READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

高額な手術費の支援をお願いします。余命宣告されたぜんを救って下さい

ぜん🐶

ぜん🐶

高額な手術費の支援をお願いします。余命宣告されたぜんを救って下さい

支援総額

1,812,000

目標金額 1,300,000円

支援者
158人
募集終了日
2021年11月26日
プロジェクトは成立しました!
17人がお気に入りしています

17人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

初めまして、大阪府在住の西脇と申します。

このページをご覧くださりありがとうございます。長くなりますが最後までお目通し頂ければ幸いです!よろしくお願い致します。

 

家族のポメラニアン男の子のぜん8才です。

 

出会いはペットショップで、そこに居たぜんが後ろを向いて座っていて、上には鏡がありその鏡越しで目と目が合った時にこの子と居たいと思いました。

翌日、親子でペットショップへ行き家族として迎えました。これまで元気と、食いしん坊と、愛嬌と、子供が大好きで、7歳の子供が産まれた時から一緒に過ごしてきました。

 

 

今年の5月14日にワクチンと健康診断を受けに病院へ行った時、心臓に雑音があると言われました。後日エコー検査の予約をし、5月28日にエコー検査をした結果(特に問題なく薬などもいらない大丈夫)と言われて帰宅しました。

 

この病気にはステージの段階がA.B.C.Dとあります。

 

 

この時点でステージB1でしたが、早期発見、早期治療ができると思ってました。

 

 

その後、食事療法やサプリメントなど色々調べていた矢先、2021年6月10日突然心不全をおこしました

 

この病気のサインは、わんちゃんの食欲がなくなったりグッタリする事があったりしますが、ぜんの場合、夜ご飯は食べていて心不全を起こす3時間程前までは子供達と遊んでいたんです…

 

この3時間で変な呼吸音と咳の回数が多く、寝てる時に咳で起き上がった時に心不全で倒れてしまいチアノーゼが20〜30分続き、それが心不全だったことも知らずに夜中だったので、朝一番に病院へ行きすぐに入院となりました。心臓が倍のように膨れ上がり、肺水腫までおきていました。その時に僧帽弁閉鎖不全症の心臓病と言われ、その中でも心不全、肺水腫と重症化しているため(肺に水が溜まり、人で例えると喘息の発作や、口を塞がれ息ができない、陸にいながら溺れている状態)入院中にもまた心不全を起こす可能性が高いと言われて(※一度肺水腫を起こすと余命が8ヶ月だそうです)

 

とても怖く心配で仕方なく、入院中の病院の外のガラス越しから見たぜんはそれでもグッタリせず私達を探しているように見えて、側へ行ってあげたいけど興奮させられないので毎日病院の外から様子を見に行ってました。

 

 

6月13日 肺の水が一旦マシになり退院と言われたが、この病院では何故こうなったのかなどの説明があまりなく、薬を飲み続けます。のみでした

 

 

退院の段階ではステージCの3、これで退院していいのか良くわからず呼吸数が40回(平均15〜20)超えたらすぐに来てくださいと言われ、自宅へ帰った夕方から呼吸が荒く、またすぐに病院へ駆け込み酸素室。

 

ほぼ毎日呼吸が安定する事がなかったので

その後自宅で使える酸素濃縮器も購入しました。

 

 

6月18日酸素だけでは間に合わず咳も酷くなってきたので病院へ行き状態の説明をして、薬が倍に増え手術でしか治る方法がなく、薬だけでは今の症状を抑えることしか出来ません。毎日苦しむ姿を見ていくだけだと思い、先生に手術ができる病院を紹介してもらいました(二次診療になる為、かかりつけ医からの予約が必要)

 

 

7月2日に近畿動物医療研修センターへ予約が取れましたがその日までぜんの体が頑張ってくれるかどうか不安でした。そしてやっと当日になり、その病院では手術ができるかどうかの検査や説明などを受けて、新たに薬をだしてもらいました。

 

↓その日のぜんの心臓のエコーです(※撮影許可は頂いてます)

青い色が血液の逆流。正常であれば青い色は映りません。

 

 

先生の説明では、

手術の成功率は90%と高いですが、残りの10%で亡くなってしまったり、合併症や後遺症が残る可能性もあると言われました。

手術時間も5〜7時間程かかり繊細で大変な手術なので早くても4ヶ月待ちと言われ、

ぜんの状態や検査結果によっては早まりますが、待っている間に亡くなってしまう場合もあります。

 

今現在は薬のおかげで安定しており咳は少し続いてたが、日に日に落ち着きを取り戻し出してくれています。

 

 

今気をつけているのは、吠えさせないように興奮させない事、喜ぶ事もダメで、室内の温度や湿度は頻繁に調整、お水の量やおしっこの回数把握、腎臓に負担にならない食事、運動や散歩は体調の変化が起こってしまうので、様子を見ながら5分歩いたりです。インターホンは1番吠えるので線を抜いてドアには張り紙をしています。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

この僧帽弁閉鎖不全症で重症になってしまったぜんをなんとかできないか色々調べていました。同じ病気で手術に成功された方がこちらのプロジェクトで支援して頂いてるのを拝見しました。

本来であれば飼い主である私が用意しなければならない費用です。

今現在、3ヶ月で病院代、薬、検査代、酸素器をいれて約40万円程です。手術予定日までの検査代が1回3〜5万円かかってきて最低でも後2回の検査が必要となり、状態が悪化すればまた入院や検査が増えてしまい、いつどのタイミングで費用がかかるかもわからない状況にあり、それだけで精一杯になってしまっています。

情けなく手術費が高額で私だけではどうすることもできず、ぜんの場合、2週間で死の直前まで重症化してしまった為、状態的にも時間の余裕もありません。

藁にもすがる想いで私もぜんを助けたい、助けて頂きたいその想いでこのプロジェクトを通して皆様からご支援ご協力を頂けたらと勝手ながら思いました。

 

 

▼資金の使用用途

 

手術費用(入院から退院まで)

130万〜150万円

(※入院日数が増えた場合、料金の変動あり)

 

 

考えたくありませんが万が一、ぜんが治療期間中に亡くなってしまったり、体調が悪化して手術を受けれなくなってしまった場合でも、返金はご容赦いただけますようお願いいたします。またその場合は、資金をこれまでの治療費に充てさせて頂こうと思っております。

 

▼プロジェクトの内容

 

2021年12月9日 手術予定日。

 

ぜんの場合ですが、左の弁が潰れていて右の弁は開いたままだと説明を受けました。なので逆流もすごく、同時に肺水腫、心不全を起こしてしまったのは弁を支える腱索がちぎれてしまい心臓の中でぶらさがっている状態です。

なので【僧帽弁修復術、弁輪縫縮、腱索の再建】するという難易度の高い手術内容になります。

 

 

これまでの流れ↓↓

 

〜かかりつけの動物病院にて〜

 

5/14 心雑音

5/28 エコー検査→僧帽弁閉鎖不全症B1と診断。投薬はなくて大丈夫

 

6/10 心不全

6/11 肺水腫、心拡大で入院

6/13 退院→夜に呼吸60〜70回→病院で酸素室30分

 

6/14 検査→酸素室(呼吸90〜110回)

6/18 診察、(呼吸31回、咳が酷い)

 

 

〜近畿動物医療研修センターにて(手術を受ける病院)〜

 

6/26 診察(呼吸安定せず酸素室)

7/2 近畿動物医療研修センター受診、精密検査→心拡大ステージC(この時点で寿命は半年と言われた。薬が4種類に変わる)

 

7/16 精密検査→心拡大が少し小さくなる

8/13 精密検査→心拡大が見られなくなった

9/10 精密検査→心臓がほぼ普通の大きさに戻ったが、心臓の形が変形してしまっている。

 

10/8 精密検査→肺水腫をおこしてからここまでマシな状態になってるのが稀になく凄い事だと先生から言ってもらえるくらいの良い状態でした。

 

↓病院に行く途中のぜんの様子

 

〜今後の予定〜

 

11/1 ぜんの9歳のお誕生日⭐︎★

 

11/5 次の検査日

12/2 手術前検査

12/9 手術予定日

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

僧帽弁閉鎖不全症は薬での治療ができず、進行を遅らせるということだけなので、手術を受けさせて薬のなかった頃のように体を元気にさせてやりたい気持ちとどうか小さな命を繋いで頂けたらと思っております。

 

 

今回のプロジェクトでは、手術費用の資金集め、ぜんの手術の成功と、同じ病気になってしまったわんちゃんやねこちゃんを少しでも助けたいと思い、この病気についての検査や、状態などを発信して少しでもお力になれればと思っております。

 

▼リターンについて

 

助けてもらうばかりでそれに見合ったお返しが出来ないのが申し訳ございませんが、このような事情がありますのでお礼のメッセージだけで精一杯になり恐縮です。ご理解頂けましたら幸いです。

このプロジェクト内でも術後の経過や元気になった姿などはしっかり報告致します。

 

 

 

 

長くなりましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。不快に思われる方がいましたら申し訳ございません。

 

大事な家族として、ぜんを助けたいと思う一心です。飼い主の私自身が全てぜんに対してしてあげられない事が情けないばかりです。また、病気前のように目一杯喜んだり散歩で走り回ったりと制限のなかった毎日に戻れる事を願い、どうか皆様のお力をお貸しして頂けないでしょうか。ぜんの命を助けてもらえないでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
西脇千景
プロジェクト実施完了日:
2021/12/31

注意事項

プロジェクト概要と集めた資金の使途

心臓病のぜんを手術で救いたい。 手術費130〜150万円かかるので、全て手術費に使いたいと考えております。 ※術後の合併症や回復によって入院費が変動する場合もあります。

プロフィール

ぜん🐶

ぜん🐶

大阪府在住の西脇と申します。 2人の子供がいる為、病気のぜんのストレスにならないようにぜんはいま母親と暮らしています。 クラウドファンディングの挑戦は初めてですが私自身で出来ることを精一杯頑張りたいと思っております。よろしくお願いします!

リターン

1,000


支援1

支援1

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のメッセージを送らせて頂きます。
術後のぜんの写真と経過報告。

支援者
59人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

3,000


支援2

支援2

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のメッセージを送らせて頂きます。
術後のぜんの写真と経過報告。

支援者
35人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

5,000


支援3

支援3

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のメッセージを送らせて頂きます。
術後のぜんの写真と経過報告。

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

10,000


支援4

支援4

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のメッセージを送らせて頂きます。
術後のぜんの写真と経過報告。

支援者
31人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

30,000


支援5

支援5

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のポストカード送らせて頂きます。
メールにて術後のぜんの動画と経過報告。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

50,000


支援6

支援6

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のポストカードを送らせて頂きます。
メールにて術後のぜんの動画と経過報告。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

100,000


支援7

支援7

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のポストカードを送らせて頂きます。
メールにて元気になったぜんの動画と経過報告。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

200,000


支援8

支援8

このような事情なので支援して頂くばかりで
それに見合ったリターンを返せないですが、
気持ちを込めてお礼のポストカードを送らせて頂きます。
メールにて元気になったぜんの写真と経過報告。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年1月

プロフィール

大阪府在住の西脇と申します。 2人の子供がいる為、病気のぜんのストレスにならないようにぜんはいま母親と暮らしています。 クラウドファンディングの挑戦は初めてですが私自身で出来ることを精一杯頑張りたいと思っております。よろしくお願いします!

あなたにおすすめのプロジェクト

介護者が気軽に「行ける場所より行きたい場所へ」行ける旅行を目指して

代表 藤吉 正一 【レスパイト・ツーリズム】代表 藤吉 正一 【レスパイト・ツーリズム】

#医療・福祉

67%
現在
2,020,000円
支援者
55人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする