「障がい」と呼ばれる特性のある多くの人が、家庭や学校、施設、職場で受け身になりやすく、人間関係も限定されがちです。 自分独自の夢や目標が生まれ、人とのつながりでその夢や目標が実現できる可能性が広がる。 そんな健全な社会は、全ての人にとって居心地いい。皆んなが生きやすい。 そんな社会だと、「障がい者」とカテゴライズされる必要もなくなるでしょうね。

新着情報一覧へ