READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

スタートダッシュに成功したら取り組みたい、好調を維持するアクションとは

こんにちは、​​達成サポートチームのうすいよしきです。

 

プロジェクトが公開してからの約一週間は、クラウドファンディングの明暗を分ける重要な期間でした。

 

この期間で、10%〜20%の支援を獲得できていれば、プロジェクト成功に向けて非常に良いスタートダッシュが切れたと言えます。

 

皆様いかがでしたか?

 

親交の深い友人や、久しぶりにコンタクトをした友人。また、全く知らない方からの支援をいただいた方もいらっしゃるかもしれません。支援の1つ1つは、あなたのプロジェクトが必要とされている紛れもない証です。

 

これまで何度かお伝えさせていただいていますが、公開から5日経過時に達成率が20%を超えていれば成功率は90%。公開から5日経過時に達成率が10%を超えていれば成功率は70%というデータが出ています。

 

スタートダッシュに成功していることは、達成に向けて大きなアドバンテージがあるのです。

 

素敵なプロジェクトを公開することができた自分自身を称えながら、この調子で成功に向けて、プロジェクトを伝えていきましょう!

 

今回のサプリでは、中期期間で行うべきおすすめの施策をお伝えしていきます。

 


達成するプロジェクトでは
「継続的な新着情報の更新」
が行われていた。

 

 

READYFORでは新着情報という機能を用意しています。

 

プロジェクトページでは書ききれなかったエピソードや、メンバーの紹介、プロジェクトの状況などを伝えることができる機能です。

 

実はこの新着情報、プロジェクトを達成させる上でとても大きな役割を果たすことが、データから実証されています。

 

最終的に達成するプロジェクトと、失敗するプロジェクトを比べてみると、新着情報の更新数に大きな差があることがわかりました。

 

成功しているプロジェクトの平均新着情報更新数は、4日に一度のペース。それに対し、失敗しているプロジェクトの平均新着情報更新数は、11日に一度のペースであることがわかりました。

 

新着情報の更新数が増えたことで、支援のペースが上がったプロジェクトも存在しています。皆様も達成に向けて、4日に1回のペースで新着情報を更新してみましょう!

 

〜POINT〜

成功したプロジェクトの新着情報の更新頻度は4日に1回。

 

失敗したプロジェクトの新着情報の更新頻度は11日に1回。

 

 


新着情報がもたらす効果と
更新方法について

 

 

とは言うものの、新着情報を更新するとどのような効果があるのでしょうか?

 

新着情報がもたらす効果は、大きく2つに分類することができます。

 

新着情報の継続は、あなたの仲間を増やしていく

 

新着情報がもたらす1つ目の効果は、支援者と一緒にプロジェクトを盛り上げていく基盤を作ることができる点です。

 

新着情報を更新すると、これまでのプロジェクトに支援いただいた方に、自動的に更新のお知らせが届きます。すでにご支援をいただいた方に、プロジェクトのエピソードや想いを伝え続けることで、より皆様の本気度が伝わっていきます。

 

新着情報の更新を続けることで、次第に支援者の方はプロジェクト達成を願う応援者になっていきます。継続的な情報更新をすることで、あなたの熱意が伝播していくのです。そのため、SNSや口コミの量が増し、プロジェクトが広く拡散されていくのです。

 

ラストスパート時の支援可能性を大きくする

 

新着情報がもたらす2つ目の効果は、ラストスパート時の支援可能性を増大させることです。

まずは、こちらのプロジェクトを御覧ください。

 

 

実は、新着情報を更新すると、プロジェクトホーム画面に更新数が表示されるようになっています。

 

クラウドファンディングは、最後の5日間が最も支援されやすい事がわかっています。その際に、新着情報の更新数が少ないプロジェクトと、継続してたくさん更新しているプロジェクトでは、与える印象が全く変わっていきます。

 

新着情報の継続的な更新は、目標に向かって頑張るあなたの誠実さを伝えることができます。そのため、ラストスパートの支援可能性を大きくするために非常に大きな効果があるのです。

 

新着情報の更新方法について

 

中期期間に重要になる新着情報の更新。その更新方法は、マイページ内の新着情報更新画面から情報の投稿が可能となっています。

 

READYFORのサイトの右上の「マイアカウント」から「作成したプロジェクト」へ進んでいただき、「管理画面」をクリックします。管理画面上の「新着情報編集画面」から操作が可能になっています。

 

新着情報の詳しい更新方法などはこちらにご用意させていただいております。ご不明点がございましたら、ぜひ一度リンク先をご確認ください。

 

 


効果的な新着情報について
 

 

新着情報の更新が大事ということは、理解することができた。

 

でも、4日に1回も新着情報を更新するとなると、更新内容が思いつかないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回は、これまでに成功しているプロジェクトの中から、効果的な新着情報の内容をまとめさせていただきました。ぜひご活用いただき、継続的に新着情報を更新していきましょう!

 

効果的な新着情報例

 

プロジェクトの活動報告

(プロジェクトの実現に向けての活動や、進捗情報などの内容です。)

 

プロジェクトの秘話やエピソード

(プロジェクトページには書ききれなかったエピソードを更新するケースです。)

 

支援者人数や残り期間の節目での更新

(支援者20人になりました、10日が経過しましたという節目で更新をするケースです。)

 

メンバー紹介

(プロジェクトに携わる他のメンバーや協力いただいているメンバーを紹介するケースです。)

 

リターン紹介

(詳しいリターンの紹介や新しいリターンの紹介するケースです。)

 

カウントダウン新着情報

(掲載終了前の5日ほど前から連続して状況を更新するケースです。)

 

メディア掲載のお知らせ

(テレビや雑誌、新聞などに取り上げられたときに更新するケースです。)

 


SNSで継続的な発信を続けよう!
 

 

 

新着情報の更新と並んで、中期期間で需要なことは情報発信を継続的に行うことです。

 

あなた自身の発信を中心にしてプロジェクトは広がり、投稿を続けることでプロジェクトが目に入る機会が多くなります。また継続した発信には、プロジェクトへの熱意を伝えていくことができます。

 

ここでは簡単な2Stepで、効果的な発信をするポイントをお伝えしていきます。

 

Step1:まずはじめに、クラウドファンディングに挑戦していることを新着情報に投稿をしよう!

 

SNSで発信しましょうと言われても、何を書けばいいかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。まずは、プロジェクトにかける想いを伝える前に、自分がクラウドファンディングに挑戦している事実を周知していきましょう。

 

POINT:「プロジェクトの内容」そして「プロジェクトページのURL」「残り掲載期間」「現在の達成率」などを明記し、現在の状況がわかる投稿を意識しましょう。

 

Step2:更新は一度ではなく、
継続的に続けることを意識しよう!

 

SNSでの発信は、単発よりも継続的に発信したほうが効果が得られやすいです。プロジェクトの進行状況が分かり、あなた自身の本気度も伝播していくからです。

 

また、SNSに投稿しても必ずしもフォローワー全てのタイムラインに出るとは限りません。フォローワーや友人に認知してもらうためにも、週に1度のペースで継続的な投稿を目指しましょう。

 

※先程ご説明させていただいた新着情報を更新した際は、SNSでも合わせて必ず投稿するようにしましょう。

 

POINT:新着情報と連動させてSNSを更新する際は、新着情報のURLを忘れずに入れましょう。また、新着情報を読みたいと思わせる投稿文を意識しましょう。

 

SNSで良く投稿されていること

①クラウドファンディングに挑戦する意図や想いを改めて投稿するケース。

②掲載期間の区切りで更新を行うケース。(掲載から5日を終えてなど)

③プロジェクトメンバーをタグ付し、協力者を絡めた投稿を行うケース。

 

 


中期期間は成功率を
ぐっと高められる期間

 

 

中期期間の特徴は、スタートダッシュ期間に比べ時間的な余裕があることです。

 

SNSでの告知に加えて、スタートダッシュ期間では想いを伝えきれなかった友人などに、丁寧に想いを伝えてみましょう。直接お会いしてプロジェクトのことを伝えるなどもとても効果的です。

 


新着情報の更新と
継続的なSNSの発信で
ラストスパート期に備えよう

 

 

中期期間は、4日に一度を目処とした新着情報の更新。継続的なPRができれば、プロジェクトの成功可能性はぐっと上がってきます。

 

素晴らしいスタートダッシュに続いて、中期期間でも継続的な発信期間を過ごして、ラストスパートに繋げましょう。

 

また、中期期間はスタートダッシュ期に比べると支援が緩やかになる傾向があります。

 

そのため、中期期間では支援の増加に一喜一憂せずに、皆様の想いやプロジェクトの状況をしっかりと伝えることを意識しましょう。支援という結果がでなくても、継続的な発信はあなたの本気度を伝え、やがて成功という花を咲かせます。

 

長い中期期間を楽しみながらあなたのプロジェクトを多くの方に広げていきましょう。