プロジェクト概要

 

当事者としてLGBTの認知度を高めたいと、様々な活動を行ってきました。

 

はじめまして!タカシです!旅が大好きな22歳です!

 

僕はトランスジェンダーで、女の子として生まれましたが、幼いころから自身の性別に違和感を持っていました。現在は心の性に身体を近づける治療をしながら、男性として日常生活を送っています。

 

当事者としてLGBTの認知度を高めることで、僕と同じような悩みを抱えている人や、LGBTと呼ばれる人たちがありのままで過ごせる社会を目指して、NPOのボランティアとして全国の企業や学校に出向いて講演を行ったり、イベント運営に携わったりしています。

 

また僕自身がトランスジェンダーであり、心と身体の性を近づけるための治療や手術を行ってきたので、その体験談などを解説した動画や、LGBTを身近に感じてもらえる動画などをYouTubeで発信活動もしています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
LGBT支援の象徴である6色のレインボーフラッグ

 

 

日本人の約8%、13人に1人がLGBTの可能性があると言われています。

 

LGBTとは?

L​・・・レズビアン(女性の同性愛者)

G・・・ゲイ(男性の同性愛者)

B・・・バイセクシャル(両性愛者)

T・・・トランスジェンダー(身体と心の性別が異なる人)

 

講演活動では、「自分がこれまで性に対してどう感じて生きてきたのか」”LGBT”は特別な存在と思われがちですが、実はそうでなくて、みなさんと「なにも変わりない」ということを伝えています。

 

この活動を通して、僕たちの話をまるで自分のことかのように涙を流しながら親身に聞いてくれて、LGBTの当事者が生きやすい社会のために行動を起こそうとしてくれる支援者の方々に出会うことができました。

 

また、自分の性に悩んでいたことを誰にも相談できていなかった子供達が、僕たちの話を聞いて「ひとりじゃない」「おかしくない」と思ったことを勇気を出して伝えてくれたりします。

 

”LGBT”は、みなさんと「なにも変わりない」存在だということを伝えています

 

 

マイノリティな自分を受け入れられなかった僕を変えたLGBTのパレードを通して、特別な存在ではないことを知って欲しい。

 

今では自分のセクシャリティをオープンに活動することができていますが、以前の僕はマイノリティな自分を受け入れることができませんでした。

 

LGBTに対する正しい知識がまだまだ行き届いておらず、異性愛前提の社会制度や「男らしさ」「女らしさ」の主張が強かったためです。偏見を恐れてありのままの自分を表現できず、幼い頃からひとりで抱え込んでいました。

 

自身のセクシャリティに一番悩んでいた中学生時代


しかし、アメリカに留学中だった20歳の夏、サンフランシスコで行われている大規模なLGBTのプライドパレードを見たことがきっかけで、僕の人生は大きく変わり始めました!


そこには数万人ものゲイやレズビアン、トランスジェンダーといったLGBTの当事者たちがキラキラと自分達に誇りを持って生きている姿があり、さらに周りにはそれを上回る数の支援者たちがパレードを祝福している光景が広がっていたのです。

 

「こんなに素敵な空間があることをもっと早く知っていれば、ひとりで自分のマイノリティな面に悩んでいなかった」日本でもLGBTパレードは行われていますが、海外に比べればかなり小規模です。素敵な空間をたくさんの人と共有したいと、今回のプロジェクトを立ち上げました!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
サンフランシスコのパレードでの一枚

 

 

旅をしながら、世界各国のLGBT政策を調査しYouTubeで配信する!

 

この春に大学を卒業したのを機会に、前々から「いつか行きたい」と考えていた世界一周の旅に出ます!

 

この旅を僕だけの経験でとどめることはもったいないと思い、旅のメインテーマとして「LGBT」を掲げ、世界各国のLGBT政策などを調査し、YouTubeで配信してひとりでも多くの人にLGBTの存在を知ってもらえるきっかけに、また悩んでいる当事者たちの希望になればと考えています。

 

その共有したい動画のひとつとして、世界で最もLGBTフレンドリーな国と言われているカナダのトロントで行われる大規模なLGBTパレードの様子を配信するプロジェクトを立ち上げました!

 

カナダのトロントで行われる大規模なLGBTパレードの様子を配信したい

 

 

クラウドファンディングの費用の詳細と旅の計画

 

今回僕がみなさんに映像でお届けしたいパレードは2018年6月22〜24日にカナダのトロントで行われます。

 

旅の計画として、出発は2018年5月上旬です。(日本のLGBTパレードに参加する関係で)日本を中心に東周りで一年ほどかけて一周しようと考えています。

 

↑旅の計画図(※変更の可能性有り)

 

図を見て頂ければわかるように、この図の通り旅をするとカナダで行われるパレードに間に合いません。このルートにした理由は、移動のロスを減らし、物価が安い国に長期滞在することで少しでも長く旅を続けることが目的です。

 

もちろん世界一周のための資金は個人で用意していますが、カナダで行われるパレードの日程に合わせての移動や滞在を考えると、どうしても旅を続けることが難しくなってしまいます。

今回クラウドファンディングを行い集めた資金は6月半ばに滞在している東南アジアの国から、パレードが行われるカナダへの移動費と、現地での滞在費に使用させて頂きたいと考えています。

 

資金が集まらなければカナダへ行くことを断念せざるを得なく、パレードの映像を制作することができません。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
オレゴン、ポートランドのパレードの様子

 

 

誰もが自分に正直に生きられる社会になってほしい。

 

今の日本では、自分に正直に生きることはまだまだ難しいのが現状です。それはセクシャリティだけに当てはまることではありません。

人と違うことをコンプレックスとして悩んでいる人。社会が作ったレールから逸れることを恐れて自分を表現できないでいる人。僕もそんなひとりでした。

幼いながらに周りの「女の子」とは違う自分に気が付きながらも、それが周囲に悟られることが怖くて、この想いは一生誰にも話せない、話しちゃいけないと考えて生きてきました。

 

いま振り返れば「LGBT」という言葉すら知らなかったからだと思います。知らないから、わからないから、怖くて、ひとり抱え込んでしまっていたけど、多様な生き方があるとわかった今だから自分を誇れるようになれました。

 

ひとりでも多くの人にこの動画を届け、ひとりでも多くの人が自分に誇りを持って生きられるきっかけ作りをみなさんと一緒にできればと思います。ご協力お願い致します。

 

2016年の東京レインボープライドの様子