実話を元にしたドキュメンタリー漫画「義男の空」は、どの雑誌にも連載しておらず、無名の作家がゼロからのスタートで自費出版した作品です。

北海道の10書店で販売をスタートしたこの作品も、いまでは多くの書店でお取扱いいただき、この度9巻の発刊も決定いたしました!!!

 

6月6日(土)発売決定!!!!

 

これも、ひとえに「義男の空」応援してくださり、支えてくださる方々のおかげです。

 

本日は、9巻の内容をご紹介させていただきます。


実在する一人の小児脳神経外科医とその「仲間」(かぞく)の物語。

 

 

<9巻あらすじ>

 

北海道・浦河町で幸せな毎日を過ごしていた川原家。

 

 

しかし一歳にも満たない息子の亮が、
悪性リンパ腫――血液のガンと診断される。

 

 

 

病院からの容赦ない宣告に、
絶望の淵に追い詰められたとき、
高橋義男医師の一言が、希望の光を照らしだす...

 

 

そして、時代は昭和30年代後半。

 

 

中学生の義男は、進路の決断に直面する。

 

 

義男は進学を希望し、奇跡的に札幌南高校に合格。

 

汗と涙の青春時代

高校生編が幕をあける―――!!

 

大人の心にも、子どもの心にも、響く作品になっています。

ぜひ私たちの想いが、この作品を通じて皆さんに届きますように!

 

--------------------------------------------------------------------------


「義男の空」第9巻

A5判/定価:本体1,143円+税
全国の書店および Amazon にて予約受付中。


既刊第1巻から第8巻も好評発売中です!

 

■Dybooks『義男の空』
http://www.dybooks.jp/yoshionosora.html

 

■amazon 『義男の空 第9巻』商品ページ
Amazon.co.jp:義男の空 第9巻:エアーダイブ


--------------------------------------------------------------------------

新着情報一覧へ