READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

継続寄付

幸アニマルサポートサポーター募集|保護猫シェルターへご支援を

幸アニマルサポートサポーター募集|保護猫シェルターへご支援を
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

現在のマンスリーサポーター

81
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

プロジェクト本文

 

※プロジェクトページには一部、動物がケガをしている画像等センシティブな内容が含まれています。

 

 

こんにちは、幸(ゆき) アニマルサポート、代表の浜田 幸と申します。ページをご覧いただき、ありがとうございます。
9年ほど前から、川崎市を拠点に猫の救済活動をしてまいりましたが、今後は、川崎に留まらず広く動物たちの救済活動に携わり、少しでも多くの命を救っていきたいと考え、新たに「幸 アニマルサポート」を立ち上げ活動しております。

 

目標は、『助けが必要な猫たちを救い幸せへと繋ぐ事で、野良猫の不幸を無くす』ことです。そのための、野良猫の不妊手術に全力で取り組んでおります。
 
今まで、「川崎かぎしっぽの挑戦。1匹でも多くの不幸な命を減らしたい。」そして、「島に取り残される猫たちの救出。保護シェルターの購入」を目的としたクラウドファンディングを実施しました。 大変ありがたいことに、たくさんの方からご支援をいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ご支援いただきました皆さま、本当にありがとうございました! 
 
シェルター購入が確実になり、既に約130頭の猫たちの救出保護を達成した今思いますことは、これだけではない、これからなんだ、とずっしりとその重さを感じています。
 
私たちは殺処分ゼロを目標に地域猫活動(TNR)など飼い主のいない猫の不妊手術なども行っており、今後はこの日々の活動に加え、保護シェルターの運営を続けていかなければなりません。TNR活動を進めていく中で、医療ケアを施さなければ、助からない命、救出保護が必要な命に、必ず直面してきました。そして、そのたった一つの命を採択することは、私にはできません。命は、たった一つの命。恵まれない命の救済を継続的に行えるよう、皆さまからのあたたかいご支援をお願いします。

 

幸アニマルサポートの活動の現状について

 

TNR(捕獲-不妊手術-元居た場所に戻す)により、野良猫が繁殖して起きる殺処分をはじめとする不幸を防ぐことに奔走の年月が続きました。TNRに伴い、怪我や病気で医療が必要な猫、外で暮らすのは難しく、保護しなければ生きていけない猫たちに多数遭遇しました。
 
また、2021年11月より過酷な環境より、リリースが難しい猫たちの、大規模レスキューに携わっております。このような、保護しなければ生きていけない猫たちを、現在130頭以上を保護し医療を施しながらお世話をしています。
 
加えて、上記とは別の保護活動により救出した猫は9年間で約500頭にも上ります。
全体での保護頭数は上記の130頭と合わせて630頭以上になります。
 
不幸な猫たちを多く救うためには、保護から、猫の暮らしが一定の場所(里親様宅・シェルターで終生飼養等)での落ち着いた暮らしになるまでを、時間の無駄をなくしスムーズに進められるように、包括的に行う必要があると強く感じ、シェルターの購入、運営を決断いたしました。応援してくださった皆さま、本当にありがとうございます。

 

レスキューされた1歳未満の猫たち

 

里親譲渡までを目指します。

救出保護→不妊手術→ワクチン後の隔離期間→健康管理→里親譲渡待ち

 

 

里親譲渡に結ぶまで高額な医療費がかかる場合、また一般家庭に譲渡できない重篤な疾患があり、高額医療費、継続的な医療費が必要な場合も少なくありません。

 

 

長年、繁殖を繰り返していたエリアより、一昨年保護救済に至った「イイコちゃん」です。

 

 

突発性てんかんを発症しました。
毎日の投薬が必要で、
お薬代1ヶ月26,400円
最低週一回の通院が必要、診察処置費用44,000円
その他発作時の入院費用、33,000円
高度医療検査費用、247,951円
※イイコちゃんは、数ヶ月の闘病の末、昨年12月25日に亡くなりました。
 
下記写真はTNR活動で携わった公園にて、トラバサミのようなもので足を切断された子猫を緊急保護したときのものです。
危険な場所だと判断したため、同エリアより11匹を緊急保護いたしました。
 
患部より骨が突出したままになっており、出血を繰り返していたため、先日断脚手術を受けました。

 

 

大きな手術でしたので、定期的な検査も続き、入院も長期に渡っています。
※一度は退院できたのですが、再入院となりました。今回も高額医療が見込まれます。
負傷保護猫は長期で継続治療が必要な場合が多く、今後もさらなる医療費が見込まれます。
しかしながら、恵まれない命の、救済活動は待ったなしです。
日々活動を続けています。

 

 

いただいたご支援でできること

 

自宅も仕事場もすぐにいっぱいになってしまい、協力病院の一室を借り切らせていただき、この度の大型レスキューに臨んでまいりましたが、皆さまのあたたかいご支援により、猫たちを緊急に保護する為のシェルター物件の確保が実現できました。心より感謝申し上げます。
 
ただし、シェルターが確保できたことは、猫たちの一生を守ることの始まりにすぎず、今後も猫の救出・保護活動はまだまだ続きます。私は、これから先、一生猫たちを救い続けると思います。 しかし、猫のTNRに9年間奔走し、不妊手術と医療費に自分で働いて得た自己資金は殆ど費やしてしまい、相変わらず経済的余裕は、ありません。クラウドファンディングでご支援頂いた金額以外にも、今後の活動のため、継続的なご寄付をお願いできないでしょうか。
 

具体的な使いみち


保護した猫たちは、医療ケアを施した後、今後はシェルターにて生活致します。
これまでの活動の中で、レスキューした猫たち、緊急保護に至った猫たちは、130頭に至ります。なついている猫たちは体調が整い次第、不妊手術やワクチンを順次行い、里親譲渡の実施をはじめております。
シェルターで過ごす猫たちの健康管理からトイレの掃除や洗い物、お世話をしていただいてかかる維持費は、1ヶ月あたり80万円にも上ります。
 
クラウドファンディングではシェルター購入及び1年間の運営費用にご支援いただきましたが、継続寄付のご支援は下記に使わせていただきます。


■保護した猫たちの高額な費用を必要とする治療費
 突発的に発生する高額な医療費はクラウドファンディングでご支援いただいた資金ではカバーができません。


■来年度以降のシェルター運営費用
 2022年度のシェルター運用費用はクラウドファンディングにてご支援いただきましたが、不足分及び来年度以降の運営費用は目処が立っておりません。
 ※クラウドファンディングのサードゴールで集まった資金使用後に資金を当てさせていただきます。

 

▼来年度以降もかかるシェルター運営にかかる月額経費

・一般フード・処方食等     350,000

・医療費(検査・治療・入院)  220,000

・交通費                 40,000

・水道光熱費                                       30,000

・消耗品費                                  30,000

・通信費                                20,000

・雑費                     10,000

・人件費            100,000

(100頭を保護維持していくには月額経費約80万円・年間約960万円)

 

■幸アニマルサポート保護猫活動費用
 まだまだ続く救出・保護活動の費用等に当てさせていただきます。
※詳しくは、『幸 アニマルサポートサポート』ブログカテゴリ― 『弱き者たち・猫たちの地獄』 も是非、御一読下さい。
 
保護救済後は、動物病院のご協力で、ワクチン、駆虫、糞便検査、ウィルス検査、不妊手術、医療ケア、体調管理を施しております。
 

▼保護猫1匹あたりにかかる最低限の医療費は約20,900円

 内訳
 ・ワクチン2750円×2回、5500円
 ・駆虫、2200円×2回~数回、4400円
 ・糞便検査、550円2回~数回、1100円
 ・ウィルス検査3300円
 ・不妊手術 6600円
  ※猫風邪にかかっている状況などが見受けられれば、更に治療費がかかります

※今回購入したシェルターのではなく、保護室の1ヶ月の運営費33万円
・保護室として借りている店舗の家賃12万円
・光熱費、通信費等約3万円(季節により変動。)
・餌代、トイレ等の消耗品代(約8万円)、都度ご寄付や物資支援などをいただき補ってきました。
・医療費最低10万円(保護頭数や保護している猫達の月齢、高度医療などで大きく変わります。)

 

最後に

 

私一人では、何事も成せませんでした。猫たちを想ってくださる、全国の皆さまのあたたかいお気持ちが、すべての実現に繋がりました。
また、現在も保護依頼は続いているため、今までの活動を通してお付き合いのある団体さんやボランティアさん、知人にお引取りや預かりをお願いしているところで本当にたくさんの方々にご協力いただきながら活動を行っています。
 
猫たちをおもってくださる全国の皆さま、ご協力いただいている皆さまへこの場をお借りして、心より感謝申し上げます。
 
クラウドファンディングへのご支援のおかげで130頭を超える救出を実現できましたが、まだまだ救出・保護を必要としている猫はたくさんいるため、保護依頼は続いております。また、猫たちが劣悪な環境から救出保護された後も、安心して穏やかな暮らしができますよう、精一杯努めて参ります。どうぞ継続的な、ご寄付もご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。
 

 幸 アニマルサポート 代表  浜田 幸

 

 

 

<留意事項>
・ご支援にあたり、利用可能な決済手段はこちらをご覧ください。(リンク
・本プロジェクトでは、お1人様1コースへの支援となります。複数コースへのご支援は出来兼ねますのでご了承ください。
・本プロジェクトでは、毎月の継続的なご支援を募集しています。初回ご支援時に1回目の決済が行われ、翌月以降は毎月10日に決済が行われます。ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。(リンク
・ご支援確定後の返金は、ご対応致しかねますので何卒ご了承ください。翌月以降のキャンセル(解約)については、こちらをご覧ください。(リンク
・コースを途中で変更することはできません。お手数をおかけしますが、一度支援を解約していただき、ご希望のコースに改めてご支援ください。支援の解約方法は、こちらをご覧ください。(リンク
・ ご支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

 

<団体情報>
【活動開始年月日】: 2013/08/01
【法人設立年月日】: 2020/02/25
【団体役職員数】: 2人
【活動実績概要】
川崎市犬猫愛護ボランティア、川崎市地域猫サポーター、川崎市ネットワーク猫部兼任、一般社団法人川崎かぎしっぽ設立、2021年幸アニマルサポート設立
 

プロフィール

幸 アニマルサポート   代表・浜田 幸

幸 アニマルサポート   代表・浜田 幸

野良猫の過酷な状況を知り、飼い主不在の外猫のTNR活動(不妊手術)、保護活動をはじめました。現在まで約700頭の不妊手術、約630頭を保護し、また随時譲渡致しました。 川崎市犬猫愛護ボランティア登録。 愛玩動物飼養管理士取得。 2018年川崎市地域猫サポーター登録。 2020年一般社団法人川崎かぎしっぽ設立。 2021年幸アニマルサポート設立。 ひとつでも多くの尊い命を守りたく、日々奮闘しています。

コース

3,000円 / 月

毎月

毎月応援3000円コース

毎月応援3000円コース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

2,222円 / 月

毎月

毎月応援にゃんにゃんコース

毎月応援にゃんにゃんコース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

5,000円 / 月

毎月

毎月応援5000円コース

毎月応援5000円コース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

1,000円 / 月

毎月

毎月応援1000円コース

毎月応援1000円コース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

10,000円 / 月

毎月

毎月応援10000円コース

毎月応援10000円コース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

15,000円 / 月

毎月

毎月応援15000円コース

毎月応援15000円コース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

22,222円 / 月

毎月

毎月応援にゃんにゃんにゃんコース

毎月応援にゃんにゃんにゃんコース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

30,000円 / 月

毎月

毎月応援30000円コース

毎月応援30000円コース

保護猫の写真付き感謝のメールをお送りいたします。

プロフィール

野良猫の過酷な状況を知り、飼い主不在の外猫のTNR活動(不妊手術)、保護活動をはじめました。現在まで約700頭の不妊手術、約630頭を保護し、また随時譲渡致しました。 川崎市犬猫愛護ボランティア登録。 愛玩動物飼養管理士取得。 2018年川崎市地域猫サポーター登録。 2020年一般社団法人川崎かぎしっぽ設立。 2021年幸アニマルサポート設立。 ひとつでも多くの尊い命を守りたく、日々奮闘しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

共に生きる命のために|甲府市遊亀公園附属動物園に医療機器を届けたい のトップ画像

共に生きる命のために|甲府市遊亀公園附属動物園に医療機器を届けたい

一般社団法人甲府青年会議所一般社団法人甲府青年会議所

#子ども・教育

67%
現在
3,368,000円
支援者
163人
残り
37日
世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい のトップ画像

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい

ピースウィンズ・ジャパンピースウィンズ・ジャパン

#子ども・教育

継続寄付
現在
3人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする