(クラウドファンディングから間もなく半分が経過して)
「お願い」

 先月の末に、レディフォーに60日間の出店をして、間もなく30日が経過します。
 「この事業は国内全体へ持って行く事に意味がある」
 その志に、敢えてハードルが高い100万円と言う枠にさせて頂き、現在34万円程度、16人の方にご支援を頂戴しております。
 ご支援頂きました皆様、本当にありがとうございます。

 この30日あまり、展示会で実際の方何百人に、そしてソーシャルでは、フェイスブック、ツイッターなど沢山の方とお話しさせて頂きました。
 支える言葉を沢山頂戴する一方で、まだ、半分にも満たない協力者の集客に大変申し訳なく感じております。

 「日本の製造業を、職人を守る」
未来の日本人が「日本製」と言う文字を商品に見る事が出来るように。

 そんな日本に大切なプロジェクトを、日本でも数少ない最高峰の職人であり、世界の傘を今尚、支える傘職人中永静人(nakae)氏の協力の基で実現する事で託しました。

 確かに雨傘:3万円、日傘:6万円の傘高いです。
 普通にご活用頂ける方は、ほんのわずかだと思います。
 しかも、製品自体をご覧頂くのではなく、腕のみを信じご投資頂くラウドファンディングと言う非常に難しい事業出品です。

 それでも敢えて、申し上げます。
「少しでも結構です。
 日本の職人にあなたの力を貸してください。
 世界のブランドが信じたその腕を、信じてください。

 今、高齢化した職人達を、若者へ引き継ぐ為には、今の環境便利性と、低価格の環境だけでは潰れてしまいます。
 そして今の製品では、未来はありません。
 「粋」と言う世界が認める礼儀と言う行動を含めた大量生産出来ない商品に生き残りがあると信じております

 私たちに国内に職人を残すチャンスを下さい。
 改めて、私たちproject nakaeは、皆様にお願いを申し上げます。 

新着情報一覧へ