READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

伝えたい!イスタンブールに住むシリア難民の現状を

山中 翔大郎(WorldLink代表)

山中 翔大郎(WorldLink代表)

伝えたい!イスタンブールに住むシリア難民の現状を
支援総額
71,000

目標 650,000円

支援者
10人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2013年08月09日 05:07

シリア難民の支援のため・・・

2013年6月20日「難民の日」に

本プロジェクトを公開してすでに50日間が経ちました。

 

イスタンブールという大都市にいて支援を受けられない

シリア難民にできることはないか模索して立ち上がった

このプロジェクトもあと10日間でスポンサー募集を〆切ります。

 

キャンプだけに収まりきらず都市へと繰り出したシリア難民。

トルコでは母国の資格も通用せず職探しは困難を極め、

言葉の壁と高い家賃が彼らの都市生活を脅かしています。

 

本プロジェクトを通して、彼らの生活を学生にホームステイ

という形で経験してもらい、様々な現地支援団体と接触して

日本からどのような支援が彼らに対してできるのかを考える

その第一歩にしたいと思ってはじめたプロジェクトです。

 

残り短いですがどうか皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・学生特派員による現地報告ルポ・写真、メールマガジン

・シリア女性避難民による刺繍の手工芸品販売を通じて難民支援を行う団体、イブラ・ワ・ハイトのアクセサリー

・写真展開催などの活動を通じてシリアの今を伝える団体「シリアの情景」のポストカード

支援者
7人
在庫数
制限なし

10,000

上記3点に加え、

・オリーブとローレルからできたオーガニックな「アレッポ石鹸」

・20代のトルコ人、シリア人から構成されるイスタンブールのNGO Insanでチャリティ販売されているシリアのアクセサリー(アクセサリーの資金はシリアへの救急車購入代金に充てられます)

支援者
3人
在庫数
制限なし

50,000

上記5点に加え、

・シリア避難民の講師から学ぶ、WorldLinkオンライン英会話(もしくはアラビア語)レッスン(1カ月分)

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする