READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

満55歳!ボンネットバス「BXD30」の大規模修繕工事にご支援を

四国交通株式会社

四国交通株式会社

満55歳!ボンネットバス「BXD30」の大規模修繕工事にご支援を
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は8月10日(水)午後11:00までです。

支援総額

6,451,000

目標金額 7,150,000円

90%
支援者
268人
残り
44日

応援コメント
たうーる
たうーる15時間前ボンネットバス、可愛らしくて好きです。 そして四国が好きです。 東京在住で、行きたくてもなかなか行けないですが(今までに3回行ってますが)、また遊び…ボンネットバス、可愛らしくて好きです。 そして四国が好きです。 東京在住で、行きたくてもなかなか行けないですが(今までに3回…
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は8月10日(水)午後11:00までです。

プロジェクト本文

路線バス、定期観光バスとして走り続けて55年。
みんなに愛された「秘境の小便子僧号」を、もう一度元気にしたい!

 

エンジンが運転席の前面にあることで特徴的な形をしたボンネットバス。そのかわいらしい見た目もあり、長年たくさんの方に愛されてきました。

 

しかし、初期のバスの形態ということもあり、今では現役で活躍するボンネットバスも全国でわずかに......。

 

私たち四国交通のボンネットバスも、度重なる故障、トラブルを乗り越えるも、2021年11月28日、地域の方・多くのファンの皆さまに見守られて、定期観光バスとしての役目から引退することになりました。

 

しかし、私たちにとってはやはり忘れられない大切な仲間であり、たくさんの方々から愛された車両であることから、この度、地域の皆さまファンの皆さまと共に力を合わせて再生させるプロジェクトを立ち上げました。ぜひ、ご支援・応援をいただけると嬉しいです。
 

 

 

 
















 

 

四国交通 ボンネットバス再生プロジェクトにご支援を!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。私たちは、徳島県の三好市・三好郡エリアで路線バスを運行する四国交通株式会社です。1957年(昭和32年)に創立し、徳島県三好地域の皆さまの生活の足として、昭和初期から長い間バスの運行を続けてきました。

 

しかしここ最近は、新型コロナウイルスによる利用者減少にともない、苦しい状況がつづき、また、私たちの大切な仲間について、皆さまに悲しいお知らせをいたしました。

 

四国交通の長年の“アイドル”であった「ボンネットバス」が昨年11月28日、最後の運行を終えて“定期観光バス”から引退することとなったのです

 

これまで39年もの間、定期観光バスとして多くのお客様に徳島三好エリアの魅力を伝えてくれたボンネットバスでしたが、車両の老朽化が進み、これ以上活躍することが難しい状況に...。最終運行日にはセレモニーも行われ、ファンの皆さまに見守られながらその歴史に幕を下ろしました。

 

それでも、ボンネットバス復活を望む声は多数あり、もう一度、皆さまにボンネットバスに触れていただきたいという願いで、この度プロジェクトを立ち上げました。

 

ボンネットバス、四国交通との歩み

 

少し長くなりますが、ボンネットバスと私たち四国交通とのこれまでの歩みをお話しさせてください。

 

■ ボンネットバス生産末期の1966年、丸みを帯びたかわいいフォルムの4台が仲間に。

 

新しく入ってきたかわいい仲間は、路線バスとして、祖谷方面を(それもまだ道路が舗装されていない時分のこと)白い土煙を上げながら当時は車掌も同乗し、運転手はガタガタ、ゆらゆらと日々運行していました。運行中のタイヤパンクはつき物だったようで、その度に運転手と車掌はバスから降り、タイヤ交換作業を行っていたために、定刻通りの運行は困難だったというエピソードも。

 

しかし、当時はバスが主な移動手段だったため、大勢のお客さま(それも座席どころか都会の朝の満員電車状態......!)でドアも閉めることも難しい状態になることもしばしば。

 

車掌は出入口のパイプに掴まっていなければならない、なんていう状況も多々あったようです。それでも地元の移動手段として運行を担ってきました。やがて、以前から活躍していたボンネットバスの他、同時に納車された4台のうちの3台は次々と現在のような箱形の車両へと置き換わり、仲間は廃車、売却されることになりました。 

 

残された1台はその後、一度他社へ転籍をした後、再び帰郷することとなりました。

 

そして現在の登録番号となり、貸切バスとして関西方面へも運行したこともあります。当時ご乗車されたお客さまからは、

都会に行くと、新しいバスと駐車場や交差点で並んだ時、ちょっと恥ずかしかった。けれど誇らしく力強く走っている姿は新しいバスとは比べものにならにならないくらい格好よかった!

というお話も耳にしたことがあります。

 

 

■ 1982年春。大歩危、祖谷方面を運行する定期観光バスとして秘境を走ることに。

 

愛称は “秘境の小便子僧号” 、空調設備は扇風機のみ。とても夏の運行には不向きなバスです。インバウンド効果でたくさんの国内外のお客さまにもご乗車いただき、SNSで拡散してPRしていただきました。同時に大歩危、祖谷地方は大勢の観光客で賑わうことができました。

 

 

 

その一方、バスの車内はポタポタと雨漏り、ボディには錆、電気系統の故障・・・といったトラブルが相次ぎました。

 

|ある日起きたエピソード

 

定期観光バス運行途中で立ち寄る観光施設の駐車場にて出発しようとしたが、エンジンが掛からない......。電気系統のトラブルでした。慌てた運転手はバスから降り、駐車場に止まっていた他社のバス運転手に押し駆けをお願いすることに。

 

それを見たお客さまも一緒にボンネットバスを押し駆けし、なんとかエンジンを駆けることに大成功。運転手も胸をなで下ろすことができましたが、「お客さまからお叱りを受けてしまうのでは。」と心配していたところ、手伝ってくださった他社の運転手をはじめ、お客さまは

普通のバスならすることの出来ないこと。他のツアーでは絶対できないこと。貴重な体験ができた。

と逆に感謝、お喜びのお声をいただくことに。乗り心地は良くない、エンジン音も煩い、車内には仄かに漂う油のにおい......決して良いバスとは言うことはできませんが、”ボンネットバスに乗ることは単なる移動手段ではなく、アクティビティ”と感じていただけるようになりました。

 

 

 

■ 幾つものトラブルを乗り越えるも、惜しまれながら2020年、引退。

 

その後もトラブルが続く度、車両を急遽変更することも増えてきました。車両変更がある度にご予約のお客さまへお断りの連絡をするとキャンセルとなるケースもありました。

 

故障、修理、故障、修理......と繰り返してきたもののトラブルは減らず、車体の老朽化にも歯止めは利かず、ついに「2020年での定期観光バスから引退」を決定しました。

 

それに追い討ちをかけるかのように新型コロナウイルスの感染拡大で、ボンネットバスラストイヤーとなった2020年度は感染拡大を防ぐ目的により運行初日から運休となる事態に。

 

4ヶ月の運休期間を経て、同年8月に運行を再開しましたが、この年の運行期間は半分のたった4ヶ月だけ。さらに、ボンネットバスでの運行は夏場は暑さ対策のため他のバスでの運行だったため、感染対策を施すため定員を制限しての10月、11月のたった2ヶ月の運行となりました。

 

「ボンネットバスのラストイヤーなのに2ヶ月だけの活躍では淋しい」

「乗りたかったのに新型コロナウイルスの影響で乗れなかった」

 

など、多くの惜しむ声をいただきラストイヤーを1年延ばして2021年とすることとしました。

 

2021年に入りラストイヤーとなったボンネットバスは、この年も座席を制限し予約受付スタートしました。予約開始とともに、みるみるうちに予約は埋まりました。そして、春の運行初日より最終日まで多くのお客さまにご乗車いただくことができました。

 

 

|当時を再現する「プロジェクト598」もスタート

 

また、定期観光バス運行日でない時には、車掌も同乗し路線バスとしてかつてを再現して運行してみよう!という「プロジェクト598」がスタート!現在の運行路線、運行時刻を通常のバスではなく”秘境の小便子僧号”で運行するという企画。

 

これまでは観光での運行がメインでありましたが、地元の皆さまからもいつもパワーを頂いて私たちは元気にいさせてもらっていることから、今度は私たちが地元の皆さまにお返しをするために運行しました。ゲリラ的に運行したり、予告して運行したり、長距離路線は無理ですがバスの負担に掛からない距離で運行しました。

 

「ビックリした!まさか乗れるとは思わなかった。」と驚かれる方、「懐かしい・・・昔を想い出します」と懐かしむ方、「見たことはあるけど乗るのは初めて」という学生・・・と反応はさまざま。沿線の園児たちも思わずバスに手を振ってひとりでも多くの方に引退までに乗って欲しくて、触れて欲しくて、知って欲しくて運行してきました。

 

 

 

■ ついに訪れた、最終日。

 

徐々に最終日が近づく度、増してくる撮影してくださる皆さまの数・・・”秘境の小便子僧号”はラストランまで頑張るぞ!という強い気持ちを持って走ってくれていたと感じます。丸くかわいいボディが動くと、追いかけて来てくれるたくさんのファンの方々。

 

先回りして撮影スポットで”秘境の小便子僧号”を待つたくさんのファンの方々。1回のみならず、何度も何度も県外よりご乗車するために来県してくださるお客さま。ご乗車いただく度、バスを撮影し写真を送ってくださるお客さま。

 

地元の方のみならずたくさんの方々に”秘境の小便子僧号”は愛されていることを強く感じました。みなさまからいっぱいの”愛”を受けて迎えた、11月28日 ”定期観光引退”。

 

引退当日、セレモニーの用意を行っていた私たちは「セレモニー行うけど集まってくれるのだろうか」と不安と淋しい気持ちでした。定刻より少し早い16:10、バスは轟音を上げながら終点の阿波池田バスターミナルに到着しました。ふと、回りを見回すと、人、人、人・・・バスとともに大勢の方々もバスターミナルへ流れ込みました。私たちは目を疑いました。改めて、”秘境の小便子僧号”に魅せられた瞬間でした。

 

修繕スケジュールと今後の運用について

 

1966年の製造から55年以上が経過し、これまで幾度となく故障と修理を繰り返し、何とか運行させてきました。しかし車体の老朽化、腐食が進むほか、昨今の猛暑もあり、エアコン設備がない車両での運行には限界がきている、との判断により2021年11月28日をもって定期観光バスの運行から引退いたしました。

 

このクラウドファンディングが達成し、修繕が叶えば、これまでは定期観光バスのお客さまに限りご乗車いただいておりましたが、今後は貸切バスでの運行、一般路線での使用など、地域の皆さまへの恩返しとして、より身近にもっと身近に触れられる機会を設けていく予定です。

 

■ 修繕が必要な箇所

 

▼ミッションケース:

ケース上方、ミッションシャフト付け根よりオイル漏れ。オーバーホールを行い、破損部品がない場合は職人による手作りにて修繕予定。

 

 

▼エンジンルーム:

ラジエター随所に亀裂があり水漏れが酷い状態。職人によるオーバーホールを行い修繕予定。エンジン補助部品、経年劣化品は新品へ交換。

 

 

▼ボディ各所

各所に腐食があり、雨天時には天井継ぎ目より雨漏りがある状態。窓枠サッシ、天井、タイヤハウス内等、各所の錆は徹底的に取り除き板金全塗装改修修繕を行う。

 

 

 

|修繕のスケジュール

修繕を進める中で、現在確認できていない腐食箇所、部品交換箇所などが出てくる場合があるため、あくまで予定のスケジュールとなります。


・2022年5月25日~8月10日:クラウドファンディングにて資金募集

・2022年8月中旬〜:修繕開始(予定)

・〜2023年3月下旬:修繕完了(予定)

 

(おおよその修繕予定箇所と必要な時間)

・ボディ板金:最初の約3ヶ月

・エンジンルーム:約1ヶ月

・内装:約2ヶ月

 

|ご支援の使い道


・目標金額:715万円

・資金の使い道:

ボンネットバスの修繕費用に使用いたします(ボディ修繕板金、ミッションケースオーバーホール、ラジエターの修理、床・天井・窓下部腰板の張り替え等)

 

また、ボディカラーリングを再現し復活します。乞うご期待です!

※「ボンネットバスで行く秘境の旅」「やまびこ号」の文字は再現しません

 

※四国交通は、四国運輸局から「一般貸切旅客自動車運送事業の許可」を得ております

※今回のプロジェクトはAll-in形式での実施となります。万が一、目標金額に満たない場合も自己資金にて補填させていただき必ずプロジェクトを実行いたします

 

新型コロナウイルスの影響で、主力部門である高速バス部門、貸切バス部門の収入は大幅に減少し、厳しい状況が続いておりますが、ボンネットバスは私たちにとって大切な車両(仲間)であり、たくさんの方々から愛された車両であることから、ボンネットバスを応援してくださるファンの皆さまと共に力を合わせて復活させたいという想いで、クラウドファンディングに挑戦し、皆さまのご支援、ご協力をお願いすることとなりました。

 

 

四国交通 取締役社長 近藤 幸男から皆さまへ

 










四国交通株式会社

取締役社長 近藤 幸男


日頃は四国交通をご愛顧いただき誠にありがとうございます。弊社は地域のみなさま、またバスファンのみなさまに支えられ、2022年10月で創立65年を迎えることとなりました。現在弊社は新型コロナウイルスの影響で、バス利用のお客様の激減により多大なダメージを受けております。

ボンネットバスは定期観光の車両として、1982年4月1日から2021年11月28日まで39年7か月の長きにわたり運行をしてきました。その間幾度となく故障をし、修復してきましたが、今後も運行を続けるためには、大掛かりな修復が必要であるため、苦渋の決断で定期観光の運行から引退をしました。その際にはSNS等で引退を惜しむ声や、何とかして残してほしいとの声を頂き、ボンネットバスがたくさんのみなさまから愛されていたのだと実感しました。

このようにたくさんのみなさまから、愛されているボンネットバスに、今後も活躍の場を与えてやりたいとの想いで、クラウドファンディングを活用し、修復したいと考える次第です。この想いを実現させるべく、みなさまのご支援をいただけませんでしょうか。ご協力のほどなにとぞよろしくお願いいたします。

 

応援メッセージ

 

徳島バス株式会社 取締役社長
金原 克也


四国交通は、昭和38年8月1日に当社の子会社になり、今日まで、地域のみなさまとともに歩んでまいりました。

ボンネットバスにつきましては、昭和44年5月に四国交通が導入。昭和54年4月、当社に転籍し、えっとぶり阿波号(えっとぶりは阿波弁で久しぶりの意味)の愛称で定期観光の運行をしておりました。その後、昭和57年7月、再び四国交通へ転籍しました。同年の第64回全国高校野球選手権大会で、徳島県代表池田高校が全国制覇した際には、このボンネットバスで、甲子園球場に応援に行ったと聞いております。

このように、様々な歴史のあるボンネットバスは、たくさんのお客さまとともに旅をし、思い出を共有してきたことと思います。今回のボンネットバスリニューアルを、徳島バスも応援しています。

 


 

谷口 礼子 様(俳優・ライター)

プロフィール:
1983年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。俳優・ライター。小劇場の舞台俳優を続けながら、走るローカル鉄道を舞台にした演劇作品「ローカル鉄道演劇」にも多数出演。2013年よりバス専門誌『バスジャパンハンドブック』に紀行文を連載中。雑誌『旅と鉄道』にも鉄道旅・バス旅の紀行文・ルポを多数執筆している。著書『谷口礼子のバスに乗っていこう!』(クリエイターズ・ファクトリー刊)


「物持ちがいい」という言葉があります。

バスの寿命は一般的には10~20年と言われています。SDGsが謳われ、排気ガスを出す古いバスがどんどん最新式のバスに置き換わっていく現代では、もしかしたらもっと早く、バスの世代交代が進んでいるかもしれません。

そんな中、四国交通のボンネットバス「秘境の小便子僧号」は1966年生まれの満55歳。バス界の大長老です。もちろん運転台はマニュアルで、運転士さんにも技術が求められます。エアコンはなく、扇風機が回るというレトロなもの。座席も狭く、天井も低く、バリアフリーでもありません。

日本でボンネットバスが製造されたのは戦前から1960年代まで。1980年代にはほとんど姿を消していたといいます。多くのバスがスクラップになり、多くのバスが道端や倉庫に打ち捨てられました。しかし、ここ四国交通では、この古いバスを長年にわたり守り、大切に使ってきました。なんと物持ちがいい会社でしょうか。その努力は並大抵のものではなかったはずです。その結果、「秘境の小便子僧号」は、全国的に見ても、大変珍しい、遺産ともいえるものとなりました。

自動車の歴史からみても貴重な遺産が、動き、走る。
丸みを帯びたフォルムのボディ。風の吹きこむ窓に映る四国の緑の風景を見たとき、なぜか懐かしい思いが沸き上がります。
座席に座れば、このバスが見てきた風景や、運んできた人々の人生を想像することができるのです。
博物館に展示するのは簡単ですが、動態保存はこれからの未来にとっても財産になるはずです。物を大切にして、直しては大事に使うという、「物持ちのいい」本来の日本の良さが、ここにあるような気がしてなりません。

いつまでも、窓からいっぱいに緑の風を吹き込ませて、四国交通のボンネットバスが元気に走り続けられますように。心から応援しています。

 

プロジェクト実行責任者:
四国交通株式会社 取締役社長 近藤幸男
プロジェクト実施完了日:
2023年3月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ボンネットバスの修繕(ボディ修繕板金、ミッションケースオーバーホール、ラジエターの修理、床・天井・窓下部腰板の張り替え等)を行います。

プロフィール

徳島県三好市にあるバス会社です。1957年より旧三好郡(現在の三好市・東みよし町)を中心に徳島県西部の交通の要として運行してまいりました。 開業当初から運行している一般路線バスに加え、貸切バス、徳島県西部と阪神方面を結ぶ高速バスを運行しております。 また全国的に珍しいボンネットバス(BXD30)を営業車両として1両保有しております。

リターン

3,000+システム利用料


alt

A|お礼のメッセージ

■お礼のメッセージ

支援者
33人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

8,000+システム利用料


B|【えでぃが可愛い!】徳島バス オリジナルグッズ福袋

B|【えでぃが可愛い!】徳島バス オリジナルグッズ福袋

■徳島バスオリジナルグッズ福袋
■ボンネットバスが徳島バスに転籍中に運行していた「えっとぶり阿波号」の乗車券(使用・払戻不可 押印)

---以下Bコース以降共通の返礼品をお届け---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)

支援者
54人
在庫数
4
発送完了予定月
2022年9月

8,000+システム利用料


C|【四国交通キャラクター”ゆめみ”初の立体グッズ!】ゆめみ ぬいぐるみ

C|【四国交通キャラクター”ゆめみ”初の立体グッズ!】ゆめみ ぬいぐるみ

■ゆめみぬいぐるみ(当企画に併せて初めてのグッズ制作です...!)
※高さ15cm
※画像はイメージです

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)

支援者
11人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


D|【あなたもチャレンジャーに!】バスマガジン監修のバスクイズ参加権&オリジナル立体ポストカード・オリジナル切手シート

D|【あなたもチャレンジャーに!】バスマガジン監修のバスクイズ参加権&オリジナル立体ポストカード・オリジナル切手シート

■バスクイズに参加する権利
■四国交通の現役社員で超バスマニア、原田佳彦さんにバスクイズで挑戦!君は勝つことができるか?
■クイズで勝利した方には、レアなアイテムをご用意!出題は、バス総合情報誌「バスマガジン」編集長!

■オリジナル立体ポストカード(ボンネットバス)
■オリジナル切手シート(ボンネットバス)

※クイズ実施方法:オンラインで実施
※クイズ実施時期:2022年12月10日を予定
(支援者さまには、詳細について10月頃までにはご連絡を差し上げます)

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)

支援者
2人
在庫数
8
発送完了予定月
2023年3月

15,000+システム利用料


E|【思い出をともに】ボンネットバス歴史アルバム

E|【思い出をともに】ボンネットバス歴史アルバム

■ボンネットバス歴史アルバム(支援者のお名前入り!)
※画像はイメージです。

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート

支援者
65人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

15,000+システム利用料


F|【支援者限定!】三好市の地酒「三芳菊」のオリジナルラベル作成

F|【支援者限定!】三好市の地酒「三芳菊」のオリジナルラベル作成

■三好市の地酒「三芳菊」に支援者ご自身がデザインしたラベルを貼り付けてお届け!(※720ml瓶にてお届けとなります)
※画像はイメージです
※ラベルのデザインについては、クラウドファンディング終了後、2022年中に個別にご連絡を差し上げます。

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート

※「三芳菊」は酒類販売免許を持つ三芳菊酒造株式会社よりご提供いたします。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。このリターンは20歳以上の方に限りご支援いただくことが可能です。

支援者
7人
在庫数
21
発送完了予定月
2023年3月

15,000+システム利用料


G|【三好市の味をお届け!】三好市ふるさと小包

G|【三好市の味をお届け!】三好市ふるさと小包

■三好市のふるさと小包(三好市の味を詰め合わせでお届け)
※画像はイメージです
※ふるさと納税の<対象外>です

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート

支援者
30人
在庫数
21
発送完了予定月
2022年9月

15,000+システム利用料


H|【イラストレーターちゃず作成】オリジナル絵本

H|【イラストレーターちゃず作成】オリジナル絵本

■「ボンネットバス」を題材にした今回のプロジェクトオリジナルの絵本1冊
※画像はイメージです

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート

支援者
6人
在庫数
94
発送完了予定月
2023年8月

50,000+システム利用料


K|オリジナルグッズセット(グッズ全部コース)

K|オリジナルグッズセット(グッズ全部コース)

■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル切手シート
■オリジナル立体ポストカード
■徳島バスオリジナルグッズ福袋
■「えっとぶり阿波号」の乗車券(使用・払い戻し不可 押印)
■ゆめみぬいぐるみ
■歴史アルバム
■三好市の地酒「三芳菊」に支援者ご自身がデザインしたラベルを貼り付けてお届け!(※720ml瓶にてお届けとなります)
■三好市ふるさと小包

※「三芳菊」は酒類販売免許を持つ三芳菊酒造株式会社よりご提供いたします。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。このリターンは20歳以上の方に限りご支援いただくことが可能です。
※ラベルのデザインについては、クラウドファンディング終了後、2022年中に個別にご連絡を差し上げます。
※ふるさと納税の<対象外>です

支援者
3人
在庫数
7
発送完了予定月
2023年3月

50,000+システム利用料


M|(個人向け)【支援者限定品!】ボンネットバス銘板(レプリカ)

M|(個人向け)【支援者限定品!】ボンネットバス銘板(レプリカ)

■ボンネットバスの銘板(レプリカ)
※盾はアクリル製
※画像はイメージです。

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート

支援者
6人
在庫数
23
発送完了予定月
2023年3月

100,000+システム利用料


N|(個人向け)ボンネットバス車内にお名前を掲載する権利

N|(個人向け)ボンネットバス車内にお名前を掲載する権利

■ご支援いただいた方のお名前を銘板に刻印しボンネットバス車内に掲載します

条件1:四国交通がボンネットバスを所有し続ける限り掲載は継続されます。
条件2:表記する名称に条件や制限はございませんが、弊社内で審査がございますのでご了承ください。
条件3:校正・レイアウト等は後日担当者と打ち合わせいただきます。
※画像はイメージです。
※銘板サイズ 20mm × 120mm

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート
■歴史アルバム(支援者のお名前入り!)

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

10,000+システム利用料


alt

ボンネットバスの再生を全力支援コース(1万円コース|返礼品不要の方向け)

いただいた支援金の多くをボンネットバス大規模修繕工事の費用として使用します。

■お礼のメッセージ

支援者
26人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

30,000+システム利用料


alt

ボンネットバスの再生を全力支援コース(3万円コース|返礼品不要の方向け)

いただいた支援金の多くをボンネットバス大規模修繕工事の費用として使用します。

■お礼のメッセージ

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

50,000+システム利用料


alt

ボンネットバスの再生を全力支援コース(5万円コース|返礼品不要の方向け)

いただいた支援金の多くをボンネットバス大規模修繕工事の費用として使用します。

■お礼のメッセージ

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

30,000+システム利用料


alt

(法人向け)ボンネットバスの再生を全力応援コース

いただいた支援金の多くをボンネットバス大規模修繕工事の費用として使用します。

■お礼のメッセージ

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

50,000+システム利用料


(法人向け)ボンネットバス銘板(レプリカ)盾

(法人向け)ボンネットバス銘板(レプリカ)盾

■ボンネットバスの銘板(レプリカ)
※盾はアクリル製

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

100,000+システム利用料


alt

(法人向け)ボンネットバス車内に社名を掲載する権利

■ご支援いただいた方のお名前を銘板に刻印しボンネットバス車内に掲載します

条件1:四国交通がボンネットバスを所有し続ける限り掲載は継続されます。
条件2:表記する名称に条件や制限はございませんが、弊社内で審査がございますのでご了承ください。
条件3:校正・レイアウト等は後日担当者と打ち合わせいただきます。
※画像はイメージです。
※銘板サイズ 20mm × 120mm

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

30,000+システム利用料


I|【貴重な逸品!】バス廃部品セット1

I|【貴重な逸品!】バス廃部品セット1

■四国交通社章
■貸切バス行灯
■四国交通高松空港線行先板
※画像は「四国交通社章」
※四国交通本社営業所で受け渡しとなります
※受け渡し場所と日程についてはクラウドファンディング終了後、改めてご連絡いたします

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート
■歴史アルバム(支援者のお名前入り!)

支援者
1人
在庫数
完売
発送完了予定月
2023年3月

終了しました

30,000+システム利用料


J|【スタッフ厳選の撮影スポットにご案内!】ボンネットバス撮影会参加権

J|【スタッフ厳選の撮影スポットにご案内!】ボンネットバス撮影会参加権

■ボンネットバス撮影会ツアー参加権
修繕後のボンネットバスを四国交通スタッフ厳選のスポットで撮影できる支援者限定ツアーにご参加いただきます。(2023年5月実施予定)

※ツアーの詳細は後日2022年中に一度、支援者の方に直接お知らせします。
※画像はイメージです。

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)

※四国交通は「一般貸切旅客自動車運送事業の許可」を取得しております

支援者
19人
在庫数
完売
発送完了予定月
2023年4月

終了しました

50,000+システム利用料


L|【貴重な逸品!】バス廃部品セット2

L|【貴重な逸品!】バス廃部品セット2

■四国交通路線バス方向幕(前幕)
■バスターミナル掲示用 旧運行系統図
※画像はイメージです
※四国交通本社営業所で受け渡しとなります
※受け渡し場所と日程についてはクラウドファンディング終了後、改めてご連絡いたします

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート
■歴史アルバム(支援者のお名前入り!)

支援者
1人
在庫数
完売
発送完了予定月
2023年3月

終了しました

200,000+システム利用料


O|【一番乗り確定!】修繕後のボンネットバスを貸切る権利!

O|【一番乗り確定!】修繕後のボンネットバスを貸切る権利!

■修繕後のボンネットバスを一番初めに貸切る権利
条件1:日程は<2023年4月中>での調整となります(修繕が遅れた場合は別途ご相談いたします)
条件2:運行内容は弊社がご用意したモデルコースの中からお選びいただきます
条件3:詳細はご支援後に弊社担当者と打ち合わせいただきます

※画像はイメージです。

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)
■オリジナル立体ポストカード
■オリジナル切手シート
■歴史アルバム(支援者のお名前入り!)

※四国交通は「一般貸切旅客自動車運送事業の許可」を取得しております

支援者
1人
在庫数
完売
発送完了予定月
2023年4月

終了しました

300,000+システム利用料


P|【支援者限定品!】1/80縮尺 ボンネットバス車両模型

P|【支援者限定品!】1/80縮尺 ボンネットバス車両模型

■ボンネットバス車両模型 1/80縮尺(HOゲージ鉄道模型サイズ)
・実車取材に寄る新規設計、3Dプリンタ出力パーツのハンドメイド組立品
・車内の造形、実車に即した塗装、車体表記なども再現した精密模型

※ディスプレイモデル(非可動模型)となります
※画像はイメージです

---以下は共通のリターンとなります---
■お礼のメッセージ
■ボンネットバスの廃材を活用した支援証明書(シリアルナンバー入り)

支援者
2人
在庫数
完売
発送完了予定月
2023年3月

終了しました

プロフィール

徳島県三好市にあるバス会社です。1957年より旧三好郡(現在の三好市・東みよし町)を中心に徳島県西部の交通の要として運行してまいりました。 開業当初から運行している一般路線バスに加え、貸切バス、徳島県西部と阪神方面を結ぶ高速バスを運行しております。 また全国的に珍しいボンネットバス(BXD30)を営業車両として1両保有しております。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中
「呼子くんち」を復興し、鯨の曳山で地域に誇りと活力をとりもどす のトップ画像

「呼子くんち」を復興し、鯨の曳山で地域に誇りと活力をとりもどす

八幡崇経(呼子くんち実行委員会)八幡崇経(呼子くんち実行委員会)

#地域文化

148%
現在
10,410,000円
支援者
190人
残り
4日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする