プロジェクト概要

プロの写真を使ったことありますか?

 

私は2001年に、写真を提供するホームページ『使える写真ギャラリーSothei』の運営を始めました。

ケータイの壁紙やブログなど様々な媒体に、プロの風景写真を使えるよ!というサービスです。「利用ルール」内で、誰でも無料で使えます(大サイズは有料)。

 

公開してしばらくすると、雑誌『日経パソコン』が紹介してくれました。利用者が増えて、お礼や喜びなどの反応があり、自分の写真が役立つことに気づいたのです。

 

小川
5月上旬・『清里 自然の森山荘』の敷地
小川に映る青空を気に入りパシャ

 

その後、写真を増やすため友人に参加してもらい、動物・花・都市とジャンルを増やしました。『使える写真ギャラリーSothei』(以下『Sothei』)を運営して15年経った今では、2,000点以上を提供しています(一部は有料提供のみ)。

 

今回、支援(購入)をお願いしたいのは、『Sothei』へ“新作を追加するための制作費”です。募金に応じていただいた方への「リターン」(お礼)には、画像データ・プリント写真・出張撮影をご用意しています。

 

南アルプス
3月下旬・美し森からの南アルプス
もっと雪の残る時期が良かった〜

 

私たちの写真が、何に役立っているか

 

『Sothei』への問い合わせをいくつか紹介します。

  • 文化祭の冊子に載せていいですか?(高校生)
  • 新製品の液晶に表示させていいですか?(メーカー)
  • TVドラマに映す広報誌があり、その表紙に載せていいですか?(制作会社)

利用ルール内だったので、全て「OK」と回答しました。

「利用規約」とするのが一般的ですが、中学生にも理解してもらいたいため「利用ルール」とし、文面も分かりやすくしたつもりです。問い合わせがあるたび、改善しています。

 

利用ルールのページ表示は一定数あり、内容について質問される人もいます。

ネット上は著作権侵害する人ばかりではないことを伝え添えます。

 

映る青空
9月中旬・八ヶ岳の人工池
空気がキレイだと「青」が違う

 

感想を送ってくれる人がいます(原文を抜粋)

  • イパーイきれいなのがあってめちゃめちゃスゴ━━━ヽ(●`∀´)ノ━━━イ!!!ですね  また遊びにきます(*´ェ`*)  これからもがんばってください(女性 16~22歳)
  • 素敵な写真が多く感服いたしました。(男性 36~60歳)  
  • 河口湖には格別の思い入れがあったので写真を見たときすごくうれしくもあり寂しくもありました  とてもきれいでした  これからも素敵な写真たくさん載せてください 楽しみにしています(女性 16~22歳)
  • 撮り方が上手で尊敬致しますv  これからも撮影、がんばって下さいv(女性 ~15歳)
  • 「春・夏・秋・冬」とか四季別カテゴリー分けしてくれたら嬉しいです♪(性別・年齢未選択)

何人に褒められても、慣れることはなく嬉しいものです。最後の提案は良いアイディアだと思い、四季ごとにページを作りました。

 

森の小川
7月下旬・主要道路から外れた穴場

 

提供している価値は「気分転換」

 

使う人はテーマに適した写真を探します。「眺めているだけでも楽しいです」というコメントもありました。

何枚も観られる過程で、“気分転換”していただいているのでは?と想像します。

 

また、外出しにくい人へ“旅行代行”の要素を含められないか、という思いが芽生え、エピソードを載せたブログ『写真散歩にゃ』を始めました。写真素材として提供できない“人が写った作品”とともにご覧いただけます。

 

美し森
3月下旬・美し森からの八ヶ岳

 

ここ数年、SNSに掲載する画像を求めて、『Sothei』へアクセスする人の割合が増えました。部屋や服装をこだわるように、SNS上の画像が“自己演出”の対象になっています。この用途は今後も増えていくでしょう。

 

そんななか「素人には撮れない写真」をどのくらい提供できるか、が“作りたいものを作る循環”を回すカギ、と考えています。

 

目指すは、作りたいものを作る循環

 

『Sothei』を始めたのは下図の循環を実現したいという思いからでした。

 

循環の図

 

写真を使う人が増えると、Webページが多く見られ、広告や写真販売の売り上げがアップします。そして、利益を次の撮影に使い新たな作品作りができます。

 

この循環がうまく回っていましたが、最近は競合が検索上位に現れ、撮影費を簡単に確保しにくくなりました。

 

曇りの八ヶ岳
5月上旬・平沢峠
晴れならば朝日が八ヶ岳を山頂から照らしていくそうです

 

冬の清里を撮りたい理由

 

撮影依頼で清里には何度か訪れていて、このページに掲載しているのはその時に撮ったものです。

 

『八ヶ岳アウトドア・アクティヴィティーズ』でガイドをしている清里在住の友人(下の写真)がいます。

 

ガイドを依頼する友人
撮影ガイドを依頼する友人
他の人の顔が隠れる絶妙なタイミング〜


その彼が「冬は観光客が減る」と教えてくれました。
客が少ないということは、目にしている人や写真も少ないということなので、撮りたいと思いました。たとえば、氷上のワカサギ釣りなど爽やかでシャッキとした画を撮れると期待しています。

 

撮った作品は『使える写真ギャラリーSothei』で提供(小サイズ:無料、大サイズ:有料)します。Twitterブログでも発表し、こちらではムービー掲載やエピソードを綴ろうと思っています。

 

カヤック
八ヶ岳の人工池でカヤックを楽しめます!
詳しくはブログに書きました

 

支援金の使途は次の通りです。

  • 出張費:約2万円
  • 撮影ガイド・現地車代:約2万円(2泊3日)
  • 制作費(画像・Web)・経費:約8万円


長坂 断のアイコン  私自身について

 

 

学生の頃から撮るのが好きでした。当初はムービーの方が多かったです。
インターネットが流行り始めたころ、「簡単に作品を発表できる」とWebデザインを学びました。

 

Webデザイナーとして企業で働いた後、2003年に個人事業『映像術』を開業しました。業務は、ホームページ運営と画像制作です。写真販売やプレゼン ムービーの請負制作などしています。

 

長坂 断

 

他人の写真を見るのも好きで、使う側(デザイナー)になることもあります。接するほど、写真の力を感じていて、自分もそういう作品を生み出したいと思っています。

 

特に風景写真においては、色を大事にしています。

色は、光を感じさせ、形を伝えるからです。

 

数年前の作品の色を、気に入らなくなり再編集することもあるのですが、色の感覚が上がっている、と(都合よく?)解釈しています。
 ご自身の写真も、色を調整してみてはいかがですか?ちょっと変えるだけで印象が変わりますよ。

 

過去には、目黒区主催の『めぐろシティカレッジ』などで、講師を担当し教案から作っていました。

 

まきば公園
6月中旬・まきば公園より
特長のない写真ですが、おすすめスポットなので掲載〜


ご質問などありましたら、お気軽にお送りください。
このページのプロフィールに[メッセージを送る]ボタンがあります。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

ご支援の程、よろしくお願いいたします。

 

長坂 断


最新の新着情報