プロジェクト概要

就労継続支援A型事業所の運営

障がい者が、一般企業に勤めるための就労訓練を行っております。

 

初めまして!こんにちは。株式会社With You 代表の小林俊介と申します。

今年の7月に設立した弊社は、同年9月から新潟県柏崎市で初となる就労継続支援A型事業所を運営しております。

 

就労継続支援A型事業は障がいを持った方(利用者)と雇用契約を結び、最低賃金を保障して働いてもらう(一般企業への就労訓練をしてもらう)事業です。その支援に係る費用と、利用者の給料として市から給付金を頂きます。利用者に対しては働くうえで必要なスキルや知識、コミュニケーションなどを教えて、一般企業への就労を目指してもらいます。

 

しかし、就労継続支援A型事業をより良い運営にするため追加設備費を必要としています。障がいを持った方をこれから一般企業に送り出すための訓練を行うためには、この事業所は必須です。ぜひ、皆様のご支援、ご協力よろしくお願いいたします。

 

(障がい者雇用に力を入れ始めたキッカケとなった最初の従業員『タク』(左)障がい特性を活かした働き方で今では欠かせない戦力です。)

 

 

この事業所で得れるのは作業をするスキルだけではありません。

モラルやルール、コミュニケーションなど社会に出るための大切なことも教えています。

 

弊社は、もともと自動車部品やカメラやスマホなど電子部品に携わる製造関係の民間企業が前身で、地域の障害福祉のニーズを追った結果がこのA型事業でした。ですので、就労支援の内容も製造業の末端に係る仕事がメインとなっております。

 

しかしながら、文字の読み書きはもちろんの事、最低限のPCスキルや、社会の中でのモラルやルールも教えていかなければ本当の意味での就労支援にはならないと考えています。

 

(特別支援学校の生徒さんらの実習風景)

 

 

現状の設備では充実した支援が行えない現状

利用者の教育を充実させるための追加設備費が必要です。

 

利益を生まない仕事(前述したような教育など)も支援の内容に盛り込んだ時に、どうしても費用的な持ち出しが増えてしまいます。また、利用者さんにPCを使用してもらう上で、会社の情報が多く入った物を使わせるわけにはいかないので、訓練用のPCも購入しようと考えております。PCスキルを身につけることは、就労の際にとても大事なポイントなので、PCを使いこなさるようにする訓練は必須なのです。訓練用PC購入費用など設備拡張費用など合わせて30万円を必要としています。

 

(仲良く就労訓練に励んでいます。)

(地域のクリーン活動に利用者さんと参加)

 

 

全国で障がい者の就労へ理解を深めたい。

働ける人を育て、自立の応援をしていきます!

 

障がいを持った方が一般企業で働くことは容易なことではありません。我々事業所はもちろんのこと、家族や地域の方、受け入れ先の企業様や行政、また時にはこのような場を通じて支援して下さる方が居て、ようやく形になり、定着へと繋がっていきます。

 

弊社や、この柏崎市だけでなく、全国で障がい者の就労への理解が深まることで、働ける障がい者が増え、それはイコール納税者が増えることになり、結果的に地域の活性化に繋がると思います。

 

(作業訓練中の風景)

 

 

---◆支援者様へのリターンのお品物◆---

 

¥3,000 

☆サンクスメールorレター
利用者さん達とお礼の手紙を書かせていただきます。

☆市内の福祉作業所で販売している雑貨や特産物(1,000円程度)

¥10,000 
☆サンクスメールorレター
☆市内の福祉作業所で販売している雑貨や特産物(2,000円程度)


¥30,000
☆サンクスメールorレター
☆市内の福祉作業所で販売している雑貨や特産物(3,000円程度)
☆弊社HPにお名前掲載(『支援者さま』ページ作成予定)
☆新潟県産のお米 5kg

¥50,000 
☆サンクスメールorレター
☆市内の福祉作業所で販売している雑貨や特産物(3,000円程度)
☆弊社HPにお名前掲載(『支援者さま』ページ作成予定)
☆新潟県産のお米 10kg


最新の新着情報