プロジェクト概要

【WORLD WIDE WORKING】は世界のアート、デザイン情報と世界を舞台に活躍する日本人クリエイターのインタビューを発信し、若いクリエイターが海外に出るきっかけをつくっていきます!

 

はじめまして!小林龍一と申します。私はフリーランスのクリエイターとして、企業などの広告イラストやグラフィックデザインの仕事に携り、また、国内での企画展やグループ展、海外で個展を開くなど、精力的にクリエイティブな活動をしています。

 

そこで今回、日本の若い世代のクリエイターが海外に出るきっかけとして、旅をしながら世界のアートやデザインの情報と、世界を舞台に活躍するクリエイターのインタビューを発信するサイト【WORLD WIDE WORKING】を立ち上げました。第1弾として、文化的に最も影響を受けたヨーロッパを旅し、facebookやカウチサーフィンなどのSNSを駆使しながら現地の人や日本人クリエイターにコンタクトをとり、普通の旅では得られない様なアートやデザイン、カルチャー情報を発信していきます。


しかし、まだヨーロッパを旅する上での移動費、滞在費が足りていません。プロジェクト成功のためにどうかご支援のほどよろしくお願いいたします!

 

(ニューヨークで個展をした時の様子。この時は作品だけが海を渡り自身は現地に行く事が出来なかった後悔があり、アートやデザインを通して海外の人たちとコミュニケーションをとりたいという想いが今回旅に出る要因の一つでもあります。)

 

(展示活動を通して様々な人と出会って来ました。)

 

若いクリエイターのキャリア選択のヒントなる、【WORLD WIDE WORKING】

 

世界のアートやデザインの情報を発信することで、世界を知るきっかけをつくり、世界を舞台に活躍する日本人のアーティストやデザイナー、イラストレーター、フォトグラファーなどに、海外での働き方や生活スタイルを伺い、また、彼らが持つ未来へのイメージ(ビジョン)を追求する事で、若いクリエイターがこれからのキャリアを考える上での一つの指針を示していきます。

 

WORLD WIDE WORKING【 簡易版 】

http://www.worldwideworking.jp/

RYUICHI.K ART&DESIGN【個人サイト 】

http://www.ryuichi-kobayashi.com/

 

( “世界との繋がり”をコンセプトにロゴを作成。)

 

日本の若いクリエイターも世界を意識することが必要とされる

 

国内での活動を通し様々な人と出会い、『世界を舞台に活躍するクリエイター』に強く影響を受けてきました。国や企業、社会の枠組みを越え時代の変化を見極めながら自由な発想で活躍するその姿に、グローバル時代を生きる私たち若い世代には、今後より一層世界を意識した活動が求められているのだと気づかされました。

 

(プロジェクト実行地はヨーロッパ)

 

■ WORLD WIDE WORKING詳細 ■

2015年3月からヨーロッパ中を旅しながらアートやデザイン情報を発信していきます。

 

< プロジェクトの目的 >

日本の若いクリエイターが世界へ出るきっかけをつくる。

世界での働き方、ライフスタイルの選択肢を広げる。

 

< プロジェクトの目標 > 

クリエイターインタビュー数:20人以上
サイトページビュー数:1000/月

 

< プロジェクトスコープ >
WEBサイト、Facebookページの立ち上げ、
海外で活躍するクリエイターへアプローチし、取材、編集、発信を行う。

 

< プロジェクトの活動期間  >
2015年3月から10月までの8ヶ月間。
※2014年11月から12月までフィリピンへ語学留学、2015年1月に渡欧し情報収集していきます。

 

< 訪問国リスト(予定) >
ドイツ / フランス / イタリア / イギリス / オランダ / スペイン /  ポルトガル / ノルウェー / フィンランド / スウェーデン / デンマーク /チェコ / ハンガリー / オーストリア / スイス / ポーランド / ルーマニア / ベルギー / ギリシャ

 

 

■ 引換券について 

 

1. サンクスメールをお送りいたします。

 

2. WEBサイトにお名前を記載いたします。


3. ヨーロッパから絵葉書をお送りいたします。

 

(オリジナルデザインの絵葉書に、一つ一つメッセージを書いてお送りいたします。)

※写真はイメージです。

 

4. 帰国後、旅をまとめた小冊子(ZINE)をお送りいたします。

 

(旅で得たヨーロッパのカルチャー情報をまとめて、イラストや写真を使ったZINEを作成し、お送りいたします。)※写真はイメージです。

 

5. 帰国後、ヨーロッパのお土産をお送りいたします。

 

6. 旅する中で描いた絵をお送りいたします。


最新の新着情報