かぶ、甘みもあるけれど辛味もあります。大根も同じく。

今日はかぶをサラダに入れたかったので皮をむいてスライス、

ちょっとかじってみましたが後味がちょっと辛い。

軽く塩をまぶしてしばらく置きます。さらに水でさらすと

ぱりっとするようですが、あまりさらすと水溶性ビタミンが

抜けてしまいます。

うちでは出た水分を軽く切るくらいでサラダにトッピング。

娘は美味しい!といって食べていました。辛味を嫌がる子どもに

簡単な方法です。

 

大根も同様にして今までサラダに入れていました。

塩をまぶしても辛味が気になるときは、

さらに少々オイルをたらす、またはマヨネーズをかける、鰹節をかける、

などで辛味がマイルドになります。お試しください。

 

また、大根は下の方が辛味が強く、上の方が甘いと言われますが、

それだけでなく、皮に近い方が辛く、中は辛味が少ないため、

皮は厚めに向いてきんぴらなど炒め物に使い、中をサラダに使う

という方法もあります。下の方は米のとぎ汁で下茹でし、しばらく

つけておいてから煮物に使うと辛味、苦みが減っています。

冬大根より、夏とれる大根の方が辛味が強いので工夫のし甲斐が

ありそうです。

 

 

新着情報一覧へ