READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
折り鶴のキセキ製作委員会

広島平和記念公園の『原爆の子』像のモデル 佐々木禎子は被爆後、12歳の時に白血病でこの世を去りました。遺族であり、被ばく者、被ばく2世である佐々木家は禎子の折り鶴を世界や日本で寄贈し平和活動を行ってきました。そんな佐々木家が『命を知る』映画を作ります。
原爆に関わる人、被ばくした人、家族を亡くした人、様々な立場の想いを映し出すため、松本和巳氏を監督に迎えた折り鶴のキセキチームが一つ一つ丁寧に物語を紡いでいきます。
原爆投下を決めたトルーマン元大統領の孫 クリフトン・トルーマン・ダニエル氏との対話など、時を重ねたからこそ実現し乗り越えられてきたものも多くあります。
また2021年12月のパールハーバー開戦80周年の追悼式典では、福岡県八女市に残る『原爆の残り火』の寄贈を予定しています。

  •  全て表示する≫