プロジェクト概要

香川県・丸亀で、江戸時代の雰囲気を残す"なまこ壁"の古民家を改修し、
地域の人々が集えるコミュニティースペースを作りたい!

 

はじめまして山口公乃です。私は東京からこの香川県・丸亀に移住をしてきました。これまで経営するフェアトレードショップを通じ、地元の方と他県からの移住者を繋げる活動を行ってきました。そして今年から「ワールドカフェ丸亀」を立上げ、丸亀を盛り上げる活動をはじめました。

 

そこで、「居場所が欲しい」という意見が多く出るようになりました。人が交流出来、情報交換が出来る。観光客が一息つける・学校帰りに寄り道出来る。そんな「居場所」としてのコミュニティカフェをつくり、他県からの移住者の支援や、シャッター街となった商店街の活性化に役立てていきたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

そこで今回商店街で長く活用されてこなかった"なまこ壁"の古民家を改修し、このコミュニティカフェにすることになりました。しかし、この古民家を改修するための費用が足りていません。ぜひ皆さんのお力を借りることが出来ればと思います。

 

東京から移住し、コミュニティづくりに取り組んでいます。

 

 

8割以上が店を閉めシャッター街となったアーケード商店街
丸亀は魅力的な街なのに郊外の大型店舗に人が流れてしまう状況

 

ここ丸亀は多くの観光客が訪れる魅力を備えた街なのに、郊外に出来た大型店舗に地元の人の足は向かってしまいます。東京から移住した私を温かく向かい入れてくれた商店街のお年寄りたちは「日ごとに人が減って行くねえ」と嘆くばかり。

 

商店街では他県から来るイベント業者主催のイベントは行われますが、1日限りの集客で普段の集客には繋がりません。瞬間的にイベントで人を集める以外に何にか活性化に繋がることはないかと考え始めた時に移住者交流会で「居場所=コミュ二ティカフェ」が欲しいという意見を聞きこのプロジェクトを始めました。

 

シャッター街となった商店街

 

 

"なまこ壁"とは江戸時代の武家屋敷にはじまる伝統的な技法
歴史的にも貴重な資源を新たな"居場所"として育てていきたい

 

コミュニティカフェの場所は、商店街の中で長く忘れられていた「なまこ壁」の古民家を再利用しようということになりました。この古民家は以前、布地を扱う店のアトリエとして使われていたということで、生地屋で布を購入したお客さんから洋服に仕立てるオーダーを取りお針子さん達がこの場所でミシンを踏んでいたということでした。

 

なまこ壁とは、壁面に平瓦を並べて貼り、瓦の目地(継ぎ目)に漆喰をかまぼこ型に盛り付けて塗る工法で、その目地がナマコに似ているところからその名がついたそうです。装飾目的だけでなく、防火、防水の目的を持ちます。

 

江戸時代の武家屋敷に始まり土蔵や城郭、築地塀、蔵に使われ、現在でも史跡などで目にすることが出来ます。ここ丸亀には丸亀城を中心に数か所転々と残っていて、観光客を中心に写真を撮り集める愛好家もいます。私たちは歴史的にも貴重な資源を再利用することで、皆の「居場所=コミュニティカフェ」を、より愛して貰える場所に育てていけると考えました。

 

「なまこ壁」の古民家部分

 

瓦の目地(継ぎ目)に漆喰をかまぼこ型に盛り付けて塗る工法

 

コミュニティカフェはカフェとしての役割だけではなく、
ワークショップやマーケットの場としても活用したいと思います

 

今回作るコミュニティカフェは「なまこ壁」の古民家再生で作るコミュニティスペースとなります。通常の喫茶店としての営業はもちろん、観光客・移住者・市民に役立つパンフレットを常設したり、ワークショップ(市の職員を派遣して頂き丸亀についての勉強会を行ったり、市民と移住者が相互理解を得られるような内容のWSを企画中)を行ったり、地域の人の憩いの場所となるような場所を目指します。

 

また認証団体・移住支援「ワールドカフェ丸亀」の拠点として、地域通貨の前段階である制服のリサイクルや自然派マーケットの企画・実行を行う場所としても活用して行きたいです。

 

■場所: 香川県丸亀市通町41-1

■改修期間: 2017年2月1日~3月31日

■オープン予定:2017年4月1日

 

暖かく人が集える場所に

 

コミュニティカフェのイメージ

 

 

移住者・市民が一緒に集まることができる「居場所」をつくり、
シャッター街となった商店街を地元の若者からも愛される街に

 

街づくりには「場」「人」「継続」が大切と言われていますが、それを育む場としてコミュニティカフェを作りたいと考えています。

 

「よそ者」だから感じる丸亀の魅力を丸亀の魅力に慣れてしまっている市民の方と再発見したい、そして魅力を発信して行く拠点としてコミュニティカフェが活性化の第一歩となることと考えています。 そして、このプロジェクトを通して、若い人たちに都市を経ない生き方をも提案出来るのではないかと思います。

 

生まれ育った街は慣れてしまっていて魅力がわかりにくいこともありますので、駅から丸亀城に続くシャッター街を活性化させることにより若い人の地元愛を育て街を盛り上げて行きたいです。

 

丸亀城
海も近く自然が溢れる環境です。

 

丸亀の美しい風景も魅力の一つです。

 

ご支援の使いみち

・改修費の一部の資金

・手数料

今回のご支援は古民家の改修費の一部として充てさせていただきます。

 

リターン

香川・丸亀から心を込めたリターンをお送りします。

 

○心を込めたサンクスレター
○活動報告書
○なまこ壁柄マスキングテープ

○店内設置御芳名板へのお名前記載(ご希望の方)
○オープニングパーティにご招待

(現地までの交通費・宿泊費は各自ご負担下さい。)

 

○ワールドカフェ丸亀コーヒーチケット

 

○香川県名産お菓子・うどんぴっぴ3袋セット


○さぬきうどん



○オリジナルカフェエプロン

○小原紅みかん1箱(香川県特産品5,000円相当)又は丸亀名物骨付き鳥3本

 

○瀬戸内の海産物セット(10,000円相当)


最新の新着情報