プロジェクト概要

年に1度の春公演を成功に終わらせるため、

舞台の照明費の支援をお願いします!

 

はじめまして。私達は慶應義塾大学公認ダンスサークル”W+I&S”です。私達は総勢160名以上のダンサーで構成されており、学園祭や三田祭のステージなど、年に多数のイベントで踊っています。その中でも毎年6月に行う「春公演」は、演出や舞台、照明など全てを0の状態から自分達で作り上げる、最も力をいれているイベントです。この公演は20年間続いてきている伝統のある公演で、慶應内外でも大変注目される公演となってきました。

 

今年の「春公演」は6月7日(土)、6月8日(日)に藤沢市湘南台文化

センターで行います。その春公演本番まで残りわずかとなってきた

のですが、公演本番に必要な照明費用が足りない状況でいます。

 


「過去最高の春公演、誇りの春公演」を目標に、10月からずっと

準備を進め、3月の練習期間からは週5日の練習をこなしてきました。

 

メンバー同士ぶつかることもたくさんありましたし、もうだめなんじゃないか、と思うこともありました。しかし、その度メンバー1人1人が本気で考え、話し合って、ぶつかりあって乗り越えてきました。それらも全て「春公演」に対して本気で、なんとかして成功させたいという強い思いがあったからこそだと思います。この公演を通してできた「絆」は胸を張って誇れるものです。自信を持ってこの春公演をみなさんにお届けします。

 

(公演前に円陣を組んで気持ちを一つに!)

 

過去最高の「春公演」を打つため、照明の力は

なんとしても借りたいのですが、このままでは

満足のいく照明がつけられない状態です。

 

このプロジェクトが成功したら、私達は、公演を見にきてくださった皆様により大きな感動や衝撃を与えることができます。それは、照明をつけることで、公演の可能性が大きく広がるからです。照明の力を借りた演出も数々考えていて、その演出の成功が公演全体の成功につながってきます。ここで集まったお金をその照明にまわすことができれば、僕たちの思い描いていた演出ができ、来てくださったお客様に最高の公演をお送りすることができます。

 

みなさんにぜひご理解頂き、この公演に必要な照明

費用を集めていきたいと思っております。

 

このページを見てくださり、ありがとうございます。私達は、去年の10月から会議に会議を重ね、誰が曲を創作するか、どのような演出にするかなど細かいところまでみんなで決めてきました。

また、春休みには、全員が朝早くから集まり、最後の詰めや練習を行ってきました。総勢160人以上のダンサーの「本気の想い」がこの春公演には詰まっています。この春公演をなんとしても成功させるため、みなさまになんとかご協力願いたいです。この公演に、そして本番の一瞬一瞬のため、本気で懸けています。

ぜひご理解ご協力よろしくお願い致します。
 


最新の新着情報