プロジェクト概要

ご支援のお礼とこれからの目標について

 

これまでのご支援、誠にありがとうございます。

皆様のご支援のおかげで、まいにち子ども食堂がオープンすることができます。子ども・若者たちそして地域の方々とともに、笑顔の場所を作っていけます。本当に心より感謝しています。

 

「まいにち」をキーワードに1人でも多くの方にとって安心できる場になるように頑張っていきます。

 

そこで今回のクラウドファンディング、残りの期間でさらに支援の輪を広げ、1人でも多くの方に賛同していただきたいと思い、支援者数200名様をめざし、金額も150万円を設定させていただきます。

 

これまでご支援ご協力をいただいたみなさまも、また、これをきっかけに初めてお知り合いになった方も、これからも一緒に多様な形で参加していただきたいと思っております。

 

いただきました資金は全て「まいにち食堂」の運営資金に充てさせていただきます。

どうか1月31日までよろしくお願いいたします。

 

--2018.01.11追記 

 

まいにち子ども食堂応援者リレー実施中

 

まいにち子ども食堂 2018年2月中旬オープン!
子どもたちに
安心できる場所と美味しいご飯を届けたい。

 

みなさま初めまして。NPO法人ワンダフルキッズの六郷伸司と申します。我が子どもを塾に通わせることができなかったことをきっかけに、6年前に無料学習塾を立ち上げ、その後、学習以前に食べることができていない子どもたちのために、子ども食堂を運営していきました。

 

地域のボランティアスタッフの方たちと一緒にこれまで40回 1,000人以上の子どもたちに食事を提供してきました。しかし、現在開催できても月に2回。もっとご飯を提供しなくてはいけない子どもたちはたくさんいます。そこで、まいにち子ども食堂と題して、2018年2月中旬に東京の板橋区高島平に子ども食堂を開設することを決めました。

 

ー代表紹介動画ー

 

食べることすらできない子どもたちがたくさんいました。

 

私には4人の子どもたちがいます。4人とも成人になり、それぞれの道を歩んでいますが、子どもたちが学生の頃、私は個人事業主として生計を立てていました。なかなか売り上げも伸びず、妻も仕事をしていたのですが、家計は火の車でした。

 

そんな時、3番目の息子が高校受験を控え、友達と同じように塾へ行きたいと言ってきました。しかし塾代は安くなく、通わせてあげることができませんでした。

 

そこで、荒川区に無料学習塾があるという事を聞き、そこに通わせていただきました。しかし翌年もう一人受験をする4番目がいたので、他にもいろいろ調べましたが、結局住んでいる地域の板橋区には無料学習塾はありませんでした。

 

そこで考えました。

自分のように困っている家庭は絶対いるはずだ。

無いのなら自分で作ってみよう。

 

それから仕事をしながら無料塾を作るための準備を始めました。人脈が厚い友人に一緒に行なってくれる仲間を集めてもらい、2011年5月に板橋の無料学習支援塾「ワンダフルキッズ」を立ち上げました。

 

子ども食堂の様子。親子で参加してくださる方もいます。

 

ご飯の後は子ども同士で楽しく遊びます。

 

子どもは社会の宝物。

一人ひとりの尊厳を大切にしてきました。

 

2011年から5年間これまで230人の子どもたちの学習支援をしてきました。そして私たちが大切にしてきたのは、単なる学習支援だけを行なうのではなく、子ども達にとって”居場所”になること。寝たい時は寝ていい、遊びたい時が遊べばいい。

 

子どもはこれからの未来を背負っていく社会の宝物です。

だからこそ、一人ひとりの尊厳を大切にしてきました。

 

そんな居場所としても機能できるように活動してきたのですが、改めて見えてきた問題がありました。それは学習以前に、食べられない子どもたちが多くいるということです。

 

さらに経済的貧困だけではなく、社会的貧困も多く存在していたのです。つまりワンダフルキッズへ来る子どもたちは、引きこもりが多く、社会と繋がれていなかったのです。ひとり親家庭で満足に食べられない子も…。

 

そんな子どもたちに居場所と食事を与えたい。

そこで私たちは2016年から月2回の子ども食堂を始めました。

 

 

 

スタッフの皆さんが愛情込めて作る食事は本当に美味しいです。

 

もっと美味しく楽しく元気になってもらいたい!
そんな思いを形にします。

 

現在板橋区前野町をメインに月に2回、地域のボランティアスタッフの方々と子ども食堂を開いています。スタッフの方々は元教員の方もいらっしゃり、子どもたちの気持ちもよく理解してくれています。これまで活動を続けてこれたのもそんな心あるスタッフの皆さんのおかげです。


そして何より嬉しいこと、それは子どもたちや親御さんたちの間で仲良くなったりする姿を見れたことです。中には「新しい兄弟ができたみたいで嬉しい。また来たい!」元気にそういってくれる子どももいました。

 

しかし、月にたった2回の開催。

本来食べることは1日3食必要なのに本当に月2回だけで問題改善になっているのか。

 

私はワンダフルキッズの活動を見直しました。

 

そして今回、知的障がい者グループホームのユーオン高島平さんとご協力し、まいにち子ども食堂を運営するプロジェクトの計画を始めることになったのです。

 

 

多くの子どもができたようで私も楽しくなります。

 

子ども若者たちが来たい時、

おなかがすいたときにいつでもふらっと来れる場所を作りたい。

 

【まいにち子ども食堂】

 

■子ども食堂兼居場所支援 オープン時間
(土日祝日問わず)7:00-20:00
※お休みさせていただく時は別途アナウンスいたします

 

ご飯提供時間
[朝]7:00-8:00 [昼]12:00-13:00 [夕]18:00-20:00 

 

■住所
板橋区高島平7-23-21コーポ芳乃パーク106

ページ公開時は以下でご案内しておりましたが、より良い環境でのオープンができるようになりましたので、変更させていただきました。(2018/1/16 追記)
■子ども食堂
月曜:[朝] 7:00-8:00 [昼] 12:00-13:00
火曜:[朝] 7:00-8:00 [昼] 12:00-13:00 [夕] 18:00-20:00
水曜:[朝] 7:00-8:00 [昼] 12:00-13:00
木曜:[朝] 7:00-8:00 [昼] 12:00-13:00 [夕] 18:00-20:00
金曜:[朝] 7:00-8:00 [昼] 12:00-13:00
土曜:[朝] 7:00-8:00 [夕] 18:00-20:00
日曜:[朝] 7:00-8:00

■居場所支援
月曜:7:00-17:00
火曜:7:00-20:00
水曜:7:00-17:00
木曜:7:00-20:00
金曜:7:00-17:00
土曜:休み
日曜:13:30-16:00(いたばし総合ボランティアセンター)

■住所

板橋区高島平7-47-10

 

 

食べるときは食べ、遊ぶときは遊ぶ。そんな子どもたちばかりです。

 

子ども若者に自分らしく、そして安心できる場所を。

 

子ども若者たちに、自分らしい生き方をしてもらい自信を持ってもらいたいです。先ほども述べましたが、子どもたちは社会の宝です。その子たちが自信を持てたのなら、社会が変わると言っても過言ではありません。

 

そしてそれは難しいことではないんです。

 

おなか一杯にご飯を食べてもらい笑顔でいてもらう。たったそれだけでいいと思うんです。その体験が子どもたちに希望を与え、人生と豊かにすると思うんです。

 

そしてそんな子どもたちの笑顔を見た大人たちも笑顔になる。そんな笑顔の連鎖を望んでいます。子どもたちが大人になった時、あの時の居場所、あの時のご飯が支えになってほしい。そう心から願っています。

 

そのためにはみなさまのお力が必要です。どうか皆様のご支援をお願いいたします。

 

幼い子どもでもお片づけは欠かしません。

 

リターンについて
子どもたちと一緒に遊んでください。

 

・お礼のメール

 

・子ども若者たちの様子がわかる会報誌をPDFにてお送りします。

 

・子ども若者たちの様子がわかる会報誌

 

・ワンダフルキッズオリジナル缶バッジ

 

・子ども食堂年間パスポート

 

・食堂にサポーターとしてお名前を掲載できる権利(小〜大サイズ)

 

・ワンダフルキッズの主催のイベント花見にご招待。(日程等は追ってご連絡させていただきます。)


最新の新着情報