プロジェクト概要

東京オリンピックへ挑戦するジュニアレスリング選手の遠征費をサポートしたい!

 

愛知県江南市で、レスリングクラブを開設している武内惣と申します。このクラブでは、全国少年少女レスリング選手権大会や、全国中学生レスリング選手権大会で優勝入賞する選手を、毎年輩出しています。

 

我々は試合及び出稽古のため、年間20回以上全国への遠征をしています。しかし、自分たちの資金で回していくのにも、限界があり、このままでは遠征を減らしたり、自粛しなければならなくなってしまいます。

 

今回のプロジェクトでは、交通費・宿泊費などの試合や出稽古で必要とする、年間で200~300万円ほど掛かってくる費用の一部、60万円を皆さんのご支援で集められればと考えています。

 

東京オリンピックを目指す有望な中学生レスリング選手たちが、試合や出稽古を継続し、さらに強くなるために、皆さんのご支援が必要です!応援、宜しくお願いします!

 

道場での練習の様子

 

 

全国大会の常連・若手レスリング選手が所属しています。

 

我々のクラブには、2015年度の全国中学生レスリングチャンピオンが在籍しています。その選手は、中学生ながら高校生の参加するJOC(ジュニアオリンピックグレコローマンカデット76キロ級で3位)で活躍。4月より進学しますが、将来オリンピックを目指しています。

 

また、2015年全国中学選抜レスリング選手権大会優勝者や、全国中学生レスリング選手権大会2位。全国少年少女レスリング選手権大会、2連覇の女子選手もおります。

 

全日本優勝・オリンピック選手のたまごである彼らを、より多くの出稽古や試合に遠征させ、育成・強化することが、今回のプロジェクトの目的です。

 

平成27年度全国中学生選手権【男子85kg決勝】

 

 

強くなることだけではなく、友人たちとの絆や自分への自信へつなげてほしい。

 

レスリングはとてもハードなスポーツです。しかし、とてもやりがいのあるスポーツです。女子のレスリング選手が活躍する機会が度々報道されていますが、近い将来、男子の活躍も大いに期待されています。

 

選手も最初から勝てる選手はなかなかいません。ハードな試合や日々の練習を仲間たちと一緒にこなしていくことで、勝つ喜びや全国にたくさんの友人を作ったり出来ます。おとなしかった選手が勝つ喜びや自信を持った心技体を手に入れ、高校・大学に進学してもレスリングを続け、生涯スポーツとしてのレスリングを志す人が多くいます。

 

全国中学生レスリング選手権で優勝・準優勝を獲得した選手たち

 

 

現在のサポート体制は限界に、このままでは遠征や試合を自粛することに。

 

今まで、手弁当で遠征や出稽古に行き、支援のない中で実績を積み重ねていきましたが、それも限界にきています。1回の遠征で交通費のみで関東近郊にワンボックスに乗り合わせで行っても3~4万円かかります。遠方の試合や出稽古の場合には、そこに加えて宿泊費も掛かります。中には毎回遠征や大会に行けない選手も出てきます。

 

試合と試合の間には、出稽古という練習試合もありますので、選手たちがたくさんの大会に進んでくれるのがうれしい一方、その分経費もかさんでしまい、年間で200万円~300万円程度掛かってきてしまいます。

 

これらをすべて自分たちで賄うのは、限界を迎えており、企業や個人のサポーターのご協力が急務です。このままでは、遠征や試合の自粛を考えないといけません。みなさんのご協力を賜り、2020年の東京オリンピックに向けてクラブ一丸となって頑張りたいと思います。
 

練習の様子

 

 

サポートの充実でより良い遠征や、出稽古に行くことが出来ます。

 

サポートは主に、試合遠征や出稽古への遠征費・選手の栄養費(サプリメントなど)です。将来オリンピックを目指すジュニアの選手を、より多く遠征や試合に多く引率して地道に地力をつけて行き、強豪の高校や大学に進学させていきたいと考えています。

 

学校との協力体制も整ってきていますので、資金さえしっかりと確保していければ、有望選手たちをしっかりと育てていける基盤を固めることができます。


皆さんのご支援を糧に、東京オリンピック及びその先のオリンピック選手の礎を築きたいと考えています。必ず成し遂げます。ご協力をお願いいたします。

 

↓活動の様子はこちらでご覧頂けます。

 

<2016年の6月~12月の試合予定>

 

6/11・12:沼尻直杯全国中学生選手権(茨城・水戸市民体育館)
6月:関東の高校に出稽古
7月:いなべジュニア大会(三重県いなべ市体育館)
7/22~24:全国少年少女選手権(東京・代々木競技場第1体育館=案)

8/2~5:インターハイ(広島・東広島運動公園体育館)
8/17~19:全国高校生グレコローマン選手権(大阪・金岡公園体育館)
10/7~10:国民体育大会(岩手・宮古市民総合体育館)
10月:全日本女子オープン選手権(静岡・三島市体育館
10月:関東の高校に出稽古
11月中旬:関東の大学への出稽古
11月:全国中学選抜選手権(東京・駒沢体育館)
12月:富山県ジュニア大会アイザック杯
12/21~23:天皇杯全日本選手権(東京・代々木競技場第2体育館)

※それぞれ試合間に2回ほどの遠征出稽古

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆リターン◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

○サンクスメール

 

○HPにお名前記載

 

○大会の写真と選手からのメッセージ

 

○地元・愛知県江南市の銘菓

 

○道場の木札にお名前記載

 

○オリジナルTシャツ

 

○オリジナルジャージ