プロジェクト概要

 

50年以上も続く長い歴史の中で創部以来初めての快挙
富山大学ヨット部が「西半球スナイプ選手権」に出場します!


はじめまして、富山大学ヨット部4年の小山紗映です。部のマネージャーを務めさせていただいております。私たち富山大学ヨット部は、普段は水土日の練習に日々励んでおり、長期休暇中は週5日、その他コーチング合宿や遠征なども行っています。そうした練習の成果により、今年6月リオデジャネイロで行われる西半球スナイプ選手権に富山大学ヨット部から2名の選手が出場することが決定しました!

 

この「西半球スナイプ選手権」という貴重な機会に世界で結果を残してもらうためにも、みなさまのお力をお借りできないでしょうか??

 

富山大学ヨット部のメンバー。現在70名で日々楽しく活動しています!

 

朝は7時30分から、夜は8時までの練習を毎週こなしています!

 

私たち富山大学では全日本インカレ出場を目標として1年間練習に励んでいます。9月末に行われるインカレ予選を勝ち抜いた大学が、その後その全日本インカレに出場することができます。その他、シーズンの6~9月の間は6~7大会ほどに出場し、冬の間や長期休暇中は週5日練習に励んでいます。

 

そしてその普段の練習を、美しい富山湾で行っています!雄大な立山のもとで行うセーリングは気持ちの良いものです。また、冬の日本海の荒波や強風、吹雪によって体力も精神力も鍛えられます。季節を問わず、この富山湾と共に練習を積み重ねてきた結果が、今回の西半球スナイプ選手権出場という快挙につながったと思っています。

 

富山湾は、一昨年「最も美しい湾クラブ」に加盟したことで話題となりました。

 

技術だけではなく、戦略や駆け引き、高い精神力を要するスポーツであるため、

何が起こるかわからないところもセーリング競技の面白いところです。

 

セーリング競技とは、風や波を読みながら船や帆を操り、海面上に設置されたブイを手順通りに回って帰ってくるまでの順位を競うスポーツです。その中で重要となるものの1つがチームワークです。一緒に乗るペアと共につらい時も楽しい時もお互いに励ましあい高めあい、一心同体で大波を乗り越えていく必要があります。

 

今回の「西半球スナイプ選手権」に出場するペアは、ヨット部員の先鋭、大橋克幸と清水二二男です。この選手権では1日2レースを5日間行い、合計10レースの得点で順位を決めます。出場国は、ブラジル・アルゼンチン・日本。富山湾だからこそ培った体力と精神力で大会に臨みます!

 

富山大学ヨット部を代表してがんばります!

 

富山湾やセーリング競技というものを
富山県の方のみならず、日本全国の方に知ってほしい!

 

西半球スナイプ選手権に出場するにあたり、富山県内の新聞に大きく取り上げていただいたり、富山県体育協会で激励をいただいたりと、富山県民の方がヨットという競技や富山大学ヨット部の活動に興味を持っていただく機会が増えました。「美しい富山湾」。この恵まれた環境の中で練習を行い、西半球スナイプ選手権出場が決まったことは、地元やセーリング競技の盛り上がりに繋がっていくことと思います。

 

大会に出場する清水二二男の代から富山大学ヨット部は50周年を迎えました。私たちは現在、OB・OGの方に支えられながらインカレ本選出場という目標にみんなで一致団結して向かっています。世界選手権や、インカレ本選出場まだまだ歴史を刻んでいきます!!!みなさま、ご支援どうぞよろしくお願いします。

 


 

★目標金額の使用用途★

 

①渡航費 327,000円
②宿泊費 29,359円
③その他 55,080円

計・・・50万円

 

★リターンのご紹介★

 

1)大会報告書

2)THE NORTH FACE スタッフバッグ(3L)

3)セームタオル(小)セット

4)ウォータープルーフ(S)セット


最新の新着情報