READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

コロナ・政変で困窮するミャンマーの飲食業界を支えたい!

yathar Japanチーム

yathar Japanチーム

コロナ・政変で困窮するミャンマーの飲食業界を支えたい!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月13日(木)午後11:00までです。

支援総額

605,000

目標金額 3,000,000円

20%
支援者
40人
残り
15日

応援コメント
mwalimu_yutaka
mwalimu_yutaka13時間前知り合いからの紹介で知りました。これも何かの御縁、がんばってください。知り合いからの紹介で知りました。これも何かの御縁、がんばってください。
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月13日(木)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

はじめまして。yathar Japanチームです。

 

yatharは2018年にミャンマーでサービスを開始、現在30万人が利用するグルメプラットフォームとして、ミャンマー飲食店の活性化に貢献して参りました。

 

Japanチームでは、インターンメンバーを中心に、ミャンマーをはじめ各国の事業のサポートなどを担っています。

 

ページの最後には、私たちが本プロジェクトにかける想いを記載しておりますので、是非最後までお読みいただけると幸いです。

yathar Japanチーム(左:社会人インターン 福田 幹 /右:戦略部 山田 萌子)

 

 

ミャンマーでは2020年以降のコロナウィルス蔓延・2021年2月に発生した政変により、未曾有の経済的困窮に苦しめられています。UNDP(国連開発計画)の報告によると、2022年早々に、国民の半数近くにも及ぶ約2500万人が国際基準の貧困ラインに陥っています。

 

また、世界的な物価高の影響を受けるとともに、現地通貨であるチャットの急激な下落などにも見舞われている状況です。

 

日本経済新聞の報道によると、ミャンマー人の主食であるコメの市場価格は平時より4割高い水準に達し、食用油やガソリンは3倍以上の上昇となっていることが分かります。

 

 

 

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM10E6K0Q2A810C2000000/?unlock=1 (2022年8月22日付 日本経済新聞より)

 

 

更に、ミャンマーの現地通貨であるチャットは2022年8月に入り急落し、8月初めから40%近く下落しています

 

 

引用:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM29C0O0Z20C22A8000000/?unlock=1
(2022年9月1日付 日本経済新聞より)

 

 

そんな苦境に喘ぐミャンマーにおいて、常に飲食店の近くに寄り添い続けてきた私たちは、ミャンマー飲食業界を通じて国民の皆様の経済的救済のため、立ち上がります。

 

 

 

今回のプロジェクトでは、ヤンゴンの飲食店に米や油、その他の食材や消耗品を提供します。

 

しかし、ただ食材や消耗品を提供するだけでは「サステナブルな経済の好循環」を生み出すことは出来ません。一時的な支援で終わらせないため、「永続的な支援」となる仕組みづくりが必要です。

 

私たちは飲食店経営に不可欠な米や油、消耗品の「サプライヤー」も経済的困窮で大きく売上を落としていることに着目しました。

 

そこで、今回の支援にあたって発生する

① 注文の集約

② 注文の伝達

③ 配送

のプロセス(飲食店とサプライヤーを結び付ける注文〜配送・在庫管理)を仕組み化します。(仮称:yathar Stock)

 

この仕組みにより、

・飲食店は無償で食材や消耗品を手にすることができ、

・ローカルのサプライヤーも売上を生み出すことが可能となるため、

→ 経済の循環が生まれ、双方がWinWinとなる仕組みを構築できると考えます。

 

 

 

 

2018年4月よりサービスを開始したグルメプラットフォーム「yathar」 は、AIの活用、実名制による書き込みやSNS機能、多言語機能が特徴で、リリースから1年弱でミャンマー国内ダウンロード数、MAU数でNo.1*を達成し、現在は推定30万人のユーザー数を誇るサービスにまで成長しました。

* Google PlayおよびApp Storeにて、ミャンマー国内向けにリリースされている「フード&ドリンク」カテゴリーのアプリ内。当社調べ

 

また、2021年には、コロナ蔓延防止、及び政変による混乱で現金の引き出しができない問題を解決すべく、yathar Smart Orderをリリース。来客者自身のスマートフォンからQRコードを介したオーダーが可能となる非接触型オーダーやテイクアウトオーダー、決済時には国内の主な電子決済サービスが全て利用可能となるシステムを開発しました。

上記のシステムを合計150店を超える飲食店に対して4ヶ月間無料で導入し、ミャンマー外食産業に貢献して参りました。

 

(参考)NNA ASIA アジア経済ニュース|アプリ「ヤター」が新機能 飲食店のオーダー可能に

 

 

 

今回のクラウドファンディングでサポートいただく資金は、サプライヤーへの「⑤支払い」の他、全体の仕組みを構築するために必要な人件費や配送費に活用させていただきます。

 

① yatharから飲食店にクーポンを発行する形で、注文リストをご案内します

② 各飲食店からの注文を受け付けます

③ 各飲食店からの注文をyatharで取りまとめ、一括で卸業者に注文します

④ サプライヤーから各飲食店へ商品を発送します

⑤ yatharからサプライヤーに注文分相当のお支払いをします

 

(内訳)

 ・クーポン配布予定:約8000円分 × 300店舗

  *クーポンの金額、配布店舗数は変更になる場合があります

 ・想定される配送料:100,000円

 ・リターンオンラインイベント経費:100,000円

 ・クラウドファンディング手数料:12%

 ・消費税:10%

 

 

 

・お礼のメール

・報告書のご送付

・オンライン報告会ご招待

・座談会ご招待

・ミャンマー現地飲食店オンラインツアーご招待

 :寄付先となる飲食店を、日本語通訳と共に訪問します。その様子をオンラインにて、オープンコメントで限定配信いたします。

・現地調査アテンド

 :yatharの現地法人のあるミャンマー、タイ、シンガポール、インドネシアのうち、ご希望の1か国にて現地調査・アテンド(各1回)を行います。

 

 

 

・10月中旬:飲食店にキャンペーンの案内

・11月上旬:飲食店から注文する食品の募集

・11月中旬~下旬:卸業者に注文、配送

・12月中旬:報告会

 

 

 

度重なる困難に苦しみ、それでも日々その苦境に立ち向かうミャンマー飲食業界のため、私たちは今回のプロジェクトを立ち上げました。

 

数か月分の食材調達の支援は些細なことかも知れませんが、きっとミャンマーで苦しい状況に立ち向かっている彼らにとってエールになるはずです。日本で過ごす私たちにとって現地で実際に店を訪れて、食べて応援することは難しくとも、私たちがミャンマーと日本をつなげることで応援する気持ちを伝えられると信じています。

私たちは、これからもミャンマーの飲食店の活性化に貢献し続けます。

皆様のご支援がミャンマーの飲食店を盛り上げることにつながります。

 

ご支援のほどよろしくお願いします。

 

 

 

福田 幹 / yathar Intern 

 

 

はじめまして。yathar 社会人インターンの福田です。

 

学生のときにたくさんの希望とともに学び、半年にわたって様々なことを教えてくれたミャンマーがこのような状況になるとは思ってもみませんでした。

心優しく、温厚で、親切なミャンマーの人たちが本気で怒っている様子を目の当たりにして衝撃を受けました。

 

ミャンマーに深くかかわった者として、自分にできることは何かないか悶々としたこともありました。

政変から1年半が経ち、日本でミャンマーについての報道を目にする機会はすっかりなくなりましたが、何か劇的な解決策が見出されたのかというと決してそうではありません。

 

この度、現地で滞在していたときのご縁がつながり、yatharを通じてミャンマーに向けたクラウドファンディングを立ち上げることになりました。

yatharのメンバーとともに、ミャンマーの人たちが前に進んでいくために何かできればという思いでこのプロジェクトを進めています。

 

日本の皆さんの気持ちが、ミャンマーの飲食業界を活気づけることになります。

皆さんの支援が、ミャンマーの人たちを勇気づけることにもつながります。

 

皆さんの温かいお気持ちをミャンマーに届けます。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

山田 萌子 / yathar戦略部 

 

 

 

こんにちは、山田萌子と申します。

 

2021年、ミャンマーに拠点を置く会社「yathar」にリモートで採用頂いた翌月に政変が起きました。現地の仲間と日々オンライン上で仕事をする中、突然のニュースにはかなりの焦りと衝撃でした。

スタッフの身近な人が被害を受けたり、亡くなったりと、自分の普段の生活の中では考えられないことが起こり... そんな状況下で、何も出来ない自分の無力さを痛感しました。

 

ただ、大半の会社が撤退していく中で「yatharは必ずミャンマーに残り続ける」という、yathar共同創業者である市川、内山の言葉に心を打たれました。強い想いに便乗し、今はどうにか会社を存続させ、その先に必ずミャンマーや世界に貢献できることを実行しようと決め、2年間戦ってきました。

 

そして今、ミャンマーの経済の力になるため、クラウドファンディングを立ち上げました。

現在ミャンマーでは通貨の暴落や物価高などにより、多くの方々が困窮しています。

 

ミャンマーに関わりがある人は、多くないかもしれません。 私も以前まではミャンマーのことも、世界の情勢にもあまり詳しい身ではありませんでした。

しかし今は、同じ人間である仲間を助けたいと心から思っています。

 

私は世界をもっと平和に、ボーダレスにしていきたいと考えています。

日々前向きに戦う仲間のために、どうか力をお貸しいただけると幸いです。

 

 

 

(氏名五十音順)

 

板野 雅由 様 / U GATE LLC 代表取締役

 

ミャンマーの飲食店。プロジェクト動画にもあるように政変やコロナの影響を受け、さらにコスト高という苦境に直面しています。このクラウドファンディングを通して、日本からの支援の輪がミャンマーの人々を勇気づけられる事を願っています。地元の方に愛されるお店や外国人好みの名店が、一軒でも多く存続しますように。yatharとミャンマーの飲食業界を応援させていただきます。

 

 

 

 

黒柳 英哲 様 / リンクルージョン株式会社 代表取締役

 

私はミャンマーで生活関連サービスを提供するスタートアップを経営しています。 ミャンマーは政変により深刻な外貨不足、物価高騰、失業者増加など、コロナ禍の比ではない経済困窮が続いています。 このプロジェクトは現地の飲食店の仕入れをサポートすることで、厳しい経済環境のミャンマーで、生活経済を回し、雇用を支え、人々の生活を直接支援できる貴重な取り組みです。 yatharさんはミャンマーに残る数少ない日系スタートアップ仲間であり、応援しています!

 

 

 

 

越 陽二郎 様 / TalentEx CEO

 

ミャンマーの現状が日々忘れ去られていく中で一石投じるだけでなくそこから長く続く経済発展の取り組みにしていこうというyatharのみなさんを応援しています。自分がミャンマーにできることはちょっとの応援だけですがその機会を作ってくださったことに感謝してほんの少し力になれたら嬉しいです。yatharとミャンマーで生きる人々を応援します。

 

 

 

 

志村 一隆 様 / 株式会社FANY 取締役

 

福田さん、山田さんのファンディングを応援します!日頃からミャンマーで起業されたyatharさんの取組は注目してました。海外で店舗さんとコミュニケーション重ねるのは大変なこと。市川CEO、内山CTOのご指導もあるのか、お二人の純粋でまっすぐな理念に共感しています。

 

 

 

 

すわじゅんこ 様 / シンガーソングライター

 

2015年から私が音楽活動をしているミャンマーは私にとって第二の故郷です。そんなミャンマーへ、このクラウドファンディングを立ち上げて下さったyathar Japanチームさんを通して、支援ができることを嬉しく思います。残念ながら閉店を余儀なくされたお店もございますが、この状況の中、営業を続けるミャンマーの飲食業界へ皆様と共にエールを送りたいと思っております。 

 

 

 

 

梛野 憲克 様 / 株式会社スカラ 取締役 代表執行役社長

 

コロナウイルスと政変の影響が多大なミャンマーでは、食や医療などの通常の生活における安心・安全まで脅かされているというリアルな現状について、このプロジェクトを通してさらに知ることができ、日本からミャンマーの支援をすることが大変難しい中、それに全力で取り組まれている福田さん、山田さんの強い想いに、大変共感します。 まずは生活と雇用を守ることから、その先のミャンマーの将来につながるこのプロジェクトを応援させていただきます!

 

 

 

 

芳賀 啓介 様 / Growth.Myanmar Managing Director / Growth Cars and Solutions Bangladesh Director

 

コロナ&政変によるダブルパンチでミャンマーの経済状況は窮地に陥っています。それもまだ底を打った感覚はなく、これからも少しづつなだらかに下っていくのでは。と言われています。 でも、国民には目の前の生活があります。政治や外資企業に大きな期待が望めない現状では、現場から価値を発揮していくしかありません。元来、アナログの管理が主流で"効率化"という言葉とは無縁ともいえるミャンマーの飲食業界に対するyatharさんの取り組みが、飲食業界のみならず国全体の"希望"になることを願って応援させて頂きます。

 

 

 

 

長谷川 智紀 様 / Beautynesia COO

 

起きている状況は、同じ東南アジアの国インドネシアで生かされている私にとっても他人事ではありません。そのような状況の中、ミャンマーに残って飲食業界、ミャンマー経済に貢献する覚悟で活動を続けていらっしゃるyatharの皆さんの想いの強さに共感し、何か私でもミャンマーの皆さんのチカラになれることがあるならばと、このクラウドファンディングの支援の輪が広がるよう応援しております。

 

 

 

 

山浦 康寛 様 / FINALsec CO., LTD. Managing Director

 

運営の福田さんとは、彼が学生時代にミャンマーで出会ってからの付き合いですが、当時からミャンマーへの愛に溢れる方でした。社会人になっても彼の思いは変わらず、ミャンマーが大変な状況に陥ってしまったからこそ、自ら立ち上がり、具体的に行動を起こしてしている事に敬意を持ち、応援致します。このプロジェクトを通して、ミャンマーの生産者や飲食店を中心に様々な方々が救われることを祈っております。

 

 

※本プロジェクトの支援金について

皆さまからいただいた支援金は、「株式会社ワールドストリート」が受け取り、日本でのクラウドファンディング実施のサポートと資金管理を行います。

いただいた支援金は入金確認後1か月以内に「yathar Pte., Ltd.」に送金します。「yathar Pte., Ltd.」は支援金を受け取った後、ストーリーで説明したプロジェクトとリターンを実施し、終了報告をいたします。

 

※本文中の日本経済新聞の記事について

本文中に引用している新聞記事は日本経済新聞社の許諾を得て使用しています。

 

※ご支援後の応援コメントについて

ご支援後に頂いたコメントは、Twitterアカウントにて拡散させていただくことがございます。予めご了承ください。

プロジェクト実行責任者:
福田幹(yathar Intern)
プロジェクト実施完了日:
2023年6月30日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

yathar Myanmar から飲食店へのクーポンを配布し、食料品・消費財を配送します。 2022年11月頃に報告会の開催、2023年6月までにオンラインツアー・アテンドを実施します。

プロフィール

yathar Japanチーム

yathar Japanチーム

はじめまして。yathar Japanチームです。 yatharは2018年にミャンマーでサービスを開始し、現在30万人が利用するグルメプラットフォームとして、ミャンマー飲食店の活性化に貢献して参りました。 私たちJapanチームはインターンメンバーが中心となってミャンマーの事業のバックアップをしています。

リターン

5,000+システム利用料


お礼メール

お礼メール

・お礼メールのご送付

-----------------------------------------------------------------------
※インターンスタッフによる支援のため、ギフトなどのリターンができないことをご理解頂ければ幸いです。
※寄付金控除の対象にはなりませんこと、ご了承ください。
-----------------------------------------------------------------------

支援者
19人
在庫数
10
発送完了予定月
2022年10月

10,000+システム利用料


活動報告書

活動報告書

・お礼メールのご送付
・活動報告書(メールにてご送付)

-----------------------------------------------------------------------
※インターンスタッフによる支援のため、ギフトなどのリターンができないことをご理解頂ければ幸いです。
※寄付金控除の対象にはなりませんこと、ご了承ください。
-----------------------------------------------------------------------

支援者
16人
在庫数
14
発送完了予定月
2022年12月

50,000+システム利用料


オンライン報告会

オンライン報告会

・お礼メールのご送付
・活動報告書(メールにてご送付)
・オンライン報告会ご招待(12月開催:zoomにて開催の予定)

-----------------------------------------------------------------------
※インターンスタッフによる支援のため、ギフトなどのリターンができないことをご理解頂ければ幸いです。
※寄付金控除の対象にはなりませんこと、ご了承ください。
-----------------------------------------------------------------------

支援者
3人
在庫数
17
発送完了予定月
2022年12月

100,000+システム利用料


座談会ご招待

座談会ご招待

・お礼メールのご送付
・活動報告書(メールにてご送付)
・オンライン報告会ご招待(12月開催:zoomにて開催の予定)
・座談会ご招待(12月開催:zoomにて開催の予定)


-----------------------------------------------------------------------
※インターンスタッフによる支援のため、ギフトなどのリターンができないことをご理解頂ければ幸いです。
※寄付金控除の対象にはなりませんこと、ご了承ください。
-----------------------------------------------------------------------

支援者
2人
在庫数
8
発送完了予定月
2022年12月

300,000+システム利用料


【ミャンマー現地】飲食店オンラインツアーご招待

【ミャンマー現地】飲食店オンラインツアーご招待

・お礼メールのご送付
・活動報告書(メールにてご送付)
・オンライン報告会ご招待(12月開催:zoomにて開催の予定)
・座談会ご招待(12月開催:zoomにて開催の予定)
・ミャンマー現地飲食店オンラインツアーご招待(2023年1月開催:現地よりzoomにて配信の予定)

■ オンラインツアーについて
寄付先となる飲食店を、日本語通訳と共に訪問します。その様子をオンラインにて、オープンコメントで限定配信いたします。

-----------------------------------------------------------------------
※インターンスタッフによる支援のため、ギフトなどのリターンができないことをご理解頂ければ幸いです。
※寄付金控除の対象にはなりませんこと、ご了承ください。
-----------------------------------------------------------------------

支援者
0人
在庫数
3
発送完了予定月
2023年1月

500,000+システム利用料


【ミャンマー現地】レストランオンラインツアー & 現地調査アテンド

【ミャンマー現地】レストランオンラインツアー & 現地調査アテンド

・お礼メールのご送付
・活動報告書(メールにてご送付)
・オンライン報告会ご招待(12月開催:zoomにて開催の予定)
・座談会ご招待(12月開催:zoomにて開催の予定)
・ミャンマー現地飲食店オンラインツアーご招待(2023年1月開催:現地よりzoomにて配信の予定)
・現地調査アテンド

■ 現地調査アテンドについて
:yatharの現地法人のあるミャンマー、タイ、シンガポール、インドネシアのうち、ご希望の1か国にて現地調査・アテンド(各1回)を行います。
※渡航・宿泊・保険等に関しては支援者様ご自身で手配いただきます。現地集合・現地解散となります。
※有効期限:1年以内
--------------------------------------------------------------
※インターンスタッフによる支援のため、ギフトなどのリターンができないことをご理解頂ければ幸いです。
※寄付金控除の対象にはなりませんこと、ご了承ください。
--------------------------------------------------------------

支援者
0人
在庫数
1
発送完了予定月
2023年10月

プロフィール

はじめまして。yathar Japanチームです。 yatharは2018年にミャンマーでサービスを開始し、現在30万人が利用するグルメプラットフォームとして、ミャンマー飲食店の活性化に貢献して参りました。 私たちJapanチームはインターンメンバーが中心となってミャンマーの事業のバックアップをしています。

あなたにおすすめのプロジェクト

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい! のトップ画像

使用済み使い捨てカイロをリサイクルして、世界の水をきれいにしたい!

山下崇 Gogreengroup代表山下崇 Gogreengroup代表

#環境保護

継続寄付
総計
24人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする