プロジェクト概要

木の良さを知ってもらいたい。京都の杉を使ってDIY

 

【材木屋さんの集まり・京都木材青年経営者協議会】

わたしたちは京都で木材の利用促進を目指し活動している材木屋さんの集まりです。山林の環境を保つためには適度な木材利用が大切です。そのため、日ごろから子供向けの木育活動やイベントでの木工・DIY教室などを通して、より多くの方々に木の良さを知ってもらうための活動をしています。

 

サイコロ

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

【もっと木の良さを伝えたい】

もっと多くの人に木を使うことを好きになってもらいたい!そんな思いから、こちらのサイトで興味がある方を募集して、DIY教室開催を計画いたしました。

今までも地域のイベントなどに木工教室を出店するなどしていましたが、参加者を事前に募集することで、興味のある方と知り合いたい。そしてもっとDIYの楽しさや木材の良さを知ってもらいたいと考えています。京都の木を使うことで地産地消の推進にもつながれば幸いです。

 

 

 

▼プロジェクトの内容

京都府内産の「杉」を使って椅子を作って頂きます。

角材の簡単なカットから釘打ち、自然塗料を使った塗装まで、DIY初心者の方から参加できる内容となっております。工具の使い方や組立方など指導いたしますが、できるだけご自身で製作して頂きたいため、中学生以上の募集とします。

 

<DIY作業工程>

のこぎりで部材をカット(一部)

釘と金づちで組立

サンドペーパー掛け

自然塗料で色付け

完成!(約1時間半)

 

午前・午後の部各5名(計10名)の募集です。

 

木材に触れるイベント「木のひろば」の一環として開催いたしますので

このDIY教室以外にもいろいろなブースを用意しております。

(子供向け木工やペレット窯で焼いたピザ、木の滑り台 etc..)

お子様連れの方も楽しんでいただけます。イベントの情報は↓のリンクから。

 

http://www.kyo-mokuzai.net/

(京都木材青年経営者協議会HP)

 

※このプロジェクトが成立しなかった場合も上記のイベントは開催いたします。

開催日:2019年3月10日(日)10時~16時

(お申込みに関わらず是非ご来場ください)

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

京都の杉植林地は数十年を経て伐採時期を迎えた木がたくさんあります。

しかし木材利用があまり進んでいないのが現状です。

森林や水源としての環境保全には適度な木材利用や植林の循環が大変重要です。

このプロジェクトを通して「木が好き」な人、「DIYが好き」な人とたくさん繋がって、フィードバックを頂くことで木材の利用や森林環境のより良い未来に向けて活動を発展させて行きたいと考えています。

 

 

▼リターンについて

DIYで皆さんに作ってもらった椅子をお持ち帰り頂きます。

・プロジェクトの終了要項

2019年3月10日(日)イベント「木のひろば」においてDIY教室を開催したことをもってプロジェクト終了といたします。

・関連事項

開催日時:2019年3月10日 10:30~及び13:30~

主催者:京都木材青年経営者協議会

開催場所:京都府地球温暖化防止府民プラザ

製作個数:10個

 

※天災等やむを得ない事情により
予定していた日にイベントが開催できなかった場合返金する。

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)