プロジェクト概要

横浜で高齢者・障害者のためのお出かけ便利帳『移動のとびら』(福祉移動サービス情報誌)戸塚区版を発行したい!

 

初めまして、横浜移動サービス協議会 山野上啓子と申します。私たち横浜移動サービス協議会は、高齢や障がいのために、外出することが難しい方たちの支援をするネットワークです。高齢者・障害者のためのお出かけ便利帳『移動のとびら」を発行します。前回は中区、みなとみらいや中華街・元町、伊勢佐木町といった、横浜の観光の中心地域のガイド・リーフレットを、第一分冊として平成23年3月までに発行準備中です。

前回のプロジェクトの紹介:https://readyfor.jp/projects/yokohama-ido

今回は戸塚区版を製作したいです。


戸塚区版の取材費と印刷費などがまだ足りません。皆様のご支援いただけませんか。

 

(お出かけ便利帳の広報活動のため、横浜市中区区民活動支援センター主催のお祭りに出店しました~)

チャレンジ・ド・サロンのメンバーです。

左上 山野上 右上 上脇 左下 田所チーママ 右下 西岡ママ

 

横浜移動サービス協議会は、”移動”をテーマに様々活動を展開しています。

 

外出支援のサービス

・福祉有償運送(福祉車両による移動サービス)

・横浜市障害者ガイドボランティア事業(電車やバスの付添ボランティア)

・障害者外出支援事業(ガイドヘルパー)

人材育成

・国交省認運転者講習会

・ガイドボランティア研修

・知的障害者ガイドヘルパー養成研修

その他の活動

・横浜市障害者福祉タクシー券換金事業

・おでかけ相談室

・お出かけ企画

・チャレンジ・ド・サロン(障害者の方たちが中心となって企画・運営)

 

 

お出かけ便利帳は、これらの活動の集大成です。

 

高齢や障がいの為に外出を諦めている人に、楽しく安全に楽しめるお出かけ先を紹介します。外出を諦めることで、元気がなくなり、身体を動かさなければ食欲も減り、食べることに興味が無くなれば、身体も弱ってきます。

 

まずは、目で見て、楽しくなって、行ってみたい♪と思うような本をみんなで作りましょう!そして、お出かけ便利帳で見つけた横浜のお気に入りのスポットへ行くための様々な手段を載せた『移動のとびら・サービス編』を平行して作成しています。

 

『サービス編』には、介護タクシーやNPO法人の移動サービス、電車やバスの付添をしてくれるヘルパーさんやボランティアさんの情報、移動に関する横浜市の行政サービスの情報などの情報を満載にします。

 

『移動のとびら』の名前の由来は、ドラ右衛門の“どこでもドアー”

ページをめくれば、あなたの行きたいところ、どこへでも行かれるのです!!!

 

(高齢者と障がい者のための外出情報を提供します)

 

高齢や障がいのためにお一人で外出することが難しい方にも、生活を楽しんでいただけるように、お出かけ情報を集めました!

 

移動を支援する事業所151社やユニバーサルなお店などの情報が掲載されたこの本で是非、横浜のお出かけを楽しんでください。


「お出かけ便利帳」は平成14年に「移動サービス団体情報誌」として登場して以来、福祉車両移動サービスやガイドヘルプサービスの情報を軸に、行政サービスの利用方法や地域の情報など様々な情報が満載のおでかけガイドの必携本として利用されてきました。

 

(地域の朝市などに出展して活動紹介と鯛焼き販売で資金を集めてきました。)

 

みんなで作る「便利帳」を目指す!参加型の情報冊子を作りたい!


自分たちでお金を集めるのも良いのですが、みんなで作る「便利帳」を目指して、皆さんからのご寄付や情報提供を集めて、参加型の情報冊子を作り上げていきたいと考えました。

 

集まったお金は、障害当事者のみなさんの積極的な取材に係る経費や謝金、本を作るための、撮影費やイラスト料、そして印刷費、製本代の他に、完成版を出来るだけ多くの場所にお届けするための配送料や本の存在を知っていただくための広報費に使わせていただきます。

 

(身近なところで取れるような冊子を作りたい!)

 

『移動のとびら』を完成後、18区の福祉保健センターと社会福祉協議会の窓口などに寄贈します!だれもが身近なところで手に取れるようにしたい!

 

高齢や障害のために、外出をあきらめている方たちが、おでけすることで、自身と元気を取り戻し、自分の町で自分らしく輝いて生きていくことができると信じています。支援する側も、利用者の笑顔から、力をもらうことができます!

 

この本が完成したら、横浜市内の18区の福祉保健センターと社会福祉協議会の窓口、中学校区にある地域ケアプラザ、地区センター、町内会・自治会、子育て広場、図書館にも寄贈して、だれもが身近なところで手に取れるようにします。

 

3月には、港横浜の魅力満載の第一号が完成予定ですが、第2号の戸塚番は少し趣向を変えています。

 

地域の絆をテーマに、高齢者用賃貸住宅と町内会のコラボ、地域ケアプラザとボランティア団体や当事者団体との連携、商店街と大学のコラボなど、地域の支え合いがどんなふうに広がっているのか、リレー方式で、地域密密着型の区内のおでかけポイントを紹介していきます!!

 

 

引換券について

 

・サンクスカード

 

・移サぴょん缶バッチ

 

・お出かけ便利帳『移動のとびら』StageⅢ 横浜市戸塚区版

 

・情報誌への協力者名簿にお名前掲載

 

・移サぴょんベスト

 

・情報誌 コラム欄 寄稿掲載権

 


最新の新着情報