プロジェクト概要

新宿歌舞伎町にある夜の保健室「ニュクス薬局」の薬を現在の300品目から550品目に増やし、もっと多くの患者さんの声に応えていきたい!

 

はじめまして。ニュクス薬局の中沢宏昭と申します。私は長年、薬剤師として仕事をしておりますが、仕事が忙しくて、なかなか処方せんを出せないでいる方や、仕事帰りに病院で診察を受けても、薬局がどこも閉まっていて、お薬を受け取れない方。また、ドラッグストアなどで夜間に薬剤師不在で、痛み止めなどが購入できずに困っている方を見てきました。眠らない街、新宿ですらです。そこで、どこもやろうとしないならば、私ひとりで全てを受け入れてやってしまおう、と決意し、中でも夜働く方が多い歌舞伎町で、夜から朝まで営業の薬局をH26年1月に開局いたしました。まだまだ取り扱えている薬の種類が少ないです。

 

薬の種類を増やすことができるとさらに多くに患者さんを救うことができます。みなさまどうかご協力していただけませんか。

 

(ニュクス薬局は夜になるとオープンします)

 

 

ニュクス薬局はなぜ「歌舞伎町の保健室」と呼ばれるか


ニュクス薬局は、新宿歌舞伎町に店舗を構えていて、(火)~(土)の夜の20:00〜翌朝9:00(祝前日・祝日は営業)の深夜のみ営業する小さな薬局です。

殆どの薬局で処方せん受付はもちろん、市販薬も販売していない時間帯に、ニュクス薬局の薬剤師、中沢宏昭が、ひとりでも多くの方のお力になれるよう営業しています。他に深夜に営業する調剤薬局はなく、遠くの関東の各県から薬を求めて足を運ばれる方がたくさんいらっしゃいます。

 

(眠らない街・歌舞伎町は深夜でも多くの人で賑わっています)

 

 

薬局を開くきっかけは、誰もが欲しい薬を手に入れられるようにしたいと思ったことです。

 

私は、薬剤師として仕事をしております。その中で、仕事が忙しくて、なかなか処方せんを出せないでいる方や、仕事帰りに病院で診察を受けても、薬局がどこも閉まっていて、お薬を受け取れない方がたくさんいることに気づきました。また、ドラッグストアなどで夜間に薬剤師不在で薬を受け取れない方はたくさんいます。しかし、病気は時間帯を選びません。処方せんをお持ちいただいた方に、1人でも多くその場でお薬をお渡しできるように、深夜の薬局を開局しました。

 

 

 

震えながらお店に入ってきた、若い女性のことは今でもはっきり覚えています。本当に嬉しい出来事でした!

 

ある日の寒い冬の出来事です。20代女性の患者さんが、ブルブル震えて入ってきました。インフルエンザが流行っていた時期でもありましたので、「だいぶ具合悪そうですね。」なんて言って処方せん受け取ったら、口唇ヘルペスの塗り薬でした。その女性は結婚式を2日後に控えていたのですが、昼間は仕事でどうしても病院に行くことはできなかったそうです。それでも、少しでも早くよくなりたいと、来局されました。数ヶ月後、妹と二人でいらっしゃって、「あのときは、ありがとうございました。無事結婚式もあげる事ができました。」と、ご報告にお越しいただいて。こちらも、本当に嬉しくなりましたね。

 

(仕事帰りに来店された女性のお客様)

 

 

開局して1年半が経ちましたが、遠方からいらっしゃる方もたくさんいます。患者さんの声で、薬局を続けていかなければと毎日気が引き締まる思いです。

 

開局して1年半が経ちましたが、処方せんも、市販薬をお求めになる方も、意外にもけっこう遠方からいらっしゃる方がいるのだな、と思った事です。神奈川県横浜市、相模原市、埼玉県川口市、東京都東村山市などなど。中には、翌日手術を受けるという方も。

 

やっぱり「この時間に助かりました。ありがとうございます。」と言われると、こちらも嬉しいですね。処方せんに限らず、市販薬も夜間に買えなくなってしまう物もありますので。夜間に活動する方などは、「また来ます。」とおっしゃって頂いて、実際お越しいただいております。薬局に「また来ます。」というのも変な話ですけど、ただ帰りがけに経ち寄って、挨拶して帰られる方もいらっしゃいます。

 

(ただお話をするためにくる方もいます)

 

(朝日新聞に取り上げていただきました)

 

 

もっともっとたくさんに患者さんの声に応えていきたい!

 

処方せんのお薬に関しましては、先生が処方せんに記入したお薬と同様の作用を持つお薬でも先生の許可なく、薬局にある他のお薬に代えてお渡しすることができず、問屋さんも動いていない為、夜間にその場でお薬をお渡しできない事も多々ありました。そこで、大幅に在庫品目を増やしたいと思いました。
市販薬に関しましては、最近電話で症状などの確認をし、バイク便業者さんと連携して、お届けできるようにも致しました。

 

(ZERO human で放送していただきました)

 

 

取り扱う薬の種類を増やすためには資金がまだまだ足りません。現在の300品目くらいから550品目ほどに増やしたいと思っています。

 

医療用の医薬品を200~250品目位大幅に在庫を増やしたいと思います。物によって価格の幅はありますが、1品目数千円~数万円ですので、200~250品目増やすには、お返し等々差し引いても現金として、200万円以上は必要です。ここでご支援いただく方々には、もしかしたら、だいぶ遠方の方がいらっしゃるかもしれません。そのような方々のお声を拾い上げ、同業他社も日本全国広く夜間に参入する社会ができあがることを願っております。

 

(種類を増やすことができえれば、もっと多くの人の助けになる)

 

夜間お困りの近隣や遠方の方々が、薬局に困ることがなくなるばかりでなく、業界で夜間対応のモデルケースになりたい!そのためには、みなさまの力が必要です。

 

 

★ 引換券について ★

 

・感謝の気持ちを込めてお礼のお手紙を送らせていただきます。

 

・皆様に支えられていることを忘れないように、支援していただいた方のお名前をニュックス薬局内に飾らせていただきます。

 

・薬局として、引換券で皆様の提供できるものは栄養ドリンクかと思います。

頑張るあなたの身体を少しでも元気づけてあげたい

 

 

・いつでもお越しいただけるように、ニュックスで使える割引券も追加させていただきました。

(※処方箋薬は対象外になりますので、ご了承ください。)

 


最新の新着情報