READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

江戸糸あやつり人形結城座|江戸寛永十二年から続く伝統を未来へ継なぐ

江戸糸あやつり人形結城座|江戸寛永十二年から続く伝統を未来へ継なぐ
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は12月22日(火)午後11:00までです。

支援総額

3,699,000

目標金額 10,000,000円

36%
支援者
123人
残り
54日
123人 が支援しています

応援コメント
こに
こに1時間前厳しい時期だとは思いますが、新しい試みに挑戦しつつ、伝統を絶やさないよう頑張ってください。応援しております。厳しい時期だとは思いますが、新しい試みに挑戦しつつ、伝統を絶やさないよう頑張ってください。応援しております。
ATSUKO
ATSUKO1時間前日経新聞でクラファンを知りました。なんの為にアルバイトしているか分からない、という若者が言葉が重く響きました。次代へ希望を!日経新聞でクラファンを知りました。なんの為にアルバイトしているか分からない、という若者が言葉が重く響きました。次代へ希望を!
paloma
paloma7時間前応援してます!!応援してます!!
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
14お気に入り登録14人がお気に入りしています
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は12月22日(火)午後11:00までです。

14お気に入り登録14人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

結城座へ直接ご来座でのお受け取り、及びお振込みを頂いた方々を含めると

合計187の方からご支援いただいています。(10/23現在)

 

※READYFORでのご支援方法がご不明な方は、結城座の銀行口座へ直接のご支援も承っております。

詳細は以下のURLからご確認ください。

https://youkiza.jp/zaidan/crowdfunding

 


 

江戸から385年続く結城座は、コロナ禍で存続の危機に直面しています。
皆さまのご支援をお願い申し上げます。

 

芸能というものは、世の中に必要なければ自然淘汰され消えていく。
そうやって新しいものが生まれていくー。


十二代目結城孫三郎をはじめ、私たちはかつてこのように考えておりました。

 

しかし、コロナ禍で私たち結城座が存続の危機に陥っている今、何とかしてこの日本の伝統芸能である江戸糸あやつり人形、そして結城座を次世代に継なぎ、将来もお客様に楽しんでいただく存在で在り続けることが、私たちの担う責務であり使命であると意を決し、クラウドファンディングに挑戦をいたします。

 

385年の歴史を未来へ継なぐ結城座のパートナーとして、お一人でも多くの皆様と共に、伝統文化の灯を絶やさないために一歩一歩前へ向かって歩んで参りたいと考えております。

 

結城座の歴史に幕を下ろさないために、どうぞお力をお寄せください。何卒お願い申し上げます。

 

2014年結城座380周年記念公演第一弾『半七捕物帖異聞』脚本・演出:加納幸和

 

江戸糸あやつり人形とは

世界でもまれにみる人形の操作板(手板)に20本前後の糸がついている人形です。その江戸糸あやつり人形は、400年近い間に独自の表現法を編み出してきました。それは、海外の人形とは違い日本独特の文化から生まれた動きや感情表現を可能としています。殊に日本独自の「息遣い」や「間」など、あらゆる日本の伝統芸能の特長が江戸糸あやつり人形にも明確に出ています。そのため繊細で表情豊かな人形が生きているかのように動き高い評価を得ています。

 

 

古典と新作の両輪で未来へ継なぐ

 

ページをご覧いただきありがとうございます。公益財団法人江戸糸あやつり人形結城座です。

 

結城座は江戸時代の寛永12年(1635年)に初代結城孫三郎が旗揚げし、385年を超える伝統と歴史をもつ、『国記録選択無形民俗文化財』『東京都の無形文化財(芸能)』に指定されている唯一の「江戸糸あやつり人形」の劇団です。

 

江戸幕府公認の五座の中では、現在歌舞伎三座(市村座、中村座、河原崎座)は役者の名前にて継承されおり、手操り人形の薩摩座は姿を消してしまいました。江戸から”座”として活動が続いているのは糸あやつり人形の結城座のみになっています。

 

『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)政岡忠義の段(まさおかちゅうぎのだん)』は江戸時代に結城座に書き下ろされた名作です。  
『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』江戸時代の公演チラシ
 『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』より
『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』江戸時代のチラシ

 

 

江戸から続いているとはいえ、変わらぬ上演方法のみで続いてきたわけではなく、常に新しい手法を取り入れ時代と向き合った人形劇を追い求め、形を変化させながら現代まで引き継いで参りました。

 

役者と人形が同じ劇空間で共演したり、人形遣いが人形を使う一方で生身で役を演じたり、また新作劇中に「古典」の手法を取り入れたり、「江戸写し絵」(ガラスの板に絵を描き投射する、結城座に伝わる伝統伎芸)を挿入するなど、結城座独特の舞台空間を創造し続けています。

 

「伝統から先鋭へ 古典と新作との両輪で動く結城座」という言葉を掲げ、伝統を守る古典公演はもちろんのこと、時代に息づいた新作に挑戦し続けており、それが未来へ伝統を引き継いでいくことにも繋がっています。

 

2004年日仏演劇コラボレーション『屏風(Les paravents)』作:ジャン・ジュネ 演出:フレデリック・フィスバック 、2007年 第61回アヴィニヨン・フェスティバル(世界三大演劇祭)招聘 オープニングを飾る​​​​​栄誉
2017年『雀去冬来』脚本:ザオ・ビンハオ 演出:ワン・チョン 人形美術:串田和美 生の舞台上にカメラを起き、舞台セットにライブ映像を投影し話題となりました。
2011年 『乱歩・白昼夢』作・演出:斎藤憐 舞台美術・人形・写し絵:宇野亞喜良 宇野亞喜良初の作画による江戸写し絵が大好評でありました。
『乱歩・白昼夢』

 

 

新型コロナウイルスの大打撃を受けて

 

新型コロナウイルスの影響で今年2月末に予定していた公演が延期になったのを皮切りに、ワークショップや公演も中止が続き、小さな劇団である結城座はあっという間に存続の危機に陥ってしまいました。

 

|人形用大道具の保管

 

収入が激減した今も、大切な人形・小道具を保管するための倉庫代やメンテナンス代などは発生しています。公演の貴重な資料が保管されており、それらを適切に保管していくための出費を減らすことはできませんが、その費用を捻出することもとても厳しい状況です。

 

『新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)野崎村の段(のざきむらのだん)』このような大掛かりな人形用大道具も大切に保管しています。

 

|人形と資料などの保管及び修繕

 

私たちにとって、人形は何よりも大切なものです。

 

第二次大戦中は先々代の孫三郎らが持てるだけの人形を抱えて逃げ、疎開先の盛岡では多くの支援者に恵まれたと聞きます。100年前の貴重な人形などが戦火を逃れ今なお保存されているのは、先代の”人形を後世に継ないでいく”という強い想いと、それにお応えいただいたご支援があったからこそです。

 

新型コロナウイルスという大きな壁が立ちはだかっていますが、先代の想いの詰まった人形たちを私たちの代で途絶えさせてはならないと考えます。

 

▼古典の頭(カシラ)の一部

 

▼新作の頭(カシラ)の一部

 

①串田和美デザイン 1992年『ペレアスとメリザント』
②串田和美デザイン 1994年『テンペスト』

③④結城美栄子デザイン 2000年『ユビュ王』
①②宇野亞喜良氏デザイン 2009年・2011年『乱歩・白昼夢』

③④寺門孝之デザイン 2016年『野鴨中毒』
①②林静一デザイン 1993年 十二代目 結城孫三郎襲名披露公演『リチャード三世』

③④林静一デザイン 2011年『三島 近代能楽集「邯鄲」「葵上」』

 

 

|次世代の人形遣いたち

 

そして一番の大きな問題は、人形と人形遣いの活躍の場が失われてしまうこと。


代々口伝により伝えられてきた人形と人形遣いの技術や表現は、舞台という場をなくしては存続は成し得ません。一人前の人形遣いを育成するには、舞台や稽古を通して長い年月を必要とします。育成に心血を注ぐベテランたちや、次世代を継なぐ若手人形遣いたちにとっても、身も心も行き場のない、大変大きな痛手となりました。

 

次世代の人形遣いたちが、人形たちを活きた形で未来へ継承していくためには、舞台をつくり続けることが結城座の使命であると考えています。

 

 

 

いただいたご支援の使い道

 

今回皆さまからいただいたご支援は、結城座の公演活動継続と運営維持のため大切に使わせていただきます。

 

|| 公演活動継続のために

・人形の頭、胴、衣裳、小道具の保存・補修費用

・人形用大道具の保管、管理費用

・江戸写し絵の保存、補修費用

・江戸写し絵の種板(絵)及び風呂(幻燈機)の保存、補修費用

 

|| 結城座の運営維持のために

・現在までの運営費補填

・結城座の未来を継なぐための維持費用

・次世代の人形遣いたちの環境を整え、人形づくりを含めた後継者育成費用

 

 

十二代目結城孫三郎よりご挨拶

 

十二代目結城孫三郎

 

「芸能というものは、世の中に必要なければ自然淘汰され消えていく。そうやって新しいものが生まれていく―。というのが私の持論でございます。今も根本的には変わっておりませんが、それは芸が出来る環境がある中での話でした。このコロナ禍で突然芸をご覧いただく環境自体が奪われてしまった今、そのままそうかと納得して消えていくことは出来ないと強く感じます。もしも倒れるのなら歩みを止めて後ろに倒れるのではなく、歩いて前に倒れたい。公演活動はなんとしてもやらなければならない。そのためにも、クラウドファンディングを通して、結城座の芝居を継なげていく努力をしたい。将来の結城座の芸で皆様にお返しをさせていただきたい。このように考え、この度の挑戦をすることに致しました。何卒、ご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。」

 

結城孫三郎

江戸糸あやつり人形結城座十代目結城孫三郎(故結城雪斎)の次男として生まれ、4歳で初舞台を踏む。11歳から武智鉄二主宰、武智歌舞伎に入門。歌舞伎を学ぶと共に能は観世栄夫、狂言は茂山千之丞の教えを受けながら、結城座での人形遣いの修行を重ね、1972年、写し絵家元三代目両川船遊を襲名。人形遣いとともに写し絵師の活動も開始。1993年十二代目結城孫三郎を襲名。古典的な糸あやつり人形芝居とともに、新しい作家や演出家との作品作り、世界三大演劇祭アヴィニヨンフェスティバルに古典と新作の両演目で招聘されるなど、海外とのコラボレーションなどにも積極的に取り組んでいる。2004年より入門塾を開講し、古典の伝承と若手の育成にも力を注いでいる。

 

 

変化する日常の中とこれからの結城座

 

新たな表現への挑戦

2020年11月公演『明日またタクボク~雲と劇場~』で、映像表現に初挑戦します。コロナ禍で被った不自由な状況を新たな表現が生まれる契機と捉え、初の試みとして、公演映像をオンラインでライブ配信します。さらに、孫三郎の強い意志により、人形製作や稽古の現場など表裏両面から「コロナ禍中の結城座の全貌」を描いた映像作品を制作します。

 

※『明日またタクボク~雲と劇場~』は、このコロナ禍の中、結城孫三郎が「もしも倒れるのなら歩みを止めて後ろに倒れるのではなく、歩いて前に倒れたい。公演活動はなんとしてもやらなければならない」と決意し、賛同した加藤直氏により書き下ろされた新作になります。詳細はこちらをご覧ください。

 

十三代目結城孫三郎襲名披露公演

2021年6月には、結城座の継承の証として十三代目結城孫三郎の襲名披露公演を予定しております。大きな節目となる次世代へのバトンタッチともいえる、この門出をパートナーの皆様と共にお祝いする祝祭公演となるよう、心血を注いで参ります。

 

次世代を担う新進芸術家の育成

次世代の人形遣いや人形づくりの後継者の増加にさらに努めて参ります。今年度は人形遣い・能役者・コンテンポラリーダンス・演出家というまったく違う分野の講師陣による「人形と身体」を通した新たな表現をさぐる、今に息づく新進芸術家育成事業にも挑戦を始めています。初の取り組みとして、ひとつの作品を各講師の演出で3通りに発表する試演会を想定しています。

 

 

 

|第一目標金額:1000万円
|目標金額の使途および実施内容
いただいたご支援金は公演活動継続・結城座の運営維持のために使わせていただきますが、本プロジェクトはallin形式のため、期日までに集まった支援総額に応じて、実行内容の規模を決定します。

 

 

ともに未来へ継なぐ

「2020結城座パートナーズ」に

 

結城座の江戸糸あやつり人形文化を次世代に継なぐために、私たちは常に考え挑戦し続けることが必要であると考えています。

 

新型コロナウイルスによる打撃で先の見通しが立たない不安の日々の中、385年の歴史をひもといたとき、明治維新による大変動、戦争、震災と知恵を絞り生き抜いた先人たちを思えば、コロナ禍であきらめるわけにはいかないと意を決し、声をあげることにいたしました。

 

385年の歴史を未来へ継なぐ「2020結城座パートナーズ」としてお一人でも多くの皆様と共に、伝統文化の灯を絶やさないため、一歩一歩共に前へ向かって歩んで参りたいと考えております。

 

どうぞお力をお寄せいただき、ご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

プロジェクト留意事項について

 

税制上のメリット

モノのリターンを伴わない「2020結城座パートナーズ」コースも設定いたしました。こちらのコースには税制上のメリット(控除)がございます。いただいたご支援金は、公益財団法人江戸糸あやつり人形結城座への寄付金として受領いたします。

 

●個人の寄付
税額控除が受けられます。

・公益財団法人江戸糸あやつり人形結城座への寄付金は、税制上、税額控除の優遇措置が受けられます。
・相続により取得した財産の一部または全部を寄付した場合、寄付した財産に相続税が課税されません。

 

●法人の寄付
損金算入の枠拡大を利用できます。※詳しくは国税庁のサイトをご覧ください。

 

※READYFORからのご注意
本プロジェクトは名目上は「購入型クラウドファンディング」に当たります(寄付型クラウドファンディングではありません)。支援金が税務上寄附金として扱われるか否かについて、また個別の税金の取扱いについての詳細は、税務署または税理士等専門家にご相談ください。

 

|リターン

本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関する条件の詳細については、こちらのリターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 
プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

結城座は江戸時代の寛永12年(1635年)に初代結城孫三郎が旗揚げし、385年を超える伝統と歴史をもつ、『国記録選択無形民俗文化財』『東京都の無形文化財(芸能)』に指定されている唯一の「江戸糸あやつり人形」の劇団です。

リターン

10,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:10000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:10000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
40人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

3,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:3000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:3000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
58人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

30,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:30000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:30000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

50,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:50000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズコース:50000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

100,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『八百屋お七』コース:100000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『八百屋お七』コース:100000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

300,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『梅川忠兵衛』コース:300000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『梅川忠兵衛』コース:300000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

500,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『八重垣姫』コース:500000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『八重垣姫』コース:500000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

1,000,000

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『寿獅子』厄払いコース:1000000円

【税額控除対象】2020結城座パートナーズ『寿獅子』厄払いコース:1000000円

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・ 寄付領収証

※ご支援は、税制優遇の対象となります

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

15,000

結城座過去公演パンフレット送付コース

結城座過去公演パンフレット送付コース

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・結城座の1990年代から2000年代に実施した自主公演のパンフレット

※パンフレットは古典か新作かをお選びいただけます。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

30,000

結城座385周年記念公演 十三代目結城孫三郎襲名披露公演ご招待コース

結城座385周年記念公演 十三代目結城孫三郎襲名披露公演ご招待コース

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・結城座の1990年代から2000年代に実施した自主公演のパンフレット
・2021年6月結城座385周年記念公演第一弾 十三代目結城孫三郎襲名披露公演ご招待(1名様)

※パンフレットは古典か新作かをお選びいただけます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

50,000

十三代目結城孫三郎襲名披露公演・結城座見学ツアーコース

十三代目結城孫三郎襲名披露公演・結城座見学ツアーコース

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・結城座の1990年代から2000年代に実施した自主公演のパンフレット
・2021年6月結城座385周年記念公演第一弾 十三代目結城孫三郎襲名披露公演ご招待(1名様)
・結城座稽古場及び、人形を保管している倉庫をご案内する「結城座見学ツアー」+「結城座パートナーズ感謝の集い」ご招待

※パンフレットは古典か新作かをお選びいただけます
※ツアーと集いは2021年1月上旬~中旬を予定をしておりますが、詳細はクラウドファンディング終了後別途ご連絡いたします。場所は結城座(東京都小金井市:JR中央線武蔵小金井駅よりバス)にて開催となります

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

100,000

十三代目結城孫三郎襲名披露公演・結城座見学ツアー・書籍送付コース

十三代目結城孫三郎襲名披露公演・結城座見学ツアー・書籍送付コース

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・結城座の1990年代から2000年代に実施した自主公演のパンフレット
・2021年6月結城座385周年記念公演第一弾 十三代目結城孫三郎襲名披露公演ご招待(ペアチケット)
・結城座稽古場及び、人形を保管している倉庫をご案内する「結城座見学ツアー」+「結城座パートナーズ感謝の集い」ご招待
・十一代目結城孫三郎著『傀儡師一代』

※パンフレットは古典か新作かをお選びいただけます。
※ツアーと集いは2021年1月上旬~中旬を予定をしておりますが、詳細はクラウドファンディング終了後別途ご連絡いたします。場所は結城座(東京都小金井市:JR中央線武蔵小金井駅よりバス)にて開催となります

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

300,000

十三代目結城孫三郎襲名披露公演・結城座見学ツアー・新進芸術家育成事業 試演会・書籍送付コース

十三代目結城孫三郎襲名披露公演・結城座見学ツアー・新進芸術家育成事業 試演会・書籍送付コース

・お礼のメール
・ホームページにお名前を記載
・2021年に予定している結城座385周年記念公演のパンフレットに「2020結城座パートナーズ」としてお名前を掲載
・結城座の1990年代から2000年代に実施した自主公演のパンフレット
・2021年6月結城座385周年記念公演第一弾 十三代目結城孫三郎襲名披露公演ご招待(ペアチケット)
・結城座稽古場及び、人形を保管している倉庫をご案内する「結城座見学ツアー」+「結城座パートナーズ感謝の集い」ご招待
・十一代目結城孫三郎著『傀儡師一代』送付
・新進芸術家育成事業 2020年2月21日試演会ご招待(ペアチケット)

※パンフレットは古典か新作かをお選びいただけます
※ツアーと集いは2021年1月上旬~中旬を予定をしておりますが、詳細はクラウドファンディング終了後別途ご連絡いたします。場所は結城座(東京都小金井市:JR中央線武蔵小金井駅よりバス)にて開催となります

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2021年3月
このリターンを購入する

プロフィール

結城座は江戸時代の寛永12年(1635年)に初代結城孫三郎が旗揚げし、385年を超える伝統と歴史をもつ、『国記録選択無形民俗文化財』『東京都の無形文化財(芸能)』に指定されている唯一の「江戸糸あやつり人形」の劇団です。

あなたにおすすめのプロジェクト

NEXT GOAL挑戦中

地域に息づく能楽の継承のため、民話狂言《くわばら》を作りたい

能楽と郷土を知る会能楽と郷土を知る会

#地域文化

113%
現在
170,000円
支援者
23人
残り
12日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする