プロジェクト概要

 

僕達が小学生の頃、何かに「チャレンジ」できる環境があった。

 

大会で優勝したい。模試でいい点をとりたい。

そのために泥だらけになって練習をしたり、必死に勉強した過去を皆さんもお持ちではないだろうか。

 

カンボジアでも、子ども達が裸足でサッカーをしている光景をよく目にする。

ただ、何かが足りない。それは、勝ちたい、優勝したい、と心から思える「チャレンジ」できる環境だった。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


はじめまして!学生団体WorldFutです!

 

私たちは「幸せと笑顔であふれる世界を創るために、サッカーを通して全ての人々にキラキラ笑って暮らすキッカケを提供します」という理念の下、カンボジアのプレイベン州スマオン小学校へ10年間サッカーを通した継続的なサポートを行なってきました。

 

2008年、当時大学2年だった石島知が、中田英寿さん主催の「Take Action」という震災復興を願った親善試合を観たことにより、「自分もサッカーを通して誰かのためになりたい」と考え、三井俊介と共にサッカーで国際協力をする学生団体WorldFutを創設しました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


それから10年。サポート先のスマオン小学校は、グラウンドやボール、ゴールもあり、毎日のようにサッカーを楽しんでいる子ども達の姿が見られるようになりました。そんな子ども達の親御さんからは、ありがたいことに「子ども達は毎日、サッカーを楽しみに小学校へ行っています。WorldFutには本当に感謝しています。」という声をいただくようになりました。※詳しい活動実績はこちら

 

私たちはスマオン小学校の子ども達はもちろん、カンボジア全土の子ども達がサッカーを通して、好きなこと、やりたいことができる、また夢や目標に向かって挑戦できる環境を提供するため、日々活動しています。

 

そして今回、そんな環境を提供すべく、「*DreamChallengeCup」を開催することにしました。主に農村地に住む子ども達をプノンペンオリンピックスタジアム に招待し、サッカー大会を行なう予定です。ただ、農村地域に住む子ども達は、自らが都市部へと赴くための資金の余裕がないのが現状です。*DreamChallengeCupとは、学生団体WorldFutが過去2度開催したカンボジア全土に住む子ども達を対象としたサッカー大会

 

そこで、クラウドファンディングを立ち上げ、農村部に住む子どもたち専用バスの手配費用、食費など、参加する上で必要な資金をご支援いただくことにしました。どうか皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

さらなる価値をカンボジアの子ども達へ提供したい

 

カンボジアでは、12歳以下の全国サッカー大会がないことや、農村地に住む子ども達が他地域に住む子ども達とサッカーをする機会すらないことに課題意識をもったことから、DreamChallengeCup(以下DCC)は始まりました。

 

DCC当日の撮影面やメンバー指導では江頭康雄さん、オリンピックスタジアムを貸して頂く際にはカンボジアサッカー協会の小原一典さん、チーム招待や備品の貸し出しではプノンペンクラウンのGM池田憲昭さん、現地広報やチーム招待ではソルティーロファミリアサッカースクール海野貴裕さん、バスの手配や当日運営ではKHJ永井唯さんを筆頭に多くの方々の支えがあり、毎年DCCを開催することができています。本当にありがとうございます。

 

第1回大会

開催日:2016年9月5日

場所 :オリンピックスタジアム

参加チーム:6チーム

参加人数:約80人

 

第2回大会

開催日:2017年9月7日

場所 :オリンピックスタジアム

参加チーム:12チーム

参加人数:約150人

「36対36」というグラウンド全面を使い、ボールを13個利用したゲームを行いました。子ども達は、予選ではグラウンドの4分の1しか使えないので、全面を駆け回りのびのびとサッカーをする姿を見ることができました。

 

現在カンボジア全土でサッカー熱はとても高く、代表戦を見ようとオリンピックスタジアムに5万人以上が集まるといわれています。ただ現状、都市部に住む子ども達に比べ、農村地域に住む子ども達は、身近にプロサッカーチームやサッカースタジアムが存在しないため、サッカー選手という夢に対する現実感や憧れが持ちにくい環境があります。

 

そのため第3回大会では、農村地域の子ども達の人数を多く招待することにより、「農村地域に住んでいるから、サッカー選手という夢の現実感が希薄である」という現状を打破したいと考えています。

 

私たち自身、幼い頃にサッカー大会に参加して「あのチームを倒したい!」や「あいつより上手くなりたい!」というような目標を抱いた経験があります。だからこそ同じ経験を多くの子どもたちに味わってほしい。毎日努力して結果を出した、あの達成感を味わってほしい。そんな思いで、クラウドファンディングを立ち上げることにしました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd


第3回 DreamChallengeCupを開催!


今回、皆さまからいただきましたご支援は、大会運営費(参加チームバス代、昼食代、水分代、ゴール運送費、通訳雇用費、救護班雇用費、テント代)に充てさせていただきます。

 

イベント詳細

開催日時:9月1日 9時〜14時

開催場所:プノンペンオリンピックスタジアム 
住所:Charles de Gaulle Boulevard, Phnom Penh 12253

参加チーム(予定):8チーム

一日の流れ:予選リーグ、その結果による決勝トーナメント

その間には大会中企画として、試合とはまた別に楽しめる企画を用意。

※悪天候の場合、時間を調整し、開催します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

夢や目標に向かって挑戦できる大会へ。

  

今後DCCが更に発展することで、カンボジア全土の子どもたちの目標となり、サッカー選手という夢を追い続けるきっかけになる大会になることを願っております。

 

皆様のお力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

 

2018.06.19     

学生団体WorldFut  

 

   

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

資金使途

 

水分代:12,000円

テント代:14,000円

バス代:210,000円

ゴール運送費:15,000円

現地スタッフ派遣費:7,000円

審判派遣費:14,000円

救護班:14,000円  

通訳費:20,000円

備品購入代:20,000円

昼食費:20,000円

夕飯代:30,000円

リターン費用:24,000円 

Readyfor手数料(税込):91,800円

Readyforオプション手数料(税込):32,400円

 

必要金額合計:522,200円

この内の50万円のご支援をお願いいたします。

 

 

※ご支援の方法がわからない場合、下記を参考にしてください。

・クレジットカードでのご支援について(最終日23時までご支援いただけます)
https://readyfor.jp/proposals/download_purchase_manual

・銀行振り込みでのご支援について(最終日15時までご支援いただけます)
https://readyfor.jp/proposals/download_purchase_bank_manual


最新の新着情報