェブコンサルタントの存在は、経済を支える企業を導くであろうと感じ、当イベントの企画に参加しました。

 

 

 

開催概要

◆日 程
[東京] 2月8日(土) 13:30-17:35(開場 13:00)
[大阪] 2月15日(土) 13:30-17:35(開場 13:00)

 

◆会 場
[東京] AP渋谷道玄坂
  東京都渋谷区道玄坂2丁目6-17 渋東シネタワー13階(受付13階)
[大阪] TKP大阪梅田ビジネスセンター
  大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル

会場

 

◆出演者
<東京会場>
 諏訪光洋氏(株式会社ロフトワーク)
 森澤正人氏(モーニングスター株式会社 ゴメス・コンサルティング事業部)
 清水誠氏(アドビシステムズ株式会社)
 権成俊 (株式会社ゴンウェブコンサルティング) 

 

<大阪会場>
 阿部圭司氏 (アナグラム株式会社)
 北村錬充氏 (株式会社LATERAL)
 住太陽氏 (SEO検索エンジン最適化 運営)
 森野誠之氏 (運営堂)
 権成俊 (株式会社ゴンウェブコンサルティング)
 

登壇者は豪華な顔ぶれ

(ウェブコンサルタントになるには 登壇者は豪華な顔ぶれ)

 

 

ウェブコンサルタントという職種は、企業によってその意味するところが違います。
「ウェブコンサルタントってどんな仕事?」「目指したいけどよくわからない」と感じている方も多いと思います。

 

そこで、現在ご活躍されているさまざまなタイプのウェブコンサルタントをロールモデルとしてご紹介し、ウェブコンサルタントという仕事を啓蒙したいと考えています。

 

今回のような取り組みを継続することによって、ウェブコンサルタントの育成、輩出につなげたいと思っております。

セミナーイベントで広く啓蒙
(セミナーイベントは継続的に開催、社会貢献活動としておこないます)

 

 

 

 

なぜウェブコンサルタントが必要か?

ウェブコンサルティング業界の成長見込み

(ウェブコンサルティング市場)

 

インターネットが浸透し、すべての企業にとってウェブ活用は必須となりました。しかしながら、ウェブ活用に投資しながらも、十分に成果が出ていない、という例が後を絶ちません。


多くの場合、その原因は、ウェブを活用して何をするのか、というゴール設定が正しくないからです。とりあえず、ウェブサイトを作るだけでは成果は出ません。
同じく、とりあえず、SEOをしたり、リスティング広告を出稿しても成果は出ないのです。なぜなら、インターネットは従来の事業環境よりも、極端な競争環境にあるからです。これまでとは異なるルールで戦う必要があります。


ネットで検索すれば簡単にたくさんの情報が手に入ります。
簡単に情報が手に入るのですから、消費者が、必要な商品、サービスを探すために、たくさんのサイトを比較するのは当たり前です。
比較検討された上で、「消費者に選ばれる明確な理由」が無い限り、高い成果は得られないのです。


しかしながら、多くの企業は会社案内冊子をそのままウェブサイトにしたり、取扱商品をそのままネット通販で販売したりしています。
はたして、それだけで問い合わせが増えたり、ネット通販での売り上げが伸びるでしょうか。
web活用を事業の枝葉ととらえず、根幹から考えるべきです。消費者の行動を読み解きながら、ウェブサイトにどんな役割をゆだねるか、そのためのサイト設計、アクセス対策、コンテンツを考える必要があるのです。


ウェブ制作者や、アクセス対策の専門家、ウェブアナリストなど、経験豊富なウェブプロフェッショナルは、「正しいゴール設定」の重要性に気づいています。
しかしながら、それは簡単なことではありません。
ついつい、「クライアントがサイトを作ってくれ、というのだから、とりあえず作ればよい」、「集客してくれ、というのだから、集客すればよい」、と流されてしまいます。

 

しかし、それが通用する時代は終わろうとしています。
ウェブサイト制作の単価は下がり、企業のネットアクセス対策も費用対効果に見合わないシーンが増えてきました。
企業のネット投資の目は年々厳しくなってきています。ウェブ制作会社や、ウェブマーケティング会社が事業を存続させるためには、クライアントの経営に貢献することで、より大きな投資を引き出していくしか無いのです。
綺麗なサイトやたくさんの訪問者という部分的な成果では無く、明確な収益、つまり経営成果を出すことが、クライアント、およびウェブプロフェッショナルが生き残る唯一の方法なのです。
これを考える立場にあるウェブプロフェショナルを、ウェブコンサルタントと呼んでいます。


ウェブコンサルタントが一人ですべての分野のプロフェショナルである必要はありません。必要な部分をそれぞれの分野の専門家に相談したり、経営者と一緒に考えることが出来ればよいのです。
重要なのは、誰もゴールのイメージを持たないまま、サイトを作ったり、集客をしても意味が無いということです。
ウェブを経営成果につなげる、という視点が重要なのです。
その視点があれば、ウェブ制作会社のベテランや、ウェブアナリストがコンサルタントの役割を担うことも十分に考えられます。

 

 

 

ウェブコンサルティングの市場規模

ウェブサイトの活用はもはやすべての企業にとって必須ですが、ウェブの専門家を雇用できるような規模の会社はごく一部です。
現在多くの企業は、リスティング広告の運用や、サイトの更新、改善を外部に委託するスタイルを取っていますし、このままでしょう。
このとき、ウェブサイトの制作会社やリスティング広告の代理店に個別に依頼するのではなく、ウェブコンサルタントが一括で受け、それぞれの分担を指示する、というスタイルが主流になると思われます。
そして、ウェブコンサルタントは毎月1回程度クライアントとミーティングをし、先月の検証、今月の施策を話し合い、実行に移していくことになると見込んでいます。
イメージとしては、税理士さんのようなスタイルです。


日本国内には約300万社の事業者がいます。
このうち、10%の企業がウェブコンサルタントと契約をするとしましょう。
また、一人のコンサルタントが10社と顧問契約をするとします。
その場合、日本全国で、3万人のウェブコンサルタントが必要になるということです。

中小企業向けコンサル

(中小企業向け ウェブコンサル)


現在ウェブコンサルタントを名乗る専門家は、首都圏を中心に、国内で数百人程度ではないでしょうか。
今の100倍くらいのウェブコンサルタントが必要になるということです。
ウェブ広告市場、ウェブ制作市場の規模が約7000億円と言われるなかで(*2)、
ITコンサルティング市場にならい、その5%がコンサルティング市場規模と考えるなら、約350億円の市場規模が見込まれます。


当社は国内ではもっとも古いウェブコンサルティング会社として、ウェブコンサルタントの育成のために、幅広いテーマでセミナーを行ってまいりました。
昨年からは、ISM(*1)という長期の教育プログラムを通して、より広く深く専門家の育成を行っています。

インターネットを活用した戦略とマーケティングの研修会 ISM イズム

(インターネットを活用した戦略とマーケティングの研修会 ISM イズム)

 

しかしながら、この規模では到底社会の需要をまかなうことはできません。
ウェブコンサルタント不足は、これからウェブ業界のみならず、ウェブ活用を考えるすべての企業にとっての大きなボトルネックになります。
そのため、この課題を解決するために、業界の有識者の支援を仰ぎながら、イベント「ウェブコンサルタントになるには?」を開催することにしました。

 

また、当セミナーの企画とともに、ウェブコンサルタントの方々にアンケート調査を行い、データを集計して「ウェブコンサルタント白書」のような形で発信していけるよう、合わせて準備を進めています。

 

 

ism*1
ism
http://www.gonweb.co.jp/ism/

 

*2
ミック経済研究所、「ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望2013年」 より

 

 

 

このプロジェクトは誰のために、どんな問題を解決するのか

ウェブサイトはすべての産業の効率を改善し、イノベーションをもたらすものです。
ウェブコンサルタントの育成は、全ての産業がこれから取り組むイノベーションのリーダーを育成することにつながります。


【社会にとって】

今回を皮切りに、イベントや情報提供を継続することで、ウェブコンサルタントの育成、輩出につなげます。
その結果、ウェブを活用する一般企業のウェブサイト制作やウェブマーケティングの失敗を減らし、経営成果に貢献することができます。


【ウェブコンサルタントに興味を持つ方にとって】

具体的なロールモデルを提示し、また今後継続的に情報収集を行っていくための機会を提供します。


【ウェブプロフェッショナル企業にとって】

コンサルティング人材を1人抱えることで、単なる制作やアクセス対策にとどまらない、新しい事業機会をもたらします。

 

 

 

引換券について

1. ウェブコンサルタント アンケートデータ冊子 ¥2,000-
 ウェブコンサルタントが実際に回答したデータの集計をお届けします。

 (郵送)

 

2. セミナーバッジ、協賛バナー掲載 ¥10,000-

 当イベントを応援してくださる意思表明バッジ(バナー)のデータを提供をいたします。サイトやブログに貼ってお使いください。

 協賛バナーは、イベント終了後に公式サイトに掲載いたします。

 

3. セミナーDVD ¥10,000-

 セミナーの内容を録画DVDとしてご提供します。(郵送)

 東京、大阪の2会場のセミナーDVDとなります。

 

4. セミナー1回 受講半額チケット ¥5,000-
 弊社が主催するセミナーを、半額で受講できるチケットです。

 1回50,000円(税込)までのセミナーでご利用いただけます。

 ※使用期限は、2014年4月1日から2015年3月31日までとなります。

 ※満席の場合はご利用をお断りすることがあります。

 

5. 支援者パーティー招待券(後日開催)
  セミナーバッジ
  協賛バナー掲載           ¥20,000-

 支援者のメンバーの方々の交流会パーティーにご招待します。
(3月開催予定)
 一部登壇者も参加します。
 東京、大阪の2会場よりお選びいただきます。
 当イベントを応援してくださる意思表明バッジ(バナー)のデータを提供をい
たします。サイトやブログに貼ってお使いください。
 協賛バナーは、イベント終了後に公式サイトに掲載いたします。

 

6. 講師招致権 ¥100,000-
・・・使用期限 2014年4月1日から2015年3月31日までとなります。

 当イベントの責任者である、ウェブコンサルタント 権成俊が講演に参ります。

 (講演時間2時間以内で1回。交通費別途)
 (講演テーマは今回の趣旨である「ウェブコンサルタントになるには?」です。(ご相談も可能))

 

 

2の引換券をお求めいただける方は、公式サイトの協賛枠にバナーを掲載いたします。

 

協賛バナー掲載一

(公式サイトへのご支援者 バナー掲載位置)

 

ご支援いただくことで、イベントが円滑に運営され、また継続的に情報発信が可能になります。

また、協賛という形で、バナー、リンクで意思表明をしていただくことで、多くの方がウェブコンサルタントの必要性を感じている、というメッセージを業界全体に伝えることができます。業界のイノベーションをご支援いただきたいと思います。

さらに、これを機に、この課題に関心を持っていただける方々とのご縁を作り、大切にしたいと考えています。
スポンサーとしてご協力も、ぜひよろしくお願いいたします。

 

 

ウェブコンサルティングのニーズは高いですが、経験者は少なく、人材育成も難しい分野です。業界全体で力を合わせて、取り組む機会としたいと思います。
当社は零細企業ではありますが、ウェブコンサルティング業界の古株として、これを私たちのミッションであると考えました。
ぜひ応援よろしくお願いいたします。


最新の新着情報